2020.3.3

明治記念館で結婚式を挙げるメリットは?会場や衣装は?

ブライダルフェア
結婚お役立ち情報
197 views
続きをアプリで読む

明治14(1881)年に、海外からの賓客をおもてなしする迎賓館として建造された明治記念館。歴史あるたたずまい、都心にありながら緑豊かな明治神宮に隣接する格式高い結婚式場として、多くの有名人カップルに選ばれてきました。

日本ならではの神前式を考えているなら、明治記念館がおすすめです。

目次[]
  1. 明治記念館とは?
  2. 明治記念館で結婚式を挙げるメリット
  3. 披露宴会場の規模
  4. 披露宴のお料理は?
  5. 衣装とメイクは?持ち込みはできる?
  6. 人気の演出は?
  7. 明治記念館で結婚式を挙げた芸能人は?
  8. ブライダルフェアはある?
  9. ワンデーフォトプランとは?
  10. 明治記念館へのアクセス

明治記念館とは?

明治22(1947)年から結婚式場として利用されるようになった明治記念館は、赤坂御用地に隣接し、敷地は約1000坪。記念館は明治14年に建造された赤坂仮御所の別殿で、日本帝国憲法の御前会議が行われた由緒ある建物です。
現在では結婚式場、レストラン、宴会場として使われています。70年以上の歴史を持つ結婚式場は日本で初の総合結婚式場。そのため親子2代、3代で利用しているというご家族もいます。

挙式は記念館本館にある総檜造りの儀式殿か、明治神宮の奉賽殿にて執り行われます。これまで21万組以上の夫婦の門出を応援してきた歴史の重みがあります。

明治記念館で結婚式を挙げるメリット

明治記念館は明治神宮に隣接しているため、明治神宮で挙式を行い、披露宴は明治記念館で行うというスタイルにもできます。日本古来の神前式で厳かな雰囲気のもと式が執り行われます。明治記念館の儀式殿で行われる挙式を執り行うのは、すべて明治神宮の神職および楽人、巫女です。

本格的な神前式を行いたいと考えているなら、明治記念館がベターです。神前式は和装が基本ですが、明治記念館で執り行われる神前式は和装だけでなくウェディングドレス姿で行うこともできます。檜の香る厳かな雰囲気の式場、クラシカルモダンな披露宴会場には、和装、洋装どちらも似合います。

明治記念館の特徴はなんといっても素晴らしい日本庭園と、種類豊富な会場です。会場の雰囲気はエレガント、クラシック、モダンなどそれぞれ違うためコンセプト別、また人数別に選ぶことができます。窓から庭園を臨める会場も多く開放的で明るい雰囲気。歴史的な行事や式典が執り行われた格式ある会場で結婚式を挙げられます。

さらに、明治神宮と隣接しているので、お子さんのお宮参り、七五三などの行事を明治神宮で執り行えば、家族所縁の神社となるでしょう。もちろん、親子2代、3代にわたって明治記念館で挙式を挙げることも夢ではありません。

披露宴会場の規模

【100名以上の結婚式】
明治記念館の特徴は美しい日本庭園と続く開放的な披露宴会場。最も大きな会場は「富士(全室)」で、最大収容人数は409名です。天井高6.6メートルの広々とした空間で開放感があります。

次に大きな「蓬莱」は257名収容できます。庭園が臨める大きな窓があり開放的で明るい雰囲気の会場です。高砂に飾られた綴錦織は蓬莱さんをモチーフとしており継ぎ目のない織物としては世界最大級。

「鳳凰」は最大収容人数124名。庭園を臨む窓と、アンティーク調のモダンクラシックなスタイルが特徴です。

「末広」は最大収容人数104名。プライベートホワイエが設けられているため、さまざまなアレンジができます。庭園に面したテラスつきの会場です。

【100名以下の結婚式】
「若竹」は最大収容人数100名。正面の壁には桃山時代狩野派の古典技法で描かれた金碧画が描かれ格調高い雰囲気が漂います。

「孔雀」は最大収容人数94名。アールデコ調のモダンエレガンスがコンセプトとなる、庭園を一望できる会場となっています。

最大収容人数82名の「芙蓉」は、ステンドグラスとスワロフスキーのシャンデリアがある華やかな会場です。広々としたガーデンテラスとプライベートロビーがあります。

「金鶏」は赤坂仮御所のご会食所として使われた由緒ある会場。壁には牡丹の花と縁起の良い250羽の金鶏が描かれています。窓からは庭園の素晴らしい眺めを一望できます。

「相生」は木組みの格子天井が和の雰囲気を醸し出す最大収容人数88名の会場です。

【56名以下の結婚式】
「エミール」は最大収容人数56名。壁面には縁起が良い金鶏が描かれています。金鶏の間とスタイルが同じで、他の結婚式場とは違った映画のワンシーンのような気分が味わえそうです。

「丹頂」は最大収容人数46名。明るい日差しが降り注ぐ大きな窓と和洋折衷クラシカルモダンな雰囲気が特徴です。

「鶴亀」は最大収容人数52名。大正浪漫を感じさせるクラシックな佇まいです。

「桃林」は懐石料理・花がすみの中にある大広間。畳と床の間のある和室ですが、椅子席なので年配の方や和服姿の方もリラックスして楽しいひと時を過ごせます。

「呉竹」も花がすみの中の広間で最大収容人数は14名です。和室で掘りごたつ風になっている温かみのある落ち着いた雰囲気のお部屋です。

「かいどう」も花がすみの中の会場で、最大収容人数12名。アットホームなお式ができます。会場は和室ですが椅子席となっています。

披露宴のお料理は?

