2022.7.8

結婚式のご祝儀袋・袱紗の包み方

結婚の段取り
DRESSY IDEA
3245 views

【2022年12月】人気サイト比較!豪華特典とブライダルフェア情報まとめ♡

続きをアプリで読む

結婚式に招待されたら、お祝いとしてお金を包んで持参するのが一般的です。このお祝いのことをご祝儀といいます。新郎新婦の門出を祝福するのですから、ご祝儀の渡し方にもマナーがあることはご存知でしょう。
しかし、お札の準備からご祝儀袋の包み方、持参方法、渡し方までの一連のマナーを全て把握している方は意外と少ないものです。

結婚式当日にマナー違反をして恥をかかないように、ご祝儀の包み方から渡し方、また金額の相場などについて確認しておきましょう。

目次
  1. お金は新札を用意しよう
  2. ご祝儀袋の選び方
  3. お札の入れ方
  4. 袱紗の包み方
  5. 結婚式でのご祝儀の手渡し方

お金は新札を用意しよう

まず、ご祝儀として渡すお金は、「新札」を用意するのがマナーです。新札には、「二人の新たな門出をお祝いするにふさわしい」新しいお札を、「お式を待ち遠しく感じながら」用意いたしましたという気持ちが込められています。
新札と聞くと、折り目のついていないお札をイメージする方も多いのですが、単に折り目がついていないお札はピン札と呼ばれており、一見すると新しいようでも、使用されている可能性があります。これに対して新札は、銀行で発行された、まだ誰も使っていないまっさらのお札のことをいいます。

新郎新婦の門出を祝う気持ちを表すためには、面倒でもピン札ではなく新札を用意しましょう。

では、新札はどこで手に入るのでしょうか。最も一般的なのが銀行の窓口で、新札に両替してもらう方法です。
銀行に用意された両替依頼書には、新札での両替を希望するかどうかを記入する欄があります。新札希望欄にチェックを入れるなどして必要事項を記入し、窓口で「新札への両替をお願いします」と伝えて、両替依頼書と両替してもらうお金を渡しましょう。

銀行によっては、両替専門のATMが設置されているところもあります。このような場合は、ATMで新札に両替することが可能です。
新札への両替では、銀行によっては新札への両替で手数料がかかることがあります。また、両替用のATMの中には、その銀行のキャッシュカードがなければ利用できない場合もあります。

ゆうちょ銀行で新札に両替してもらうときも、注意が必要です。ゆうちょ銀行は他の銀行とは異なり、新札の両替を通常業務としていません。このため、ゆうちょ銀行で新札に両替してもらう際は、直接窓口で申し込みます。
新札が用意されている場合は両替に応じてくれますが、新札が不足しているなど何らかの理由で新札両替に応じてもらえないこともあります。あらかじめ、電話などで新札に両替してもらえるかを確認してから、窓口へ出かけることをおすすめします。

このように新札を用意するのは、営業時間内に銀行窓口に出かけるなど、何かと手間がかかります。なるべく早めに準備しておきましょう。どうしても新札が用意できなかった場合は、結婚式場や披露宴が行われるホテルで新札と交換してもらえるケースもあります。
しかし結婚式場や披露宴は銀行ではありませんから、用意している新札に限りがあります。結婚式当日に新札への交換をお願いしても、対応してもらえないことがあるので、事前に銀行で新札を用意しておく方が安心です。

ご祝儀の選び方

1 2 3
次のページ
ウェディング診断
続きをアプリで読む