2022.7.7

【両家顔合わせのマナー】顔合わせ食事会にぴったりな話題&NGな話題をご紹介*

結納・顔合わせ基礎知識
PLACOLEWEDDING adviser
11096 views

【2022年8月】人気サイト比較!豪華特典とブライダルフェア情報まとめ♡

続きをアプリで読む

あx4結納に代わって主流となってきたのが両家の顔合わせ食事会です。結婚の約束をしたらお互いの両親に挨拶に行き、その後、結婚式の3~6カ月前に行うのが一般的です。

顔合わせ食事会は結納に比べると比較的カジュアルな席で、進行にも特別な決まりはありません。服装も男性女性ともにスーツであったり、和装であっても女性だけが振袖であったりします。両家の服装は格さえ合わせておけば、ノーネクタイでもOKなのです。しかし、決まりがないカジュアルな席だからこそ、何を話したらよいのか困るという人も少なくありあません。ここでは、両家の顔合わせ食事会の際にどんな話をしたらよいのか、話題のレパートリーをご紹介します。

目次
  1. 顔合わせの話題ってどんなものがある?
  2. 新郎新婦の子どもの頃の話
  3. お互いの家族構成について
  4. 旅行に行ったときの話
  5. 出身地や地元の名産品について
  6. 結婚式の予定
  7. 入籍、新居への引越しなどの今後のスケジュール
  8. 顔合わせの際に避けたい話題
  9. 顔合わせの食事会は話題選びが肝心

顔合わせの話題ってどんなものがある?

顔合わせ食事会には進行に決まりはありません。ただし最初の挨拶や婚約記念品の披露など食事会の流れを作っている言葉はふたりが主体となって発するケースが多いようです。そのため食事会の席での話題についてもふたりが中心となって聞き役になり、また、盛り上げていくという配慮が必要です。

事前にお互いの両親のことや家族のことなどについてしっかり情報交換しておいて、何を話したらよいかふたりで相談しておきましょう。会話については当日の流れに任せながらも、最初と最後の言葉や話題を決めておくと、展開がスムーズです。

挨拶の言葉は事前に考えて当日に言えるように

具体的な挨拶の言葉は、決めておくと安心です。最初に、顔合わせ食事会に集まってくださったことについて、全員にお礼を言います。このときには「本日は、お忙しい中にも関わらず、両家の顔合わせとなる食事会にお集まりくださいまして、ありがとうございます。」と言えるようにしておきましょう。

その後、お互いの両親を紹介します。まず男性側、続いて女性側で、父親、母親の順が一般的です。「まず、私の両親をご紹介します。父の〇〇です。」と紹介します。自分の両親を自分達で紹介してもよいし、両親に自己紹介してもらっても構いません。どのように紹介するか両親の希望を聞いておくと安心です。自分自身についてはすでに結婚挨拶のときに自己紹介していますので、顔合わせの席で改めて触れる必要はありません。

全員の紹介が終わったら「今日は一緒に食事ととりながら、親睦を図る時間にしたいと思っています。よろしくお願いします。では、乾杯」などと挨拶します。乾杯の音頭は簡単にでも◎。その後は、食事を勧めたり、別の話題に移ったりしましょう。最初の話題はお天気などの一般的な話題でOKです。

情報を交換をするとgood

1 2 3
次のページ
ウェディング診断
続きをアプリで読む