2020.4.30

結婚式をオシャレに気持ちも伝わりやすくなる英語の使い方

ウエディングアイテム
結婚お役立ち情報
423 views
続きをアプリで読む

一生に一度の結婚式。だからこそ、思い出に残りそして招待した方々の心が温かくなるような時間を作りたいものです。そのために色々な演出がありますが、その1つに「英語」を上手に取り入れてみるのがオススメです。

おしゃれにそしてシーンに合わせた英語使いが花を添えてくれることでしょう。さまざまなウエディングシーンで取り入れることができます。

目次[]
  1. 結婚式の最初の作業になる招待状
  2. 写真を撮る人も多いウェルカムボード類
  3. お席で使える英語をチェック
  4. 遠方から来てくれた方々のために
  5. お送りするときに使いたい英語
  6. 引き出物に一言添える
  7. 結婚式に英語を使う魅力とは
  8. 英語を利用するときの注意点について
  9. 英語を取り入れて素敵な結婚式にしよう

結婚式の最初の作業になる招待状

式場を決めて招待する人をまとめたら招待状を送ります。基本的には日本語で表記しますが、ワンフレーズや招待状のデザインとして英語をポイントにしてみると良いでしょう。
使いやすいものとしては「式場で会えることを楽しみにしています」という文章を最後に添える英語があり、「We looking forward to meeting you on our wedding day」と表現できます。

また、出欠を募る文章として「We wish that you congratulate on our marriage」というものはいかがでしょうか。日本語訳は「ご出席いただけたら嬉しいです」というものになります。
この部分だけ自筆のものをプリントしても良いですし、はがきそのものもしくは封筒のデザインにしてもオシャレになります。

招待状も式場にお任せできるところが大半ですが、DIYをするというご夫婦も増えています。フォントにもこだわることができますからスマートな雰囲気からふんわりと柔らかいものまで希望に沿った仕上がりを求められます。日付を英語表記にするのも使い勝手が抜群です。

▽ディズニーフォントに関する記事はこちら

ウェディングDIYをディズニー風フォントで楽しもう!

写真を撮る人も多いウェルカムボード類

式場で使える英語としてはウェルカムボードがあります。式場入り口に立てかけたり、オブジェ類を添えたりして新郎新婦の言葉を書きます。こちらもDIYするというカップルが増えているのです。

王道のフレーズとといえば、やはり「Welcome to our Wedding」というものです。「私たちの結婚式へようこそ」という意味になります。その意味の通り「Welcome」から始まる英語はボードに取り入れやすいといえます。
少しひねりを加えたいのであれば、「Welcome to our Beginning」というのも良いでしょう。「私たちの始まりへようこそ」という意味なのですが、まさしく新しい門出にピッタリの英語です。

ウェルカムボードは後々になっても残しておきたい!という希望があれば、新郎新婦の名前を入れ込んだものもとっておきの記念になります。「Welcome to the wedding of 新郎の名前 & 新婦の名前」がオススメです。
お迎えするという意味合いの強いものであり、感謝の気持ちも記すという方法もあります。

「Thank you」はとても便利にボードに使えます。丁寧な文章にしたいのであれば「Thank you for attending our wedding(私たちの結婚式に出席してくれてありがとうございます)」はいかがでしょうか。

また、どちらかというとオブジェタイプにしたいから、フレーズは短いものが良いのでしたら、「With Thanks(感謝の気持ちを添えて)」などというのもオシャレです。
色々な気持ちをついつい込めたくなるものの、ボードに使う英語は短めでそしてわかりやすいものが好印象です。読むのが面倒だなと感じさせない程度にとどめておくことをポイントにしてみてください。

フォントにしてもあまり凝りすぎてしまうと、何が書かれているのか分からないなどということになってしまうかもしれません。ぱっと見でもわかるようなフォントにしましょう。
写真に英語をプラスしたボードは簡単に作れますし、雰囲気も盛り上がります。2人の共通の好きなものがあれば、一緒に飾るというのもより際立たせてくれるポイントです。

綺麗に仕上げる自信はないけれど、理想のボードを作りたい!という方は、ネット注文で希望通りのボードを作成してくれるというサービスもありますので、活用してみると良いでしょう。

▽ウェルカムボード関連記事はこちら

【2020年最新版】可愛いウェルカムボードをDIYで作る!簡単でリーズナブルなものもたくさん!

