2022.7.8

ドライフラワーの作り方やアフターブーケの魅力

ウエディングアイテム
DRESSY IDEA
8644 views

【2023年1月】人気サイト比較!豪華特典とブライダルフェア情報まとめ♡

長持ちさせるためにはどうするべきか

ドライフラワーを完成させた後、長持ちさせるための工夫が必要です。ドライフラワーの一番の敵は「日光」です。直射日光を浴びてしまうと、紫外線によって変色していくのです。
そのため、せっかく綺麗に作れたドライフラワーも色あせてしまい、花の魅力が失われてしまいます。

長持ちさせるためには「湿気」にも気を付けないといけません。湿気の多いところでドライフラワーを保管していると、カビが発生する原因になります。ドライフラワーがダメになるだけではなく、室内の衛生的にも良くありません。
他にも、ほこりが溜まるとカビが発生する原因になります。そのため、ドライフラワーを作った後は、ほこりが溜まっていないか定期的に確認しましょう。

手軽にドライフラワーを作るためには

1週間や2週間の時間をかけずに、パッとドライフラワーを作りたい人もいるでしょう。そんな時に活躍してくれるのが、ドライヤーです。
紙袋にさかさまにしたブーケを入れて、紙袋の口から温風を当ててください。5分程度当て続けることで完成します。

ただ、気をつけたいこととして「花に直接温風をかけないこと」です。花に温風を当ててしまうと、花自体が傷んでしまうので気をつけましょう。
風の調節ができるなら、なるべく一番弱いものでするといいかもしれません。

アフターブーケについて

1 2 3
次のページ
ウェディング診断