2020.12.28

ウエディングドレスのシルエット大全!トレンドのエンパイアラインとは

花嫁コーデ
結婚お役立ち情報
143 views
続きをアプリで読む

ウエディングドレスは花嫁さまの一日を飾る最高のお召し物です。
このところでは、セミオーダーやオーダーメイドのドレスを
会場に持ち込む人も増えており、ドレスの選択に力を
入れるカップルも見られるようになりました。
しかし!体型とドレスの形が合わないと、
ちょっと残念な風体になってしまうのがウエディングドレスのデメリット。
ここでは、花嫁さまに人気のウエディングドレスのシルエットについて紹介します。

トレンドに入りつつある
「エンパイアラインのドレス」についても解説しますよ!

目次[]
  1. 日本人体型にピッタリ!おすすめシルエット

日本人体型にピッタリ!おすすめシルエット

どんな体型にも似合うシルエットのドレスは、
トレーンの長さやスカートのボリュームを変えて、
たくさんのデザインがそろっています。選べないという花嫁さまも多く、
迷ってしまうという声もあるのがここに紹介するラインナップです。
基本的なシルエットの紹介のほか、会場との相性なども見ていきましょう。

【プリンセスライン(ベルライン)】

ウエスト部位でスカートの切り替えがあり、
円形かつ釣り鐘のようなイメージのスカートがついています。
たっぷりとしたスカートのボリュームが印象的で、
お姫様のように愛らしい雰囲気が人気です。
ウエディングドレスとしては、最もポピュラーなデザインで、
下半身にボリュームが出るので華奢に見えるのが特徴です。

レースやフリル、リボンなどでボリュームが作れるため、
ふくよかな体系の方や身長が低いという人にも選ばれています。
また、上半身はタイトなデザインとなるため、
バストサイズに自信が持てない人でも似合います。

ホテルウエディングや教会婚など、会場を選ばないのもうれしいですね。
ただし、裾にボリュームが出やすいので、
レストランウェディングなど小規模の会場には不向きです。

 

【Aライン】

胸もしくはハイウエストでスカートの切り替えがありますが、
スカートのボリュームを抑え、アルファベットの
Aの形に見えることから「Aライン」と呼ばれています。
スカート自体のふくらみは少ないのですが、
たっぷりとったドレープが直線的な裾の広がりを作り出しているので、
華やかに見せてくれます。特に、トレーンのように
バックスタイルの裾を長く伸ばすデザインが人気です。

フリルやレースなどはメインとして使わず、
生地の量でスカートのボリュームを作るのが特徴です。
そのため、シンプルかつ上品なイメージが生まれます。
縦長のシルエットに見せてくれるため、
身長の高さが問われないのがメリットです。
こちらも、ふくよかな方やボディラインに自信がないという人でも似合うタイプです。

こちらも、スタンダードなタイプですので、
場所を選びません。スカートのボリュームが絞られるので、
小規模会場にもおすすめです。
しかし、大人びたデザインよりなので
カジュアルウエディングの場合は若干場違いな印象を与えてしまうかもしれません。

【ミニ丈/ミモレ丈】

若い世代の花嫁さまに選ばれるようなったのが、
ミニ丈です。膝丈~膝上丈のミニドレスで、
大きく膨らんだスカートや、たっぷりフリルを作った
パニエとセットで華やかさや愛らしさを演出できるメリットがあります。
ウエディングドレスとして選ばれることもありますが、
どちらかといえばお色直し時のカラードレスなどに選ばれることが多いようです。

ミニ丈のドレスは、小柄な花嫁さまに選ばれる傾向にあります。
ただし、花嫁は肌の露出を抑えるものといった
古くからの考え方を持つゲストもいるので、
教会婚やホテルウエディングには不向きです。
小回りが利くので、ガーデンウエディングなどの
カジュアルウエディングシーンにおすすめします。

また、ミモレ丈はくるぶしの少し上、
膝下15cm程度の長さのドレスです。
ミニ丈より落ち着いて見えるのが特徴です。
装飾に凝ったドレスもありますが、
ワンピースのようなシンプルなデザインなど
着る人の状況に応じたデザインがそろっているのがこのラインです。

家族だけの小規模結婚式や、1.5次会といった
カジュアルな場面で着用する人が増えています。

▽カラードレスに関する記事はこちら


お色直しで着たい人気のドレスは?デザインやカラーについて解説!

身長が高い花嫁様におすすめシルエット

1 2 3
次のページ
ウェディング診断
続きをアプリで読む