2024.1.5

【僭越(せんえつ)ながら】の意味とは?結婚式のスピーチやビジネスにおいての使い方までご紹介

結婚式のマナー
DRESSY IDEA
4499 views

【2024年4月】人気サイト比較!豪華特典とブライダルフェア情報まとめ♡

アプリで記事を保存・購読

目次
  1. 「僭越ながら(せんえつながら)」の意味とは?
  2. 結婚式スピーチでの使い方
  3. 「僭越ながら」を使った結婚式スピーチの例文
  4. ビジネスでの「僭越ながら」の効果的な表現方法
  5. ビジネスでの「僭越ながら」を使った例文
  6. 「僭越ながら」の類語は?
  7. 「僭越ながら」の英語表現
  8. 「僭越ながら」の効果と重要性

「僭越ながら」の意味とは何でしょうか?このフレーズは結婚式のスピーチやビジネスの場で使用されることがあります。
この記事では、「僭越ながら」の意味や使い方について詳しく解説します。

「僭越ながら(せんえつながら)」の意味とは?

「僭越ながら」は、謙虚な言葉使いの一つであり、「自分が思うにはおこがましいが、お許しいただきたい」という意味が込められており、「出過ぎたことですが」や「身の程知らずですが」という意味になります。
日本語の表現力の一つとして、相手に対して謙虚な態度を示すために使用されます。

結婚式スピーチでの使い方

結婚式のスピーチでは、新郎新婦や両家の方々に対して感謝の気持ちや祝福の言葉を述べる機会があります。この場面で「僭越ながら」を使うことで、謙虚さと敬意を示すことができます。冒頭で以下のように述べると効果的です。

「僭越ながら、新郎新婦のご結婚を心よりお祝い申し上げます。この素晴らしいお二人の幸せな結婚式でお話をさせていただけることを、心から光栄に思っております。」

このように、「僭越ながら」を使うことで、自分のスピーチがあまりにも主張が強くならないようにすることができます。

「僭越ながら」を使った結婚式スピーチの例文

【新郎・新婦への祝福の言葉を述べる場面】

「僭越ながら、新郎新婦のご結婚を心よりお祝い申し上げます。この素晴らしいお二人の幸せな結婚式でお話をさせていただけることを、心から光栄に思っております。新郎さん、新婦さん。お二人の愛と絆に感動し、幸せな未来を祈ります。」

【新郎・新婦への感謝の気持ちを述べる場面】

「僭越ながら、この場でお話しすることになりましたが、まずは新郎新婦への感謝の気持ちをお伝えさせてください。お二人が出会い、結ばれる運命を辿る中で、私たちゲストも一緒に喜びを分かち合うことができました。本当にありがとうございます。お二人の幸せな未来に心からの祝福を送ります。」

【両家への感謝と結びつける場面】

「僭越ながら、お二人の結婚式でスピーチをさせていただけることに感謝しております。そして、この素晴らしい結婚式を実現するためにお力添えいただいた両家の皆様にも心からの感謝を述べたいと思います。お二人の結婚は、二つの家族を結びつける特別な瞬間です。これからも互いの家族を大切にし、絆を深めていってください。」

続きはコチラ♡

1 2 3 4
次のページ
ウェディング診断

アプリで記事を保存・購読