2020.8.1

2020最新!ウェディングプランナーが教えるブライダルフェアでの服装や当日チェックすべきポ イント

ウェディングプランナー
adviser
18547 views
続きをアプリで読む

式の流れと同時に式場のつくりをチェックしておく


では、実際にブライダルフェアに行った際に積極的にチェックしておきたいポイントをお教えします。

ブライダルフェアでは、実際に行われるような挙式や披露宴を模擬演出し、それに参加することになります。
そのため、目線は主役の2人というよりも、ゲスト目線です。
結婚式は自分たちが主役ですが、参加してくれる人をおもてなしする心も忘れたくないものです。

挙式や披露宴の実際の流れを見て、自分たちがイメージしている挙式や披露宴のスタイルかという点はまずチェックすべきポイントでしょう。
またそれと同時に、式場のつくりをチェックすることも要チェックポイントです。
挙式会場から披露宴会場まで、どれくらいの距離なのか、スムーズに移動できるのかといった点をしっかりと見ておきましょう。

参加者の候補がすでにあるのなら、式場や披露宴会場の収容人数のほか、親戚や友人に車椅子の人はいないか、小さい子供がいないかなども考えながら、見学すると良いでしょう。

チャペルでチェックすべきポイント


結婚式でもっとも期待が高まる感動的なシーンが、挙式です。
自分にとって、永遠の愛を誓う神聖なるときを過ごすのに最適な会場を選びましょう。

例えば、チャペルの天井の高さやバージンロードの長さなどをチェックしておくこともひとつです。
チャペルの天井は高さが十分にあり、明るい方が厳かな雰囲気があります。神聖なチャペル挙式をイメージしている場合、天井が低すぎると、イメージとはかけ離れたものになってしまいがちです。
また、バージンロードは、新婦の後ろ姿をゲストたちに見せるまたとないチャンスであるため、しっかりとドレスを綺麗に広げられるスペースや幅があるのかなどをチェックしておくと良いでしょう。

また、せっかくの挙式日は晴天であってほしいものですが、万が一の雨天時に、どんな対応になるのかも聞いておきましょう。

披露宴会場でチェックすべきポイント


披露宴会場は、結婚式当日に一番長く過ごす場所です。
居心地や雰囲気の良さはもちろん、全体的な広さや収容人数もしっかりとチェックしておきましょう。

例えば、テーブルはいくつあり、ひとつのテーブルにつき何人まで座れるのか、また、どのようなテーブルの配置であるかも知っておくと当日のイメージがしやすいでしょう。
また、高砂席からの視界の良さや、反対にゲスト席からの視界も確認しておくと良いですね。
特に両親や親戚の席が高砂席からとても遠かったり、一部のゲスト席からの視界に建物の柱や家具や装飾などが邪魔をしていないかなども、しっかりとチェックしておく必要があります。

ブライダルフェアを賢く利用して、納得のいく式場選びにしよう!


ブライダルフェアは実際の挙式や披露宴のように演出するため、いざ、華やかな会場の雰囲気や豪華な料理のおもてなしを目の前にすると興奮してしまい、チェックしておかなくてはいけないことを忘れてしまうこともあるかもしれません。

事前にチェックしておきたいことや撮っておきたい場所をメモ書きしておいたり、ウェディングプランナーに聞きたいことやなどもリストアップしておくと、そうした心配が少なくなりますね。
自分たち目線で確認したいことはもちろんですが、ゲスト目線で見ておくことも忘れないようにしましょう。

ブライダルフェア当日は、それぞれの来場者に担当のウェディングプランナーが付き、会場についてや日取り、金額などを詳しく説明してくれます。

ウェディングプランナーは何度も挙式や披露宴を見てきているプロですので、不安なことや細かいことはここでしっかりと聞いておくことをおすすめします。

全国の人気ウェディングプランナー名鑑はこちら
https://pla-cole.wedding/planners

ブライダルフェアは楽しむことはもちろんですが、チェックすべきところはしっかりと自分の目や耳でチェックし、賢く利用しましょう。

1 2
ウェディング診断
続きをアプリで読む