2022.7.8

最近流行りのゲストカードの書き方

結婚式のマナー
結婚お役立ち情報
8817 views

【2022年8月】人気サイト比較!豪華特典とブライダルフェア情報まとめ♡

続きをアプリで読む

結婚式の準備で用意する方も増えているのですが、ゲストカードとはどのようなものかご存知でしょうか。
結婚式当日に受付にて名前や住所を記入する芳名帳に代わるものです。

最近では記念としてゲストの方からのメッセージをいただきたいということで、用意される方も増えてきています。ゲストカードは招待状に同封されてくるので、名前と住所、新郎新婦へのメッセージを事前に記入して結婚式当日に受付で渡します。
ゲストカードは必ず同封されているものではないので、招待状に同封されていないからといって慌てないようにしましょう。

目次
  1. ゲストカードを用意する理由
  2. ゲストカードの書き方
  3. メッセージ文例について
  4. 結婚式に欠席する場合のメッセージについて
  5. ゲストカードを作成するには

ゲストカードを用意する理由

ゲストカードを用意する理由としてはゲストの方への配慮とともに、以下の理由が挙げられます。

・芳名帳に記入する場合に受付で長い列ができてしまうなど、受付をスムーズに済ませられないなどといったことがあるため。
・新郎新婦にとってはメッセージも書いてもらえることに加えてゲストカードが手元に残るので、結婚式の思い出の品となるからです。

以上の点からゲストカードとはまさに一石二鳥の優れものだと言えます。しかしながら気を付けていただきたい点がありますので、ご説明してまいります。

招待状に同封するのですが、当日ゲストの方に持参いただく必要がありますので、ゲストカードにその旨を記載しておく必要があります。「同封のゲストカードは事前にご記入いただき、当日受付へお持ちください」と記載しておくと良いでしょう。また、当日忘れた場合にその場で記入いただけるように、予備を受付に用意しておくようにしましょう。

どれだけ念入りに段取りしても結婚式当日は不測の事態が発生することもあり、新郎新婦との確認が直接できないことが予想されます。そのため、受付を担当してもらう方にも十分な説明をしておきましょう。受付の段階でスムーズに進まないとゲストの方の居心地を悪くさせてしまいかねないので、注意しましょう。やはり自分がゲスト側の立場で準備を進めていけるかどうかがポイントです。

主役はもちろん新郎新婦ですが、招待する方がいらっしゃる以上、自分の希望だけでは実現できないこともあるということを理解する必要があります。招待する方の人数が多ければ多いほど、全ての方に満足していただける内容にするのは難しい部分も出てきますが、招待する側もされる側もお互いに相手に配慮した行動を取ることで居心地良く過ごせる時間を作れるのではないでしょうか。

ゲストカードの書き方にもマナーがありますので、以下にご説明させていただきます。マナーを守って素敵なメッセージを新郎新婦に書いてみてくださいね。

▽招待状が届いたときの返信マナーについてはこちら

結婚式の招待状が届いたときの返信メッセージはどう返す?

ゲストカードの書き方♡

1 2
次のページ
ウェディング診断
続きをアプリで読む