お席で使える英語をチェック

招待客が座るテーブルに小さなメッセージを添えるとより感謝の気持ちが伝わりやすくなりますし、温かな気持ちにもなるものです。その一言を英語で伝えてみる方法もあります。
わかりやすいものでしたら「We appreciate your coming to our wedding reception(私たちの結婚披露宴に来ていただきありがとうございます)」というものがあります。

よりオシャレに演出をしたいのであれば「Hope we could share our happiness. We wish you joy and peace(幸せをおすそ分けします。みんなが幸せになれますように)」というのも感謝の気持ちが伝わりやすいフレーズです。

着席をしてすぐに目に留まるものですから「We hope you enjoy our wedding(みんなに結婚式を楽しんでもらえますように)」というのも良いかもしれません。
必ずしも必要なものではありませんが、小さな紙を各テーブルもしくはそれぞれの席の前に置くとより一体感のようなものが生まれやすいでしょう。

遠方から来てくれた方々のために

遠方から足を運んでくれる招待客がいるという場合、宿泊場所を用意するということが多いでしょう。その時、ホテルの方に頼んで客室に手紙を置いておくというのはいかがでしょうか。より丁寧な印象も与えやすいですしお祝いムードも共に感じてもらいやすくなるものです。
こちらも、テーブルに置くものと同様に小さいもので構いません。使いやすいものとしては「Thank you for coming(来てくれてありがとう)」というものがあります。

また、結婚式のために足を運んでくれているのですから「We hope you enjoy our wedding(みんなに結婚式を楽しんでもらえますように)」というのも良いでしょう。小さな心遣いで癒されたという声も実際に多いのです。

お送りするときに使いたい英語

式や披露宴が終わったら、新郎新婦そして親族で招待客をお見送りします。その際に小さなお菓子などを渡すことも多いでしょう。その時に一言メッセージを添えると気持ちよく締めくくることができます。
「Thank you so much(本当にありがとう)」といったライトなものから「We wish you happiness(みなさんの幸せを願っています)」といった招待客目線のフレーズも気持ちが伝わりやすくなります。

少し丁寧な表現をしたいのであれば「Thank you very much from the bottom of my heart(心の底から感謝しています)」というのも目上の方でも失礼に当たりにくい英語です。手渡しするものですから、短めを意識すると良いでしょう。

引き出物に一言添える

引き出物の中にもメッセージを入れるのも帰宅後でも招待客の方々の心をふと温かくさせてくれるでしょう。
「Please accept my sincerest thanks(どうかまっすぐな感謝の気持ちをお受け取りください)」「I can’t thank you enough(感謝してもしきれません)」という英語は使いやすい文章です。

あまり長くなりすぎないようにすると良いでしょう。

結婚式に英語を使う魅力とは

英語というエッセンスを取り入れることは、さまざまな魅力があるものです。全体的な印象をかっこいい・オシャレなものにしてくれるというのもありますが、そればかりではありません。
例えば「ニュアンス」です。「感謝しています」「ありがとう」と伝えるにしても、英語はさまざまな表現方法があります。英単語1つ変えることでニュアンスが丁寧だったりライトだったりと幅広くなるのです。

また、受け取る側からしてもそれぞれの解釈をもって読むことができます。同じ英文であっても1人1人にとって特別なメッセージとしても役立てることができます。そして、あまり知られていないのが「アレンジのしやすさ」です。
日本語よりもイラストを入れやすくなったり、アレンジ幅が広がりやすくなったりするという魅力もあるのです。

英語を利用するときの注意点について

英語を使う上でまず注意をしておきたいのが「スペル」です。スペルミスがくれぐれもないように十分な確認をしましょう。式場側や業者に依頼をするのであれば絶対に間違いはありませんが、自作をする場合は注意をしてください。
また、招待客の名前をローマ字表記にしたいのであれば、読み方に注意してください。名前を間違えてしまったら失礼なことにもなってしまいます。

フォントや文字の大きさ・太さにこだわりすぎてしまって、結果として読みにくくなってしまうということも避ける必要があります。仕上がりのイメージを確認しておくのが安心です。
表現においても、フォーマルなものからそうでないものまでありますから、その点も気にかけておくと失敗や後悔がありません。

そして、伝えたいことがたくさん出てきてしまって気が付いたら文字だらけになってしまうというケースもあります。言いたいことは短め、一言でまとめるように心がけるのもポイントです。
あまり長くなってしまうと、英語は読みたくないという気持ちを与えてしまう可能性があるので気にかけておきましょう。最初に「一番伝えたいことは何なのか?」を考えるとまとまりやすくなります。

英語を取り入れて素敵な結婚式にしよう

上手に使うことによって気持ちが伝わりやすくなったり、素敵な雰囲気作りに役立てたりすることができる英語。一生に一度のスペシャルな時間を満足なものにしていきましょう。そして、新郎新婦ばかりではなく招待客含めすべての方々が幸せになる時間を演出しましょう。

インターネットで例文やアイデアを見てみてはいかがでしょうか。言い回しを知ると、さらに楽しく結婚式を作り上げることができますよ。ぜひとも幸せな気持ちで進めていってください。

▽お祝いを英語で書きたい方はこちら

結婚祝いのメッセージカードを贈ろう!相手別文例集

ウェディング診断
続きをアプリで読む