2022.7.8

新郎新婦、ゲスト・ホストそれぞれの服装マナー

結婚式のマナー
DRESSY IDEA
10111 views

【2022年12月】人気サイト比較!豪華特典とブライダルフェア情報まとめ♡

続きをアプリで読む

いよいよ結婚式が近づいてきました。
式中の新郎新婦はタキシードにウエディングドレスでしょうか。
待ちに待った花嫁衣装に袖を通す瞬間に思いを馳せてウキウキする様子が目に浮かびます。

しかしここで疑問に浮かぶのが「新郎新婦は結婚式の会場までどんな服装で向かうべきなのか?」ではないでしょうか。

目次
  1. 結婚式会場にはどんな服で向かう?
  2. 新婦におすすめの服装
  3. 新婦のヘアメイクはどうする?
  4. 新郎におすすめの服装
  5. 新郎・新婦の身内の服装
  6. もう一度確認したい・ゲスト側の服装の注意点

結婚式会場にはどんな服で向かう?

結婚式のゲストのなかは、思った以上に早く式場に訪れる人もいます。
そのため「万が一ゲストとはちあわせしても気まずくならない服装」をしていくのが良いでしょう。
スウェットにスニーカー、Tシャツなどを合わせたあまりにもラフすぎる服装だと、はちあわせしてしまった際に気まずくなってしまうことが考えられます。
これは新郎新婦共通で「人前に出ても問題のない服装」で式場に向かうのがベストです。

新婦におすすめの服装

結婚式会場まで向かう際の新婦におすすめの服装は、前開きで皺になりにくく、かつ楽チンである程度しっかり見える服装です。
このように書くと難しいイメージになりますが、前開きのワンピースなどであれば条件にピッタリな服装となります。
一つ一つおすすめの理由を見ていきましょう。

・ヘアメイクの邪魔にならない前開きの服
式場では、一般的にヘアメイクを済ませたあとに衣装に袖を通すことが多くなっています。
そのため、せっかくセットした髪型やメイクが崩れてしまうかもしれない服装はNGと言えます。
ピッタリな服装の例に挙げた前開きのワンピース以外にも、ボタンでとめるシャツなどでもOKでしょう。

・衣装に着替えたあとの保管で皺になりにくい服
ウエディングドレスなどの衣装に着替えたあとは、式場まで着てきた服を式が終わるまで保管しておくことになります。
保管方法は式場によってさまざまですが、袋に入れられることが多いようなので、皺になりにくい服がベストと言えるでしょう。

・当日の緊張も和らげてくれる楽チンな服
どんなに緊張しにくい女性でも、いざ結婚式となると想像以上に緊張してしまうこともあります。
このような時にカッチリし過ぎた服だとリラックス効果が薄く、緊張がほぐれないまま本番に望むということになりかねません。
また、後述しますが式場に向かうまでのヘアメイクの指定の関係で、あまりカッチリし過ぎた服だと都合が悪いという理由もあります。

・ある程度しっかり見える服
カッチリし過ぎも問題ですが、かといってラフすぎる服装も向いていません。
理由はやはりゲストとはちあわせしてしまう可能性があるためです。
結婚式には自分のごく身近な人達だけではなく、新郎側の家族や友人、会社の人なども呼ばれていますから、あまり場にふさわしくない服装を選ばないようにしましょう。

ヘアメイクはどうする?*

1 2
次のページ
ウェディング診断
続きをアプリで読む