2022.7.8

ドライフラワーの作り方やアフターブーケの魅力

ウエディングアイテム
DRESSY IDEA
8647 views

【2023年1月】人気サイト比較!豪華特典とブライダルフェア情報まとめ♡


アフターブーケはいつから作るべきか

生花は日にちが過ぎることによって、どんどん元気さが失われていきます。そのことを考えると、なるべく早めに取りかかることをおすすめします。
可能であれば、結婚式が終わったその日のうちに取りかかると最良の状態を保てます。

ただ、結婚式が終わったその日は慌ただしくて取りかかれない人も多いです。その場合は、翌日、遅くても翌々日に取りかかるようにしてください。

アフターブーケを作ることを検討している人は、ぶっつけ本番でする前に練習しておくことをおすすめします。例えば、花屋で数輪の花を買って上手くドライフラワーを作れるか試してみましょう。
すべての人とは言いませんが、不器用な人は意外と失敗することもあります。それにいくつかの作り方がありますから、最適な作り方を知るために複数の方法で試してみるのもいいと思われます。

ドライフラワーはインテリアにも最適なので、練習でいくつか作ったとしても邪魔にはならないでしょう。大切な結婚式のブーケで失敗しないために、練習も視野に入れてください。

▽白ブーケの関連記事はこちら

WDとCD両方に合うナチュラルな白ブーケをご紹介♡

アフターブーケを飾る場所

基本的にどこに飾っても問題はありません。花の発色が良ければ良いほど、どこに飾っても違和感を与えないからです。

一番多く飾られている場所は、やはりリビングでしょう。食事の時、団らんの時などに結婚式の思い出を飾ることでより印象的な雰囲気を出してくれます。
ただ、キッチンから近いリビングは湿気の影響を受けやすいので飾る場所に注意してください。

他には、玄関に飾る人も少なくありません。結婚式のブーケは、本人たちにとって幸せの象徴です。
家の入口である玄関先に幸せの象徴を飾ることで、結婚の意識を高めているのでしょう。

ドライフラワーのデメリット

ドライフラワーはメリットばかりではありません。軽く先述しましたが、湿気に弱い、色落ちのリスクなどがあります。特に、初めてドライフラワーを作る人は、デメリットを考えずに作ってしまう傾向があるのです。

そのため、せっかく作ったドライフラワーを湿気が溜まりやすい場所で保管したり、ほこりが溜まったことによってカビを発生させてしまうなどがあります。
ドライフラワーに限ったことではありませんが、何かを作る際はメリットだけではなくデメリットもしっかり把握しておくことが大切です。

アフターブーケを作るための費用相場について

アフターブーケは業者に依頼することで作れる場合もあります。花屋などは料金を支払うことでドライフラワー作成を請け負ってくれることが多いようです。
ただ、業者によって異なりますが4万円前後の費用がかかると言われています。

相場があるわけではないので、業者のさじ加減次第になることも覚えておきましょう。そのため、4万円より低い金額で作れる場合もあれば、4万円を大きく超える場合もあります。ブーケの大きさなども料金設定に影響しているようです。

業者依頼を検討している人は、事前にアフターブーケ作成の料金について相談してみましょう。
もし、業者探しに悩んでいる場合は結婚式場やウェディングプランナーなどに相談してみてください。プランナーなどによっては、そういった業者に詳しい場合もあります。

業者依頼の場合は、挙式前にウェディングプランナーに相談することですぐに手配してもらえるようです。

ヘッドドレスもドライフラワーにしてもらえる

花嫁が被る花冠も、ブーケ同様にドライフラワーにしてもらえます。アフターブーケを業者に依頼する場合は、ヘッドドレスのことも相談してみましょう。
ただ、注意したいのはヘッドドレスのドライフラワーは慣れていない人には難しく感じるでしょう。人によっては、ヘッドドレスのみ業者に依頼する人も少なくありません。

このように、アフターブーケは注目されています。特に花嫁が持つ幸せの象徴であるブーケは、ドライフラワーにして飾りたい人も多いのです。
今まで検討していなかった人も、ぜひこれをきっかけに考えてみてください。最長で1年程度と言われていますが、結婚式の余韻をしっかり味わうことが出来ます。

ドライフラワーだけではなく、プリザーブドフラワーや押し花などさまざまな形で残すことも可能です。これらに興味がある人は、ぜひ業者に相談してみましょう。

▽ブーケの関連記事はこちら

つまみ細工のブーケや髪飾りは和装にも洋装にも合う?

1 2 3
ウェディング診断