2022.7.8

ドライフラワーを使って結婚式を素敵に演出したい!ドライフラワーのメリット、デメリット、選び方はどうしたら良い?

ウエディングアイテム
DRESSY IDEA
4465 views

【2022年10月】人気サイト比較!豪華特典とブライダルフェア情報まとめ♡

続きをアプリで読む

ドライフラワーはブーケ以外にもブライダルで活躍できる

ドライフラワーは、結婚式ではブーケ以外にもいろいろな場所で活躍することができます。生花を使おうかなと考えていたアイテムでも、代わりにドライフラワーを使うことによって、挙式前に時間に余裕をもって準備することができますし、アイテムによっては挙式の後ずっと楽しめる作品にもなってくれます。

ブライダルで活躍してくれるドライフラワーには、フラワースワッグやフラワーリースがあります。どちらも生花を使ってスワッグやリースを作り、それを乾燥処理してドライフラワーに変身させるわけですが、ブライダルで使うアイテムなら、結婚式場の色や新婦のドレスの色などとバランスが取れる色をベースとして、スワッグやリースを作るのがおすすめです。

例えば、大人っぽい雰囲気の結婚式なら、スワッグやリースに使用するバラは淡い色よりも深紅や濃いピンク色などがオシャレですし、逆にウェディングドレスと相性が良い色や若々しさをアピールしたい時には、パステル系の色の花でまとめるのがおすすめです。

ドライフラワーは、ゲストへのプチギフトとしても活躍してくれます。ドライフラワーはもろくて崩れやすいため、クリアジャーやボックスなどにドライフラワーを入れてオシャレにデコレーションすれば、ゲストは持ち帰ってインテリアとして部屋に飾ってくれることでしょう。

また、結婚式場の各テーブルに飾る生花に加え、ドライフラワーをデコレーションとして使うという方法もアリです。飾り方によっていろいろな雰囲気を演出できますし、新郎新婦が手作りの結婚式を行う場合には、生花ではなくてドライフラワーを使うことによって、時間と手間、そして精神的なストレスを大きく軽減できます。

ウェルカムボードは、ドライフラワーが大活躍してくれる場所として人気があります。ウェルカムボードを手作りする新郎新婦なら、デコレーションの一部としてドライフラワーを取り入れてみるのも良いでしょう。ウェルカムボードにはいろいろなデザインやスタイルがあるので、少しぐらい失敗したとしても、失敗しているように見えないのが大きな魅力です。

選び方って?

1 2 3 4
次のページ
ウェディング診断
続きをアプリで読む