2019.9.30

0 この記事をクリップ

結婚式の席札にメッセージを書きたい!どんな文がおすすめ?

ウエディングアイテム
結婚お役立ち情報
449 views

結婚式の席札は、式に出席してくれたゲストがどこに座ればよいかを記したものです。ゲストによっては食物アレルギーがあったりして特別な食事を準備していることもありますし、子供にはお子様向けの食事を出すため、ゲストの席札は大きな役割をしています。それに、結婚式場内では同じようなテーブルがいくつも並んでいるので、ゲストにとってはどこに座ったら良いのか分からなくなってしまうことも少なくありません。そうしたトラブルや混乱を避けるために使用するのが、席札なのです。

結婚式の席札はメッセージ入りが定番

席札は、一般的には結婚式場が準備してくれることが多く、各ゲストの名前が書かれた札が各席のテーブルに置かれています。新郎新婦によっては、式場が準備した席札に一言ずつメッセージを書きたいと希望することがあったり、席札は式場ではなく自分たちで準備したいということもあります。そのため近年では、式場における席札は、ただゲストの名前が書かれているタイプよりは、一言そのゲストに対するメッセージがかかれたものが定番となっています。

▽席次表やメニューの手作り記事についてはこちら

席次表やメニューを一冊に!おしゃれで本格的な手作りペーパーアイテム☆

メッセージの書き方

席札は、それほど大きなものではありません。そのため、お手紙を書くようにダラダラとかくのは避けたほうが良いでしょう。それに、式に出席してくれるゲストの中には、会社の同僚や幼馴染のように気ごころが知れた相手もいれば、会社の上司などのように話をするだけでも緊張してしまうような相手もいますし、遠い親戚やその子供になると、正直あまり親しくないから何をかけばよいか分からないということもあるかもしれません。

席札の書き方としては、相手が誰であっても基本的には3行ぐらいの簡単な文章が基本となります。1行目には、結婚式に出席してくれたことに対するお礼を述べ、2行目には二人でこれから頑張るという決意の気持ちを述べ、そして3行目にはこれからも末永くよろしくお願いします、という言葉で締めくくりましょう。難しい言葉を選ぶ必要はありませんし、一人一人にプライベートなメッセージを贈る必要もありません。各席札に手書きで簡単にお礼の言葉が述べられていれば、出席してくれるゲストは温かい気持ちになってくれることでしょう。

メッセージの中にも細かい配慮

席札のメッセージは、限られたスペースの中に簡潔にお礼の言葉を書くことが基本です。しかし、簡潔な言葉の中にも相手に対する細かい配慮を見せることは可能です。例えば、遠くから足を運んでくれたゲストに対しては、「本日は、私たちの結婚式にご出席いただきましてありがとうございます」だけではなく、「本日は遠方から私たちのために来ていただき、ありがとうございます」にしたほうが、受け取る相手にとっては喜んでもらえるかもしれません。

メッセージは基本的には新郎新婦とゲストとの個人的なやり取りになるため、口調などは相手との関係によって変えても問題ありません。中の良い友人に対してなら、「今日は私達の結婚式に来てくれてありがとう!」でも良いでしょう。しかし、相手との関係性がはっきりしにくい場合や、あまり交流がない場合には、失敗しないためには少し硬めの文章の方が、相手に対して失礼に当たりません。

大人のゲストに対するメッセージなら、ある程度基本的な流れを抑えた内容なら失敗することはありません。しかし親戚の子供などに書くメッセージでは、子供にとって読みやすくて分かりやすい内容にしたほうが、喜んでもらえることでしょう。例えば、「今日は来てくれてありがとう。●●ちゃんが来てくれてとっても嬉しいです。美味しいご飯を用意したので、たくさん食べてね。」なら、子供は式の食事を楽しみしてくれるのではないでしょうか。また、「●●ちゃんの大好きなケーキ、たくさん食べて楽しんでね。」というメッセージも、子供に対してならアリです。

子供に対するメッセージは、注意しなければいけない点があります。それは、その子の年齢によっては子供向けのメッセージではなくて大人扱いしたメッセージの方が良いことがあるという点です。小学校の低学年ぐらいまでなら、子供向けのメッセージでも問題ありませんが、小学校の高学年ぐらいからは、できれば大人と同じような内容の文章に近づけたほうが喜んでもらえます。例えば、「今日は私達の結婚式に出席していただきありがとうございます。●●ちゃんが来てくれて、とても嬉しいです。ぜひ、今度は家にも遊びに来てくださいね。」とすれば、近い距離間を感じることができますし、大人と同じような文章なので読んだ側は嬉しい気持ちになるのではないでしょうか。

意外と難しい両親へのメッセージ

結婚式の席札メッセージは、両親のものにもきちんと書きたいものです。式のエンディングで両親に対するお手紙を披露する場合でも、席札には簡単にお礼の言葉を述べておきましょう。書き方としては、あまり堅苦しくならず、ストレートに気持ちを伝えると良いでしょう。例えば、「お父さん、お母さん、今まで本当にありがとうございました。結婚してお父さんとお母さんのように幸せな家庭を築いていきます。これからも未熟な2人を見守ってください。」などは、ベーシックな文章ながらも、しっかりと両親に対する感謝の気持ちを伝えることができるでしょう。

