2017.6.27

0 この記事をクリップ

婚約指輪は普段使いしてもいい?OKシーンとNGシーンを解説

婚約指輪・結婚指輪
ainowa編集部
11952 views

着ける期間の短い婚約指輪。せっかく貰ったのに着けていたのはほんの一瞬、気づいたら引き出しの中に閉まって数年…。そんな方も多いのではないでしょうか。婚約指輪はふたりが愛を誓い合った証の品であることはもちろんですが、婚約から結婚までの期間、だけでなく結婚後も使い方があることをご存知でしょうか。婚約指輪は普段使いできるんです!再びあなたの指で婚約指輪を輝かせるために、意外と知らない婚約指輪の使い方をご紹介します。

婚約指輪は普段使いしてもいいもの?

結論からいうと、婚約指輪は普段使いしてもいいのです!婚約指輪は、ふたりが末永く愛し合うことを誓った証、結婚の約束を形にしたものといわれています。また、婚約指輪にはダイヤモンドを贈ることが一般的のため、デザインもゴージャスなものが多いです。まさに“宝石感”が満載。そのため、婚約指輪を“特別”に扱う方が多いのです。

愛する人から貰った大切なものですし、高価なものですので、特別に扱うのは当然なことです。しかし婚約指輪を大切にするあまり、引き出しの中に仕舞い込んでしまってはいませんか?引き出しの中の暗がりで、婚約指輪のせっかくの輝きを封じてしまっているかもしれません。婚約指輪は身に着けてこそ輝き生きるのです!もし今、婚約指輪が永い眠りに入ってしまっているという方は、今すぐ目覚めさせてあげましょう!婚約指輪は、ファッション感覚で楽しめる「自分だけの特別なジュエリー」なのです。

婚約指輪は結婚式で指輪交換するまでつけておくもの

婚約指輪を受け取り、結婚を約束したその瞬間から、結婚式当日まで身につけておくのが婚約指輪です。挙式の中で行われる指輪交換の際には、右手の薬指に婚約指輪をはめておきます。左手の薬指にはめられた結婚指輪の上から婚約指輪を重ねづけすることで、ふたりの愛や絆をより強いものにするといわれているのが婚約指輪。婚約指輪はこの瞬間まで、きちんと役目があるのです。この役目を果たすまでは、引き出しの中ではなく、ぜひ手元で輝かせてください。

つまり婚約指輪は単なる“記念品”ではなく、ふたりの愛を強くする大事な“見守り役”。お守りとはまた違いますが、無事夫婦となるその瞬間まで、肌身離さず身につけていたいものです。

結婚式後はいつつける?

結婚式当日に大きな役目を果たした婚約指輪。結婚式後はいつつけるの?という疑問が湧いてきます。実は婚約指輪は結婚式後こそ、様々なシーンで活躍をします!最近では結婚指輪と重ねづけできるセットリングもたくさんのデザインがされており、婚約指輪の普段使いは今や定番なのです。それでは婚約指輪をつけるにふさわしい日常のシチュエーションをご紹介します。

食事会などでお披露目するとき

ちょっとした食事会などでお披露目するときにつける女性も多くいます。あくまでも、見せびらかすのではなく、自然な仕草などからさりげなくアピールする感じでお披露目するのがいいでしょう。近年、婚約指輪を購入しないというカップルも多いため、ゴージャスなダイヤモンドが輝く婚約指輪は、一緒に食事をしている友人などからは注目を集めるはず!また美しいジュエリーは、会話の切り口ともなり、交流を広げてくれます。

デートするとき

婚約指輪は、旦那さんとデートするときにつけるという女性が実はとても多いのです!普段は身につけていないけど、旦那さんとのデートのときだけつけることで、より一層“特別感”が増します!また、愛を誓い夫婦となることを約束したあの日のことを婚約指輪をつける度に思い出せそうでとてもロマンチック♡デートのときだけ必ずつけてくれている様子を見ると、大事にしてくれていることが伝わり嬉しい!という旦那さんの意見も多数!夫婦仲も深まりそうな使い方です。

ご実家に行くとき

中には旦那さんのご実家に行くときに、必ずつけているという方もいます。結納や顔合わせで婚約指輪を家族にお披露目していることもあり、婚約指輪の存在を知っている両親からすると、結婚後もお嫁さんが大事にしている様子を見ると好感を得られるそうです。婚約指輪や結婚指輪をつけている様子は、夫婦仲の良い証拠と解釈されることが多いようですね。ご両親を安心させてあげるためにも、あえて婚約指輪をつけていきたいシーンのひとつです。

