2021.4.28

知ってるようで知らない。一生ものの結婚指輪のサイズはどうやって測るのがベスト?

婚約指輪・結婚指輪
結婚お役立ち情報
2525 views

【2022年5月】人気サイト比較!豪華特典とブライダルフェア情報まとめ♡

続きをアプリで読む

一般的な指輪の幅

指輪というものは、やはり身に着けてみて、ようやく自分に合うかどうかが分かるものです。サイズもそうですし、デザインについても同じことが言えます。サイズをきちんと測ったと思っていても、例えば指輪の幅が細めのものと厚めのものであれば、指に入れた時のフィット感が違ってきます。
太めのものは存在感がありますが、タイトな印象があるので、細めのものと同じサイズであっても、多少キツく感じることが多いです。

一般的に、普通の幅というのは2.5~3mm幅であり、男女を問わず身に着けやすい幅となっています。デザインも、シンプルなものから少し華美なものまで、色々な種類があるのが、この一般的な幅の指輪の特徴と言えるでしょう。

2.5~3mm幅のものは着け心地が良く、一定の存在感もありつつ、ダイヤモンドなどを散りばめていても、嫌味がないのでおすすめです。一般的な幅の指輪は着け心地が良いものが多いのですが、側面の仕上げがまるくなっていないと、指輪の着脱の際に圧迫感があり、皮膚を傷めることもあります。

これは見た目だけでは分かりづらいので、ぜひ試着して確かめてください。

細めの幅の指輪

2mm幅以下の細めの幅の結婚指輪も、女性に大変人気があります。ほっそりとしたデザインになるので、手先を女性らしく印象付けることができます。ダイヤモンドなどを散りばめても華美になりにくいので、デイリーユースが基本の結婚指輪に最適です。

また、最近のおしゃれな女性たちは、結婚指輪も重ね付けをして楽しむ傾向があります。細めの結婚指輪であれば、色々な指輪と重ね付けするのにぴったりなので、おしゃれの幅が広がるというメリットがあります。

しかし、注意点もあって、細めの指輪は幅が細い分、強度が弱くなるので、重いものを持ったり、ゴルフやテニスなどで強く握ったりすると、指輪が変形してしまう恐れがあります。また、人によっては細めの幅のせいで、手がごつく見えてしまう危険性もあります。

女性らしい雰囲気を醸し出す細めの指輪は結婚指輪にぴったりの感じもしますが、やはり試着してみて、自分の手にふさわしいかどうかを確認することが重要です。

太めの指輪

3mm以上の太めの幅の指輪はとても存在感があるので、個性的なデザインを好むカップルにおすすめです。4mm以上の幅の指輪はかなり重厚感が出ますので、男性が身に着けても大変おしゃれな印象を与えてくれます。太めの幅の指輪であれば、ダイヤモンドなどお好きな宝石を散りばめることができますし、複雑な彫刻デザインも楽しむことができます。

太めの幅の指輪は、手が大きめの人や男性が身に着けやすいというメリットがありますが、それだけでなく、コンビネーションリングのような異素材の組み合わせも楽しむことができます。

太めの幅の指輪を選ぶ理由は、このようにデザインや素材を味わいたいとか、しっかり身に着けていると感じたいというものが多いです。
その他として、ごつい時計を普段身に着けているからというのも選ばれる理由となっていて、これは著者も大変共感いたしました。というのも、海外のブランドなどでは男性用と女性用の間に中間サイズみたいなものがありますが、著者はこの中間サイズの時計が大好きでして、このサイズの時計はかなりごついデザインなので一見すると男性用のサイズと見間違われてしまいます。

普段ごついサイズの時計や指輪をしている方であれば、太めの幅の結婚指輪を選ぶと釣り合いが取れて良いでしょう。ただし、3mm以上の幅があるものは、普通の幅のものよりも圧迫感を感じやすいので、普段よりも大きめのサイズを選ぶことをおすすめします。

自分にぴったりサイズの結婚指輪を選ぼう!

結婚指輪は毎日身に着けるものなので、ジャストサイズを選ぶのが鉄則です。ジャストサイズのものを選べば、洗い物をしている時などに抜け落ちてしまう危険性が少なくなります。
ジャストサイズの指輪を選ぶために、ぜひ店員さんを味方につけて試着をしつつ、自分にぴったりサイズの結婚指輪を購入してください。

着けた時の印象も大切にしたいものです。

▽結婚指輪に関する記事はこちら

婚約指輪や結婚指輪の意味や由来って知ってる?なんで指輪交換するの?

1 2 3
ウェディング診断
続きをアプリで読む