2021.12.28

定番やサプライズまで!結婚式で感動する演出ってどんなもの?【2022年保存版】

結婚の段取り
結婚お役立ち情報
1222 views

【2022年7月】人気サイト比較!豪華特典とブライダルフェア情報まとめ♡

続きをアプリで読む

結婚式の演出には、定番なものからサプライズ的なものまでさまざまな物があります。その演出によって、思わず涙が出るほど感動してしまったなんて事もあります。

そんな演出でゲストにも感動を与えて、思い出に残る結婚式にしたいものです。

目次
  1. お母様から新婦へのベールダウン
  2. 初めての共同作業、ケーキ入刀
  3. ファーストバイトアレンジで盛り上げる
  4. 中座のお色直し中でも楽しませる演出
  5. 感動、両親への手紙
  6. フラワーシャワーで個性的演出を
  7. テーブルラウンド
  8. キャンドルサービスで幸せのお裾分け
  9. 皆の思い出に、フォトラウンド
  10. 感謝の気持ちを込めてパンサーブ
  11. ゲストと作る果実酒ラウンド
  12. 思い出に残るメッセージラウンド
  13. サプライズな演出のバルーンスパーク

お母様から新婦へのベールダウン

結婚式前に、花嫁のお母様が「最後の身支度を手伝う」という意味で花嫁のベールを下ろす演出です。ベールには魔除けの意味もあるので、邪気から花嫁を守るというベールを下ろす身支度の手助けを、最後にお母様がするというものです。控え室で行う場合もありますが、バージンロードを歩く前にベールダウンを行う演出をする場合があります。

控え室で行う場合は、時間に余裕があれば、感謝の気持ちを伝えたり、ゆっくりと過ごすことが出来ます。入場後行われる場合は、姿勢良く綺麗に受けられるようにしておくといいですね。見ているゲストにも感動がより伝わります。

また、ベールダウンはお母様だけでなく、兄弟姉妹や親しい友人が行う場合もあります。式のはじめのちょっとした演出ですが、言葉では表現できない気持ちのやり取りがうかがえる演出です。

初めての共同作業、ケーキ入刀

新郎新婦の初めての共同作業として行われるのが、ケーキ入刀です。他にも祝福してくれているゲストに、幸せをお裾分けするという意味も込められています。これはギリシャ神話で愛し合う二人が、パンを分け合って愛を誓ったという由来にあります。そのため新郎新婦がウェディングケーキに一つのナイフを持って入刀します。

また、ケーキを友人や特別なゲストに運んできてもらうのも素敵ですね。BGMもこだわった曲にしてケーキ入刀を盛り上げましょう。ケーキ入刀は絶好のシャッターチャンス。しっかり写真に収めておきたいですね。

また新郎新婦以外のカップルにもケーキ入刀を行う演出もあります。両親や兄弟姉妹や結婚式を行っていない夫婦など、ダブルケーキ入刀やトリプルケーキ入刀も素敵です。各テーブルにケーキを準備して、テーブルを回りながらケーキカットしていく演出もあります。それぞれのテーブルで交流を楽しむことが出来ます。

ファーストバイトアレンジで盛り上げる

ケーキカット後の演出で、新郎新婦がお互いにカットしたケーキを食べさせ合う演出のことです。ファーストバイトには「食べるものに一生困らせない」という意味や、「おいしいご飯を一生作ります」といった意味合いがあります。ファーストバイトをする時にスプーンに乗せる果物の数は子どもの数であったり、ケーキの大きさは愛情の大きさだといった意味合いも込められています。

そのため意味合いを理解した上で演出を行うと、個性的な演出が出来ます。大きなケーキを乗せられるように、大きなスプーンを準備したり、趣味のスポーツのラケットや小物をアレンジしたスプーンにしたり、口に入りきらないような大きさにカットしたケーキを新郎に食べさせようと笑いを誘う演出などもあります。

この際お笑い担当は新郎に任せましょう。ファーストバイトもシャッターチャンスなので写真映えするような演出を考えてもいいですね。

また両親への感謝の気持ちを込めて新郎新婦から両親へ食べさせてあげる「サンクスバイト」や、両親のような夫婦になりたいといった気持ちを込めて、両親がお手本になって食べさせ合う「お手本バイト」などの演出も素敵です。

▽ファーストバイトの演出についてはこちら

新しすぎる!ファーストバイトの演出アイデア13選&6つのバイト*

中座のお色直し中でも楽しませる演出

1 2 3
次のページ
ウェディング診断
続きをアプリで読む