2021.9.1

大切な彼から貰った結婚指輪…デザインに不満がある!そんなときの対処法とは?

婚約指輪・結婚指輪
結婚お役立ち情報
44 views
続きをアプリで読む

結婚指輪は2人の愛を証明してくれるものです。一生ものとして肌身離さず、常に身に着けていたいものなのではないでしょうか。夢にも思わなかった大切な彼からのサプライズ…そんな状況で貰ってしまったら、喜ばないなんて選択肢はありません。

むしろ、幸せいっぱい!と感動してしまうでしょう。喜ばせようとワクワクしている彼を見ると、余計に嬉しい気持ちでいっぱいになるはずです。

しかし、そんな指輪が気に入らない場合もあるのではないでしょうか。デザインが好みではなかったり、日常生活に支障が出てしまうものだったり、理由は色々とあるでしょう。「せっかく貰ったものだし、彼に悪くて言えないけれど、正直好みのものではない」と心の内で思っている女性は割といるようです。

目次[]
  1. なぜ気に入らない?不満の理由をチェック!
  2. 彼から貰った指輪のデザインが好みでない場合の対処法とは?

なぜ気に入らない?不満の理由をチェック!

彼から貰った指輪を気に入らないのには理由があります。それぞれ好みがあるので理由もさまざまですが、その中でも多い意見は大きく分けて4つです。結婚指輪に限らず、彼から貰ったプレゼントに当てはまるのではないでしょうか。

【装飾が大きすぎる】
指輪を飾る装飾品はキラキラと輝いて、見ているだけでうっとりしてしまいます。デザインの多くはさりげなく光っているもので、飽きずに毎日身に着けられるものです。婚約指輪と比べるときらびやかな印象はないものの、派手すぎないデザインが好まれる傾向があります。ダイヤモンドなどの装飾がついていないタイプもあるため、どんな場面でも身に着けていられる仕様になっているのです。

しかし、男性の中には指輪事情に詳しくない人もいます。そのため、婚約指輪のような大きい装飾のついた指輪を買ってしまうという…という事態になるのでしょう。貰った女性としては「指輪だけ違和感があって、日常生活との釣り合いがおかしい」と感じる方も多いようです。

【シンプルすぎて特別感がない】
派手さを好まない人もいれば、少しは結婚指輪という特別感が欲しいという方もいます。装飾のついていないシンプルなものは、結婚指輪として物足りなさを感じてしまうのでしょう。結婚には憧れを抱くものですから、少し残念だと感じてしまう方もいます。使い勝手には問題ないのでしょうが、憧れとして周りを羨ましがってしまうのです。そのような理由から、シンプルすぎて特別感がないと不満を抱く方もいます。

【安物に見える】
男性と女性では、感性やセンスに多少なりとも違いがあります。男性的にとってはオシャレで高級そうに見えても、女性的には安っぽくてダサいと感じてしまう…なんてズレは、どのカップルにもあり得ることです。

女性は、年齢とのギャップを気にする方も多い傾向にあります。特に30代半ば〜40代以上の方は、若い子が持っていそうなキラキラの指輪よりも、シンプルで落ち着いているものを身に着けたいと思うものです。中にはゴージャスなものに憧れがある方もいますが、年相応な指輪を考える方がほとんどです。そのため、男性とのズレが気に入らない理由として多く挙げられています。

【毎日着けたいと思えない】
結婚指輪が気に入らない理由として、デザインが気に入らないというより、手に違和感があって、日常生活に支障が出るという問題が一番深刻です。普段使いができるという条件が結婚指輪のいいところであり、大前提のお約束だと女性は感じているのでしょう。しかし、ここでも男性との感性のズレが生じてしまい、毎日着けるのは大変だと感じている女性が多くいます。

せっかくだし、身に着けていたいと思うものの、「洋服との相性が最悪で、職場にも派手すぎて着けていけない」なんてことがあると、毎日着けたいと思えません。そのため、結婚指輪をすることなく、毎日を過ごしてしまう方も多いのではないでしょうか。

▽婚約指輪・結婚指輪についての記事はこちら

婚約指輪や結婚指輪の意味や由来って知ってる?なんで指輪交換するの?

 

彼から貰った指輪のデザインが好みでない場合の対処法とは?

上記にある「彼から貰った結婚指輪が気に入らない理由」は、打ち明けられないことがほとんどです。しかし、この指輪をどうにかしたいと思う気持ちもあり、モヤモヤとしてしまうのではないでしょうか。

なぜ気に入らないデザインになってしまうのかというと、彼からのサプライズが原因と考えられます。サプライズというのは本来、驚きと感動が重なるものです。しかし、嬉しくないプレゼントの場合、その驚きが嫌な記憶になってしまうこともあります。

それでは、そんな状況をどうやって打破すればいいのでしょうか。

【我慢して使い続け、記念日に新調する】
結婚指輪は、5周年や10周年などの節目の記念日などで新調するカップルもいます。そのため、気に入らなかったとしても、彼の気持ちを尊重して記念日まで我慢するという方もいるようです。記念日などの節目で買い替えるのであれば、デザインが気に入らなかったということを彼に悟られることもありません。

しかし、この方法では、記念日まで我慢をする期間があります。どうしても耐えられないと感じているのであれば、違う方法で対処するのが良いでしょう。

【リフォームして好みのデザインに】
指輪のリフォームというのは、ジュエリー専門店や工房で作り直してもらうことを指す言葉です。作り直すといっても土台はそのままなので、リフォームができないタイプの指輪もあります。

最近では、母親や祖母など近しい女性からもらって、自分好みにリフォームする方も増えてきているようです。貰った後すぐに指輪をリフォームをすることは難しいため、結婚生活が落ち着いてしばらく経ってから、ジュエリー専門店などに相談してみてもいいでしょう。

【彼と話し合って返品交換をする】
「彼の気持ちはとても嬉しかったけれど、やっぱりどうしても日常生活に支障が出てしまう」と気に入らない理由を打ち明ける対処法もあります。彼が一生懸命選んでくれたものだとしても、気に入らないものを着けておくことはストレスを感じてしまうため、難しいでしょう。正直に話せばわかってくれると彼を信じて、打ち明けてしまうのも一つの手です。

しかし、この指輪はあなたのために選んでくれたものなので、彼にとってはとても悲しいかもしれません。そのことをしっかり頭に入れて、彼と話し合うようにしましょう。

話し合っているうちにあなたの考えが変わるかもしれません。どのようにして彼が選んだのか、その理由を聞いてみると不満がなくなり、より大切な指輪になる場合もあります。返品交換を勝手に行うのではなく、きちんと彼に相談して、話し合って決めるようにしましょう。

【紛失したと嘘をつくのはダメ!】
やってはいけない、やるべきではない対処法として「嘘をつく」というのがあります。嘘はどこかでバレるものです。「紛失してしまったから新しく購入」と考えていても、彼への罪悪感から嘘はいずれバレてしまうでしょう。

「彼を傷つけたくない」という理由を言い訳にして、嘘をつくのは独りよがりです。そして、彼の気持ちを踏みにじるという行為であることを忘れないでください。

「気に入らない」と打ち明けても相手にしてもらえないこともあるでしょう。そんなときも、誠意を持って彼と向き合うのを忘れないでください。嘘をつくのは信頼を裏切ることに変わりありません。そして、嘘は自分自身のことも相手も苦しめてしまうものです。紛失したと嘘をつくのではなく、他の対処法を考えましょう。

本当に大切にしたいことは何なのかを考えて!彼?それとも指輪?

1 2
次のページ
ウェディング診断
続きをアプリで読む