披露宴のお料理は和食、フレンチ、フランス懐石料理、中国料理の4種類から選べます。日本料理総料理長の大宮康雄氏は、黄綬褒章(おうじゅほうしょう)を受賞しています。日本古来の伝統を大切にしたお料理が並びます。和の器は色も華やかで会場を彩ります。
フレンチは開館以来、海外の要人たちをおもてなししてきた絶品。見た目も美しく盛り付けにもこだわっています。

フランス懐石は、和と洋それぞれの魅力をミックスさせた人気のお料理。どの年代の方にも好まれます。中華は日本人の舌に合う繊細な味付けとなっています。懐石料理・花がすみ内の会場で行われる披露宴の場合は日本料理のみとなっています。

健康上の理由や宗教上の理由で食べられない食材があったり、ベジタリアンの方への食事対応も行ってくれるので安心です。
食の達人たちが心を込めて創ったお料理でおもてなししてくれるので、ゲストも必ず満足してくれるでしょう。

衣装とメイクは?持ち込みはできる?

うれしいことに明治記念館での神前式は白無垢以外の衣装でもOK。色打掛やウェディングドレスでも式を挙げることができます。和装の種類は豊富でさすがといった感じです。伝統工芸の技が光る白無垢、古典柄にこだわった色打掛、古式ゆかしい引振袖に加えて、コーディネーターが直接買い付けたドレスは、パターンオーダー可能なものもあります。

衣装持ち込みは基本的にNGですが、どうしてもというこだわりがあるならプランナーと相談してみましょう。持ち込み料を払って持ち込みできたという先輩花嫁もいます。ブーケや花束は持ち込みOKで、持ち込み料はかかりません。
ちなみに、写真、ムービー撮影は持ち込み撮影可能です。

▽明治記念館でのフォトレポートはこちら

骨格診断とカラー診断で似合う一着を*明治記念館「レセイエ」での和装フォト試着レポをご紹介👘♡

人気の演出は?

明治神宮で10月から期間限定で行われる「灯り参進」は、日本の歴史の重さと伝統美を感じることができる演出です。かがり火を焚いた幻想的な境内を神職に導かれて新郎新婦が参列者と共に進んでゆく様は、まるで歴史絵巻の一コマのようです。
明治神宮で挙式を終えたのち、明治記念館へと、レトロな専用車で移動して披露宴を行います。

明治記念館で結婚式を挙げた芸能人は?

誰もが知っている格式ある結婚式場である明治記念館で結婚式を挙げた有名人は少なくありません。
女優の真矢みきさんとバレエダンサーの西島千博さん。女優の豊田エリーさんと俳優の柳楽優弥さん。お笑い芸人のアンジャッシュ渡部健さんとモデルの佐々木希さん。女優の加藤夏希さん。お笑い芸人の小島よしおさん。などなど大勢の芸能人が明治記念館で結婚式を挙げました。

ブライダルフェアはある?

明治記念館では随時ブライダルフェアを行っています。これまで行われたブライダルフェアは、和装体験コース、試食会&相談会、明治神宮見学、さらにフォトウェディング相談や、うれしい無料ランチ付き相談会など数知れず。
明治記念館の公式サイトで日程やプログラムを確認できます。フェアの種類が豊富なので、ぜひチェックしてみましょう。フェアの内容によっては、庭園でのフォトジェニックな撮影可能なこともあります。

仕事が忙しく平日時間が取れない方のために、夕方や夜間の相談会もあります。一部要予約のこともありますが、スマホやパソコンからネット予約できるので安心です。

ワンデーフォトプランとは?

挙式はしないけど写真だけは残したい、挙式の前にゆっくりと写真を前撮りしたい…というカップルには、事前予約と写真撮影1日のプラン、ワンデーフォトプランが人気です。撮影希望日の60日前から7日前に予約できます。
予約は電話でできます。平日の10時から、または14時からのみのプランとなっていますが、衣装や着付け、ヘアメイクまですべてコミコミのプランなのでかなりお得感があります。

約10パターンの白無垢と色打掛の中から好きな衣装を選べ、プランには着付けとヘアメイクも含まれています。133,000~207,000万円(税別)まで5種類のプランがあります。
格調高い記念館内や美しい日本庭園を背景にした写真は一生の思い出になります。

▽明治記念館でのブライダルフォト記事はこちら

ドレス迷子必見♡明治記念館の衣装室「レセイエ」でのドレス試着をお披露目♥♡

明治記念館へのアクセス

電車で移動の場合は、JR中央線・総武線「信濃町駅」から徒歩3分。東京メトロ銀座線・半蔵門線・大江戸線「青山一丁目駅」2番出口から徒歩6分。地下鉄大江戸線「国立競技場駅」A1出口から徒歩6分。
都営バスで向かう場合は、都営バス品97「権田原バス停」から徒歩3分。都営バス品97「信濃町駅南口バス停」から徒歩5分。都営バス品97「きた青山一丁目アパートバス停」から徒歩5分です。

車の場合は首都高速4号線「外苑出口」より下車。160台分の無料駐車場がありますが、土日祝日は混雑するため公共交通機関を利用する方がよいでしょう。

日本らしい伝統美あふれる神前式は、どの年代のカップル、ゲストの方にも人気があります。格式高く、凛とした清々しい雰囲気の明治記念館で結婚式を行えば、新郎新婦にとってもゲストにとっても忘れられない一日となることでしょう。

▽実際の明治記念館での結婚式についてはこちら

和装は伝統感じる白無垢にしてみては?選ぶ際のポイントもご紹介します◎

ウェディング診断
続きをアプリで読む
続きをアプリで読む