2020.12.26

マーメイドドレスに合うヘアスタイルやメイクは?小柄・ぽっちゃりの花嫁も身長を気にせず着こなせる?

花嫁コーデ
結婚お役立ち情報
129 views
続きをアプリで読む

ウェディングドレスの定番デザインと言えば、上品でクラシカルなAラインや
お姫様のようなプリンセスラインですが、
最近は足が長く見えるエンパイヤーライン、
大人の女性らしいシンプルなスレンダーラインも人気があります。

そして、2021年のトレンドは女性らしい優美なシルエットが魅力のマーメイドラインです。
マーメイドドレスは背が高いモデル体型の人しか似合わない…
とあきらめている小柄な花嫁さんやぽっちゃり体型の花嫁さんでも、
実はぴったり着こなせるドレスなんです。

目次[]
  1. マーメイドラインはどんなドレス?
  2. 身長が低くてもぽっちゃりでも大丈夫!
  3. ぽっちゃり体型でもメリハリをつければOK
  4. 肩幅が広いがっちり体型の花嫁にはオフショルダーをおすすめ
  5. ヒップが大きい人に似合うのはマーメイドドレス

マーメイドラインはどんなドレス?

マーメードラインのドレスはその名のとおり、人魚のようなラインのドレスです。
上半身からひざにかけては体に沿ってタイトにフィットし、
すそがギャザーやフレアーで人魚の尾びれのように広がります。
シルエットが優美な曲線を描くので、女性らしい体型を強調できます。
すらっとして見えるのに、華やかでエレガントです。

スレンダーな人にしか似合わないと思われていることが多いですが、
実はバストやヒップにボリュームのある女性の方が似合います。
くびれが強調され、メリハリがつくので、
体型にコンプレックスのある人にこそおすすめしたいデザインのウェディングドレスです。

素材やデザインによって雰囲気が大きく変わるので、
いろいろなタイプのドレスを試着して、最高の1着を選びましょう。
透け感のあるオーガンジーやシフォンを使ったドレスは、
柔らかく優しい印象になります。すそにボリュームが出ても軽やかに見えます。
ナチュラルな雰囲気にもなるため、ガーデンウェディングなどにも似合います。

シルクやサテン素材ならハリがあり、クラシカルな印象で高級感があり、清楚で上品になります。

体のラインが美しく見えるので、スレンダーで身長の高い花嫁にぴったりです。
レース素材のドレスを選べば、落ち着いた大人っぽい雰囲気にも、ゴージャスな雰囲気にもなります。
マーメイドドレスと言っても、素材によって雰囲気がかなり変わるので、会場や自分の体型、雰囲気に合わせて選べます。

▽ウェディングドレスの選び方についてはこちら


ポイントを抑えれば大丈夫!雰囲気バッチリの上手なウェディングドレスの選び方

身長が低くてもぽっちゃりでも大丈夫!

スレンダーなシルエットのマーメイドドレスは身長の高い人に似合うイメージですが、
身長155㎝以下の小柄な花嫁さんにも着こなせます。
ヒールの高いシューズを履いて、身長をカバーすることができます。
10㎝以上のヒールを選べば、マーメイドドレスをきれいに着こなせるはずです。
動き回る必要があるので、ヒールが太く、安定感のあるシューズを選びましょう。

ただし、新郎とのバランスには気をつけてください。
2人並んだ時のベストなバランスは身長差10~15㎝だと言われています。

ヒールの高い靴を履きたくないという場合でも、
似合うデザインを選べばOKです。上半身に刺繍やビーズ、
レースなどの装飾やポイントがあると、目線が上に集まります。
スカートは、切り替えの位置が高めで、
膝よりも上の位置ですそが広がると、バランスよく見えます。

ボリュームのあるヘッドドレスやヘッドアクセサリーをつけて、
トップにボリュームを出しましょう。ロングヘアの花嫁なら、
高めの位置でアップにすると縦のラインが強調できます。

ブーケは垂れ下がるキャスケードやティアドロップ、
カラーなど直線的な花を使ったアームブーケなどがおすすめです。
キャスケードの場合は、あまり長く垂れ下がらないようにバランスには気をつけましょう。

ぽっちゃり体型でもメリハリをつければOK

華奢な体型よりも、バストとヒップにボリュームがある方が
マーメイドを美しく着こなせます。ぽっちゃり体型さんは
ふんわりした袖やスカートでボディラインを隠そうとしますが、
思い切って出すべきところを出した方がスッキリして見えます。
ですから、ぽっちゃりさんには肩や腕を出す
ビスチェタイプのマーメイドをおすすめします。

下半身にボリュームの出る、すそがたっぷり広がるデザインを選ぶといいでしょう。
ボリュームが足りない場合は、取り外しできるトレーンを付けましょう。
ロングトレーンを付けると一気に華やかになります。

さらに、ビジューやリボンなどでウエストマークのあるデザインや、
サッシュベルトでウエストマークすると、くびれを強調できてメリハリがつき、
細見えします。ガードルやドレスインナーなど補正下着を活用するのもアリです。
ただし、式の最中に苦しくならないように、試着して、
締め付けすぎず体に合った下着を選んでください。

髪の毛はアップにして、顔周りをスッキリ見せましょう。

肩幅が広いがっちり体型の花嫁にはオフショルダーをおすすめ

肩を隠そうと長袖や半袖のドレスを選ぶと、逆に肩幅が目立ってしまいます。
潔く肩を大胆に出したビスチェタイプをおすすめします。
鎖骨が見えると、がっちり感が弱くなります。マーメイドドレスなら
すそにボリュームがあり、動きが出るので、逆三角形にならずバランスよく見えます。

オーガンジーやシフォン、レースなど、シアーな素材を使っていると、
がっちり体型をカバーし、柔らかい雰囲気になります。
片方の肩だけ出すワンショルダーも、肩幅のある花嫁に似合います。
肩幅を見せたくない花嫁は、透け感のある素材のケープを羽織るのも効果的です。

ポートネックやオフショルダーなど首の詰まったデザイン、
肩の一番広いところが強調されるデザインは避けましょう。

ヒップが大きい人に似合うのはマーメイドドレス

ヒップが大きい人に一番似合うのがマーメイドドレスです。
ひざからふんわりと広がるスカートラインが、ヒップの丸みをきれいに、
スタイルよく見えます。マーメイドドレスを格好よく着こなせるのは、
ヒップにボリュームのある体型なのです。

ヒップの大きさをあまり目立たせたくないなら、バックにコサージュやリボンなど、
装飾のあるタイプを選ぶとよいでしょう。逆に、ヒップが小さい人も、
バックにボリュームのある装飾があると、全体のバランスが良く見えます。

▽ブライダルインナーについての記事はこちら


ウエディングドレスが引き立つブライダルインナーの選び方

マーメイドラインのウェディングドレスが似合うメイクやアクセサリー

1 2 3
次のページ
ウェディング診断
続きをアプリで読む