2019.10.1

花嫁やお呼ばれゲストに人気の結婚式ネイルデザイン画像集<2019年>

花嫁コーデ
farnyオフィシャルライター
1023 views

【2022年5月】人気サイト比較!豪華特典とブライダルフェア情報まとめ♡

続きをアプリで読む

「せっかくのハレの日、花嫁らしいネイルで当日を迎えたい!」「結婚式へのお呼ばれだから、いつもとは少し違うネイルで参加したい!」結婚式を目前に、ネイルの施術を検討している人も多いのではないでしょうか。この記事では、結婚式ならではのネイルのデザインや、ネイルを施す際のマナーを紹介します。

目次
  1. 結婚式のネイルおすすめのデザイン
  2. 何日前に結婚式のネイルはするのがいいの?
  3. 親族やお呼ばれ側の結婚式ネイルのマナー
  4. (ゲスト向け)お呼ばれ結婚式のネイルデザイン
  5. (花嫁向け)雰囲気別結婚式のネイルデザイン
  6. (花嫁向け)色別結婚式のネイルデザイン
  7. 季節別結婚式ネイルデザイン
  8. (花嫁向け)2019年トレンド結婚式のネイルデザイン
  9. (花嫁向け)フレンチネイルデザイン
  10. (花嫁向け)和装に似合う結婚式のネイルデザイン
  11. 可愛い結婚式のネイルで当日を迎えましょう♡

結婚式のネイルおすすめのデザイン

結婚式のネイルは、華やかで優しい雰囲気のデザインがおすすめです。そのうえで、ふたりの結婚式の雰囲気に合うデザインであれば、なおいいでしょう。具体的には、花嫁は着用する衣装に、ゲストは式場の格式やイメージに合わせて考えると、デザインを決めやすくなります。

▽結婚式ネイルの関連記事はこちら
挙式のテーマはロイヤルウェディングで上品にまとめて♡*こだわりのアクセサリーからネイルまでご紹介+.*

何日前に結婚式のネイルはするのがいいの?

ネイルの施術は前日に行うのがベストです。ネイルは施すデザインにもよりますが、自爪の手入れから始まり完全に乾燥するまで、かなりの時間を要します。結婚式当日は思いのほかタイトスケジュールなので、余裕を持って仕上げておきましょう。

とはいっても、あまり早くに施すと日々の行動で傷んでしまうことも少なくありません。また、デコレーションが多ければ洗い物や衣類の着脱などで不便が生じます。前日に仕上げて、その後はネイルが傷みそうな行動は避けるのが望ましいでしょう。

一方、ネイルチップを作成する場合はこの限りではありません。ネイルチップは複数回の使用が可能なので、前撮りを行う場合はその日までに仕上げておくと当日と同じネイルで撮影できます。衣装が決まった段階でチップの作成に取り掛かるといいでしょう。

▽結婚式準備の関連記事はこちら
結婚式準備リスト|知っておきたい結婚式までの流れ

親族やお呼ばれ側の結婚式ネイルのマナー

結婚式にお呼ばれしたときは、ネイルにも気合いが入るものです。しかし、あまりに華美なネイルは避けたほうがいいでしょう。結婚式におけるゲストの服装は、上品なワンピースや和装であることがほとんどです。そのような服装に派手すぎるネイルは合いません。服装とのバランスを重視することが大切です。

また、立体的なデコレーションも悪いわけではありませんが、極力シンプルにするほうが安心です。結婚式では他のゲストに意図せず触れることが多々あります。引っ掛かりが多いデザインは、他のゲストと接触したい際に衣類を傷めることもあり、最悪の場合は怪我を負わせてしまうことにもなりかねません。

これらの理由から、ギラギラと飾り立てたネイルは避けて、品の良さを重視したデザインのネイルを施すのがお呼ばれ側のマナーといえるでしょう。

ネイルデザイン♡

1 2
次のページ
ウェディング診断
続きをアプリで読む