2021.6.12

結婚式場とウェルカムボードの選び方

ウエディングアイテム
結婚お役立ち情報
210 views
続きをアプリで読む

結婚式場はたくさんあるためどこに決めれば良いかわからないものです。自分たちだけでなく、招待客のことも考えて決めなければならないので検討しなければならないことがたくさんあります。結婚式場が決まったら、その会場に設置するウェルカムボードも用意しなければなりません。

ここでは、結婚式場の選び方と決まってから考えたいウェルカムボードのことをまとめています。これから式場探しをする人、ウェルカムボードを検討している人は参考にしてください。

目次[]
  1. 結婚式場選びで重視すること
  2. 結婚式場選びの流れとポイント

結婚式場選びで重視すること

式場選びで重視することはそれぞれのカップルによって違いがありますが、やはり式場の雰囲気を一番重視するというカップルが多いです。次いでロケーションとアクセスになっています。その他には料理がおいしいことやプランナーの人柄が良いなどがあります。

しかし、ここ最近はコロナ禍で思うように動けないこともあり、実際に会場を見て決めるとか、プランナーと直接会って話すことも難しくなっています。直接会えなくても結婚式場側もいろいろ工夫をしており、オンラインで式場選びの相談に乗ってくれたり、オンラインフェアを行っていたりするところがあるので利用してみると良いでしょう。

コロナ禍で結婚式を挙げるのであれば、会場の感染対策はどうなっているのか、広めの会場を用意してくれるのかなど、コロナ対策はしっかりできているかも重視した方が良いでしょう。

▽ブライダルフェアについてはこちら

結婚式場のブライダルフェアは1人で参加してもOK?失敗しないポイントと注意点とは?

結婚式場選びの流れとポイント

式場を選ぶ流れとしては、まずどんな結婚式にしたいか、条件などをまとめます。そしてその条件やイメージに合った式場をいくつか選びます。選んだら式場に見学に行きます。見学が難しい状況ならパンフレット等を手に入れるか、オンラインで案内してくれないか尋ねてみましょう。

見学が終わったら比較して検討し、最終的に決めるというのが一連の流れです。条件に合った式場はインターネットで検索すると見つかりますし、今なら式場検索サイトも充実しているのでそこから選ぶこともできます。

しかし、情報が多すぎると絞りにくいので「式場探しのプロ」に相談するのもおすすめです。オンライン相談やメール、電話などでも相談に乗ってもらえます。自分のイメージに合った式場を絞り込むのは、3~4軒がおすすめです。これより多すぎると見学しきれないこともありますが、余計に迷ってしまうので良くありません。

見学した後にどこかに決めることになりますが、比較するポイントを押さえておくことが大切です。そのポイントはいくつかありますので、一つずつ紹介します。

まず、結婚式場の場所とアクセスです。駅や空港からのアクセスや送迎の有無などが招待客のことを考えられているかをチェックします。

次に会場についてです。希望する挙式ができるか、収容人数はどれくらいか、どんな演出ができるか、会場内は撮影可能か、そして挙式から披露宴会場までの動線はどうなっているかを確認します。披露宴会場の収容人数、レイアウト、希望の演出ができるか、そして自由にコーディネートできるかどうかも重要です。

その他、ゲスト用の更衣室はあるか、クロークはあるかなどもチェックしておきましょう。

また、式場のプランナーやスタッフも気持ちよく対応してくれるかは重要です。もう一つ重要なチェックポイントとして、招待客をおもてなしする料理の内容もチェックし、料金と内容が見合ったものかも確認することが大切です。
招待客は結婚式で出てきた料理のことは結構覚えているものです。「あの結婚式は料理がイマイチだった」などと言われることがないようにしましょう。

結婚式の料金についても、考えている予算内で収まるかどうかチェックすることが大切です。万が一、式を延期やキャンセルすることになった場合に、キャンセル料はどうなるのかも確認しておきましょう。これらのことをしっかり確認し、式場を比較検討して一つに決めます。

契約したらもう他の式場に変更することは難しいので式場選びもポイントをしっかり押さえ、決めるようにしましょう。

結婚式場に置くウェルカムボードの選び方

1 2 3
次のページ
ウェディング診断
続きをアプリで読む