2022.7.8

ウェディングブーケはドレスとの相性と形で選ぶ

花嫁コーデ
結婚お役立ち情報
6402 views

【2022年8月】人気サイト比較!豪華特典とブライダルフェア情報まとめ♡

続きをアプリで読む

最近の花嫁さんは、断然洋装のウェディングドレスで挙式、披露宴を行うケースが多いです。挙式はドレスで、披露宴では和装という場合もありますが、ドレス率はかなり高くなっています。ウェディングドレスに欠かせないアイテムとして、ブーケが挙げられます。

目次
  1. ウェディングブーケにはどんな形のものがある?
  2. ウェディングブーケの基本の形は?
  3. ウェディングドレスの形とブーケに合うドレスの形は?
  4. 自分に合うブーケはどうやって選ぶ?
  5. ウェディングブーケの注文の方法は?
  6. 理想のブーケを注文するには

ウェディングブーケにはどんな形のものがある?

ウェディングブーケとひとくちに言いますが、いろいろな形のものがあります。
いくつかの種類があるブーケの中から、自分が着るウェディングドレスにぴったりのものを選ぶには、どんなことに気をつけて選べば良いのでしょう。ここではまず、ウェディングブーケの形をご紹介します。

ウェディングブーケの基本の形は?

ブーケの形はいろいろなものがあり、使う花によって雰囲気も随分変わるものです。
あまり多くあり過ぎると迷ってしまうので、人気のウェディングブーケの形を知っておきましょう。

まず、多くの花嫁が持っているのが、ラウンドブーケというもので、丸いドーム状のブーケです。
球形に見えるもので、ご存知の方は多いかもしれません。花がきれいに密集しているので、とても華やかに見えます。
使う花を選ぶことで、かわいいものになったり、エレガントなものになったりします。比較的アレンジしやすいブーケです。
ラウンドブーケでよく使われる花は、バラやカーネーション、シャクヤク、トルコキキョウなどです。

そしてオーバルブーケという楕円形のブーケは、ラウンドブーケよりもふっくらとして見えます。
使う花によっては、かわいくもできるし上品にもできるブーケです。
バラやカーネーション、シャクヤクはもちろんですが、カラーやラナンキュラスなども使ってアレンジできます。

次にキャスケードブーケですが、これは縦長のラインが特徴のブーケです。

キャスケードは、「小さな滝」を意味するもので、滝のように流れるラインを花で作っています。
このブーケは、大きめの花と葉を組み合わせて作られ、気品が感じられます。厳かな教会での挙式によく合います。
使われる花は、ランやユリ、アマリリスといった大きめの花が選ばれます。大きめの花で作ると、格調高い雰囲気になるからです。

もう一つはバッグブーケやリースブーケ、ボールブーケという持ち手が付いているブーケです。
片手で持ったり、腕に下げて持つことができるユニークなものです。
バッグブーケはパールのようなビーズで持ち手が作られた、ボール型やハート型のブーケです。リースブーケはクリスマスリースのようなブーケで、ドーナツ型になっているため腕にかけて持つことができます。

ボールブーケはボール状のブーケでどこから見ても花というかわいいものです。持ち手はタッセルやリボンが多いです。
バッグブーケやリースブーケ、ボールブーケは基本的にかわいらしいイメージですが、使う花の色で印象は変えられます。葉を多くするとシックな感じにもなるので、ちょっと大人な花嫁にもぴったりです。

そして最後はクラッチブーケです。
クラッチとは「しっかりつかむ」という意味で、掴める長さで茎を切って束ねたブーケです。他のブーケよりも茎が長く、あえて見せるようにしています。
花をそのまま束ねたように見えるので、ガーデンウェディングにぴったりです。

▽リースブーケに関する記事はこちら

永遠の輪を意味するリースブーケのかわいい持ち方&作り方*実例12

ウェディングドレスの形とブーケに合うドレスの形

1 2 3
次のページ
ウェディング診断
続きをアプリで読む