2021.7.17

クラシカルな空間での挙式*涙がたくさん溢れる素敵な式をご覧あれ✎

挙式
Karen
53 views
続きをアプリで読む

*挙式会場をここに決めた理由*

会場を決めた理由として、新郎が見学時にこのチャペルに
一目惚れしたことが大きかったです。
2人の共通の挙式会場に求めるテーマが、クラシカル、
ロイヤルウェディングだったので、明治時代からの歴史ある
高輪貴賓館の佇まいはそのイメージにピッタリでした。

*夢だったお父さんと歩くバージンロード*

夢だった、父とのバージンロード。
コロナ禍になって帰省ができていなかったために、
式当日は、地方の実家に住む両親と会って話すのは何ヶ月ぶりで、
どこか照れくさかっです。
緊張もしていましたが、凛としてしっかりとした足取りの父の隣で、
安心感がありました。

ここの場面では、旦那さんも父からも緊張が伝わり、
引き締まる想いになりました。
一度延期もしていたこともあって、
ああ、やっとほんとにこの日が来たんだ、と実感し、
うるうるとしてしまいました。

*指輪交換*

指輪交換では、緊張した旦那さんがわたしの左手ではなく
右手を取り、さらには指輪が通らず諦められ、
自分で通すというグダグダ感に、思わず笑ってしまいました。
練習しておけばよかったかなとも反省しましたが、
何年かたって思い返して、当日ならではのハプニングが
思い出になるのではと思います。

*ファーストミート*

挙式前のファーストミートの様子です。
数日前にお願いして、お支度の部屋を変えてもらいました。
どんな表情をしているのか、ドキドキしながら歩きました。
後から聞いた話ですが、この時ついにこの日がきた、、と感動し
ウルウルと来ていたそうです。笑

この日を迎えるまでの準備期間に、たくさん喧嘩もしたし
ギクシャクもしたな〜と思い返され、
無事にこの日が迎えられてよかった、と感慨深く思いました。
ファーストミートの写真撮影は、旦那さんの希望でもあり、
見返しても当時の気持ちが思い返され、やってよかったと思います!

緊張するね、がんばろうね、と話していました。
なんだか照れ臭くて目を見れなくって、緊張感も伝わりますね。
ファーストミート用に用意していただいたお部屋も、
クラシカルな雰囲気で素敵な写真を撮っていただきました。

*挙式風景*

挙式では、この写真が、角度と光の差し加減が雰囲気出てて
すごくお気に入りです。
この写真に、「このチャペルを選んで良かった」が詰まっています。
アールユキコさんのドレスとタキシードも、
チャペルの雰囲気に合うものを、と選びました。
牧師さんは日本人の方で、というのもこだわりでお願いしました。

ゲストの方のおめでとう!の声に2人でにっこり。
先程までの挙式の緊張から放たれ、
ゲストの顔を見てホッとして自然な笑顔が溢れています。
内心、ドレスを踏んづけて上手に歩けなかったのも思い出です。
2人ともいい笑顔を収めていただきました。

カメラマンさんに声をかけられ、カメラ目線でにっこり。
レッドカーペットとシャンデリアが映えてます。
挙式自体は、体感で数分のうちにあっという間に終わってしまいました。
噛み締めるようにレッドカーペットを歩きました。

*ベールダウン*

ベールダウン。泣かないようにしようと思っていたのに、
既に号泣の母につられて涙してしまいました。
母からは、綺麗、可愛いよ、と声をかけてもらい、
胸がいっぱいになりました。
ドレスとお揃いのレースを使ったベールが綺麗に
写真に残していただいて、やはりこのベールを選んでよかったと思います。

*フラワーシャワー*

前日まで雨天の予報だったので、
室内で行う予定だったフラワーシャワー。
当日の朝まで降っていた雨が上がり、
急遽外に出て行うことができました。
フラワーシャワーは造花と羽を混ぜたものを用意しました。
色とりどりにふんわりと舞い、綺麗でした。
この後、全員で集合写真を撮っていただき、
写真撮影の時のみゲストの方にはマスクを外してもらっています。

ウェディング診断
続きをアプリで読む