友人の結婚式で

結婚式では婚約指輪が大活躍!ダイヤモンドは「純真」や「真実の愛」を意味しますので結婚式という場にはふさわしい縁起物です。また結婚式に参加する際は、ドレスやヘアなど、いつもよりもラグジュアリーなスタイリングできめますよね。婚約指輪の輝きは、ドレスアップした姿にとてもぴったりです!婚約指輪は、結婚式以外のおめでたい席に向いているジュエリーですよ。

豪華なディナーやパーティなど

格式の高い高級レストランでの豪華なディナーや、ドレスコードのあるパーティにお呼ばれした際も婚約指輪の出番!セレブリティでリッチな雰囲気の漂うシーンには積極的に身につけるといいでしょう。高貴なダイヤモンドを使った婚約指輪は、自分自身の格を高めてくれます。こういった場で上質なジュエリーを身につけていると気分も良いですよね。

婚約指輪をはめるのを控えておいたほうがいいシーン

普段使いをしてもいい婚約指輪ですが、日常の中で着用を控えたほうがいいシーンも当然ありますよ。せっかくの美しい婚約指輪、よかれと思って身につけていても、それを見る回りの視線は冷たいかもしれません。着用の際に注意が必要なシーンをご紹介します。

職場では周囲の人へ配慮を

ビジネスシーンにきらびやかなダイヤモンドは少々場違いにも感じませんか?まさにその通りで、多くの方と取引をするようなビジネスの場には婚約指輪は向いていません。例え職場の自由度が高くアクセサリーも着用OK!という環境であっても、状況によっては着用を控えたほうがいいときもあります。食品関係や医療関係、接客業なども指輪をつけるのは控えたほうがいいです。

職場の空気感を察し、仕事中は外して、退勤後に再び身につけるなど、使い方を工夫しましょう。

弔事の際は豪華なダイヤモンドの婚約指輪は慎む

弔事のときにダイヤモンドは絶対にNGです。パールやオニキスなどのシンプルなジュエリーのみOKとされています。弔事の場は喪に服す場であることを理解しましょう。

基本的に光物がNGなので、ダイヤモンド以外の宝石であっても婚約指輪は外すのがマナーです。

結婚指輪と重ね付けして普段使いに

婚約指輪は結婚指輪とセットでデザインされたものをプレゼントされたという方も多いのではないでしょうか。せっかくなら普段から重ねづけして、どちらの指輪も楽しんでみてはいかがですか?同じブランドものだと相性バッチリです。重ねづけすることで、より一層ファッション感覚で婚約指輪を楽しめると思いますよ!シーンによって取り外しできるよう、小さなケースなどを持ち歩いていると安心ですよね。

普段使いができるような婚約指輪を選ぼう

婚約指輪を引き出しの中に封印しないためには、普段使いができるようなデザインのものを選ぶこと◎

婚約指輪は、昔は一粒の大きなダイヤモンドがデザインされた宝石感満載の指輪なイメージが強かったかと思います。しかし現在ではダイヤモンドが小ぶりなものや、衣類に引っかからないシンプルなデザインのものが多く販売されています。婚約指輪の輝きをいつまでも楽しめるように、ぜひ結婚式後も使用したくなるようなデザインを選んでみてください。既に購入済みという方は、ご紹介した普段使いできるシーンを参考にしてみてくださいね!

クリエイタープロフィール
ainowa編集部
リゾートウェディングや結婚式準備コラム
ブライダルメディア
サンネット
関連記事

【2019年(令和元年)最新版】プロポーズされたらすぐやること!!入籍&結婚式までの25ステップ【保存版】

adviser
婚約指輪・結婚指輪

女性が憧れる!!プロポーズの場所・シチュエーション人気ランキング*TOP10

adviser
婚約指輪・結婚指輪

プロポーズの言葉例100選*定番からユニークまであなたにぴったりの言葉が見つかる!

adviser
婚約指輪・結婚指輪

プロポーズのサプライズ演出30選!!世界一幸せなカップルになるための感動アイデア集

公認プランナー
婚約指輪・結婚指輪

プロポーズの花束はコレ!最高のプロポーズを演出するおすすめの花と花言葉*

adviser
婚約指輪・結婚指輪