席札メッセージにも書き方のマナーがある

簡潔な言葉で感謝の気持ちを表現する席札のメッセージですが、短い言葉の中にも書き方のマナーがあることを忘れてはいけません。結婚式は慶事のイベントですから、「切る」とか「分れる」という言葉は使うのはNGです。また、「本日はわざわざ来ていただき、ありがとうございます」の「わざわざ」のように、重ね言葉も控えるのがマナーとなっています。重ね言葉には、「わざわざ」以外にも「ますます」とか「たびたび」などいろいろなものがありますし、中には普段からよく使う言葉のために意識せずにウッカリ使ってしまうものもあるかもしれません。しかし、マナーをしっかり守って書くためには、こうした言葉は使わないように細心の注意を払いたいものです。

また、メッセージは3行のメッセージとなることが多く、3つの文章の最後には読点「。」を自然につけてしまう人が多いものです。あまり細かい部分まで気にする必要はないのですが、慶事マナーという点では、物事の終わりを感じさせるような読点をつけるのは控えたほうが良いということになります。そのため、3行の文章は3列に分けて書き、文章の後には「。」をつけないようにした方が良いでしょう。

▽席札についてのアイデア集はこちら

不器用さんでも簡単手作り!席札アイデア&作り方【事例40】ゲストに褒められるアイデア集*

メッセージは何で書くのがベスト?

席札のメッセージは、どんな筆記用具で書かなければいけないとか、どんな色でなければいけないというルールはありません。しかし、見た目が良いという点では、インクに濃淡が出る万年筆やペンを使うのが人気です。文章の中にインクの濃淡が出ることによって、文章に雰囲気や情感を表現できるという魅力があります。ただし、席札の質によっては、インクではにじんでしまうということはありますから、その場合には、にじまないペンやボールペンなどでももちろんOKです。

インクの色ですが、基本的には相手が読みやすい色なら何色でもOKです。結婚式のテーマや色に合わせてインクの色を決めてもOKですが、あまり色が薄いと、ゲストにとっては読みづらくなってしまうため、その点も配慮したほうが良いかもしれません。テーブルクロスや席札の色と全く同じである必要はありませんが、色の系統を統一にすると、センス良くまとまります。

また、席札はそれほど大きなものではないため、そこにメッセージを書くとなると、文字がどうしても小さくなりがちです。しかし、小さな紙に無理にたくさんの文字を書いても、小さすぎて読む人が読めないというのでは本末転倒です。そうならないように、読む側にとって見やすい大きさの文字にしながら、短い言葉でしっかりと気持ちを伝えることができるように、普段から文章力を磨きたいものです。

メッセージが手書きが基本

一人一人に対するメッセージをパソコンなどで書き、最終的にプリントアウトすればよいかな、と考える人は少なくありません。手書きの文字に自信がない人や、インクで書いて失敗したらどうしようと不安な人などもいるでしょう。しかし、席札のメッセージは手書きが基本です。文章を考える際にはパソコンを使ってももちろんOKですが、席札に最終的に書くのは、インクを使って手書きにしましょう。式に出席してくれるゲストの数が多くなればなるほど、手書きだと作業に時間がかかりますし、疲れてくると書き間違いをしてしまうこともあるかもしれません。そうならないように、日数には時間を持って作業をスタートし、乱れた文字にならないように細心の注意を払いながら、一人一人のゲストに対する感謝の気持ちをしっかりと文字で表現できるように心を込めて書きたいものです。

結婚式の席札に書くメッセージは、一言で言うなら出席してくれた人への個人的なお手紙という位置づけとなります。近年では個人的なお手紙でもメールなどが一般的になっているので、手書きのお手紙を贈る機会はそれほど多くはありません。しかし、手書きにすることによって気持ちを伝えることができますし、文字にぬくもりが出るので、感謝の気もちを相手にシッカリと伝えることができるというメリットがあります。

▽手作り席次表に関する記事はこちら

席次表を手作りしたい♡ゲストに大好評だったナチュラル可愛いアイデア集

紙ではない席札ならどうする?

近年では、結婚式の席札についても多様化が進んでいて、ゲストが持って帰れるように名前をプリントしたタンブラーを席札代わりにつかうなど、紙以外の席札が増えています。紙以外の席札を使う場合には、アイテムにマジックで手書きするのは避けたほうが良いでしょう。その際には、はがきよりも少し小さめのサイズのカードにメッセージを手書きして、席札として使うアイテムと一緒にテーブルに置くのがおすすめです。

クリエイタープロフィール
結婚お役立ち情報
関連記事

結婚式のウェルカムスペースのアイデア集*おしゃれに飾るコツって?

adviser
ウェルカムアイテム

ウェルカムスペースを飾り付けるなら知っておきたいアイテム特集♡

adviser
ウェルカムアイテム

ふたりの幸せ写真でウェルカムスペースを埋め尽くす!

adviser
ウェルカムアイテム

褒められウェルカムスペースを作ってくれる人気アイテム5選♡

adviser
ウェルカムアイテム

先輩花嫁の受付サイン12選|話題の海外サイトでFREEテンプレートをget!!

adviser
ウェルカムアイテム