2022.7.8

披露宴の花束贈呈の時に贈る両親へのプレゼント、何がいいの?

ウエディングアイテム
DRESSY IDEA
6269 views

【2023年1月】人気サイト比較!豪華特典とブライダルフェア情報まとめ♡

人気のプレゼント

それでは実際に結婚式でプレゼントを渡した花婿花嫁はどのようなものを贈っているのでしょうか。これらは多くの人が選んでいるプレゼントではありますが、もちろんそれ以外のものを贈ってもかまいません。

・フォトフレーム
フォトフレームは、両親へのプレゼントの定番中の定番です。オシャレなフォトフレームはそれ自体がインテリアになりますし、子供の頃の写真を入れたり、前撮りの写真を入れたり、家族写真を入れたりと、いろいろな贈り方ができるでしょう。
市販のフォトフレームを贈る場合は、写真の代わりにメッセージを入れて送るという方法もあります。刻印を入れることが可能な場合は、名前や日付の他に、メッセージを入れてもらうのも良いでしょう。

・時計
時計も人気のプレゼントのひとつです。プレゼント用に、メッセージなどを刻印できる時計もありますから、それをオーダーすれば記念の時計になります。
実用的、かつ記念品としても贈りやすいので、定番のプレゼントといえるでしょう。ちょっと変わったプレゼントにしたければ、置時計ではなくペアの腕時計にして、これからは2人の時間をアクティブに楽しんでね、というメッセージを込めたり、目覚まし時計に自分の声を吹き込んで渡すのも面白いプレゼントです。

プリザーブドフラワー
生花を加工して半永久的にその姿を保てるようにした花です。花束にすることもありますが、ボックスに入れてプレゼントにするのも人気です。
結婚式で両親にプレゼントする場合は、時計やメッセージ、写真などをはめ込んだボックスにプリザーブドフラワーをあしらったなどが人気です。
インテリアとしても素敵ですし、飾りやすく、ボックスに入っているので扱いも楽なのでプレゼントには最適です。

・マグカップ
毎日使うマグカップなどの食器は、いくつあっても困らないという点で安心して渡すことのできるプレゼントです。マグカップにも、メッセージや写真などをプリントできるものもあるので、記念にそういったものを作って渡してもよいでしょう。
逆に、刻印などは入れずに、両親の好きなブランドのマグカップを贈ることもできます。ステンレスの保温マグカップに刻印したものなどは、割れないので毎日気軽に使えて嬉しい、という親もいます。

・お箸
お揃いの夫婦箸も、喜んでもらえるプレゼントです。箸は毎日使うものの、定期的に買い替えが必要になる消耗品なので、とても実用的。
箸にも刻印は可能なので、メッセージの入った世界に一つだけの端を贈ることもできます。コンパクトで軽く、持ち帰りが楽なのも、意外と親には喜ばれます。

・体重米
生まれた時の体重の米を、赤ちゃんのようなパッケージに入れて赤ちゃんの時の顔写真をつけた体重米も人気のアイテムです。
体重と写真のデータを添えてオーダーすれば、その体重で写真をつけた体重米が届きます。おくるみに包まれており、本当に赤ちゃんを抱っこするように抱えることができるので、生まれた時の感覚を再現できるのです。
お米という、絶対に貰っても困らないものであることも、人気の理由といえるでしょう。

・旅行券
好きなところに旅行に行ってもらえるように、旅行券を贈るのもよいでしょう。もちろん結婚する前に育児の手は離れているとはいえ、やはり子どもが結婚して別の所帯を持つというのは、親にとってはひと仕事終えた感覚になるものです。
そんな両親に、ゆっくり二人で旅行に行ってもらうというのも、素敵なプレゼントになります。両親へのプレゼント用に、二人の写真やメッセージを添えたパッケージで贈ることもできるので、金券ではありますが味気ない感じにはなりません。
ただし旅行券の場合は、物を贈るよりも高くつくこともあります。

・生まれ年のワイン
お酒が好きな両親なら、自分たちの生まれ年のワインを贈るのも人気です。育ててもらった年数の味を味わうのは、親にとっても格別でしょう。
名前やメッセージを入れた特別なラベルをつけられる場合もあるので、いろいろ調べてみてはいかがでしょうか。日本酒はあまり年代物を飲む、ということはないので少ないのですが、生まれ年のビンテージ古酒を扱う店もあるので、ワインを飲まない場合はこちらを検討してみても良いかもしれません。

▽両親へのギフトについて関連記事はこちら

結婚式での両親へのプレゼントやギフトは皆贈っている?定番は?

贈らないほうがよいもの

両親へのプレゼントに限ったことではありませんが、結婚のお祝いや結婚に関するプレゼントで贈るべきではないものがいくつかあります。
まずははさみや包丁。これは言うまでもなく刃物ですから、「切る」ことを目的とするものです。「縁が切れる」という縁起の悪い言葉につながるため、刃物を贈るのはよくありません。

同様に、ハンカチも感じで「手巾」と書きますがこれは「てぎれ」とも読みます。切れる、という縁起の悪い言葉を連想させることから、ハンカチを贈るのも良くないとされているのです。
ハンカチなどは、刺しゅうなどを入れて贈るとよい贈り物になりそうなのですが、結婚式には適さないということで、また別の機会に贈るようにしましょう。

それ以外にも、日本茶や櫛も結婚式の贈り物には適しません。日本茶は香典返しなどの弔事に使われることが多いため、櫛は「く(苦しむ)し(死)」を連想させるため縁起が悪いとされているのです。
語呂合わせのようなものなので、気にしないという人もいるでしょうが、結婚式は親戚を含めさまざまな人が訪れるところですから、従える慣習には従っておいたほうがよいでしょう。

まとめ

披露宴の花束贈呈のときに、花束と一緒に両親にプレゼントを渡す人が多くなりました。
これまで育ててもらった感謝の気持ちを込めて、記念になるもの、喜んでもらえるものを贈りたいものです。

一般的にはフォトフレームや時計など、記念になり、しかも実用的なものが人気ですが、贈るものは特に決まりがあるわけではないので、両親に喜んでもらえそうな贈り物をふたりで考えるとよいでしょう。

▽顔合わせの際の手土産に関してはこちら

結婚が決まったら相手のご両親へご挨拶!手土産は?服装は?そんな悩みにアドバイスします

1 2 3
ウェディング診断