2019.11.16

披露宴の花束贈呈の時に贈る両親へのプレゼント、何がいいの?

ウエディングアイテム
結婚お役立ち情報
2868 views
続きをアプリで読む

結婚式で今まで育ててもらった感謝を込めて、両親にプレゼントを渡すのが定番です。最近の結婚式では、9割の花婿花嫁が両親へのプレゼントを渡しています。
もちろん渡す渡さないは自由ですし、何を渡すかも決まりはありませんから、自分の結婚式のプランに沿って決めればよいでしょう。

目次[]
  1. どのタイミングで渡すの?
  2. どんなものがよいか

どのタイミングで渡すの?

結婚式でプレゼントを渡すのは、披露宴の終盤、花束贈呈の時に花嫁が手紙を読むタイミングです。一般的にはこの時に花嫁が手紙を読み、それぞれの両親に花束を渡し、それと一緒にプレゼントも贈呈します。
花束贈呈のみでプレゼントは渡さない場合もありますし、披露宴では花束だけを渡して、プレゼントは後日渡す人もいます。
必ずしも決まったやり方があるわけではないので、自由に決めればよいのですが、せっかく渡すのであれば花束と一緒に渡したほうがその場が盛り上がってよいでしょう。

どんなものがよいか

両親へのプレゼントに、何を渡すかは迷うところです。感謝の気持ちを伝えつつ、両親に喜んでもらえるものとなると、どのようなものを渡せばよいのでしょうか。
選ぶときのポイントとしては、結婚式というセレモニーにふさわしい記念になるものや、両親が喜んでくれるもの、感謝の気持ちが伝わるものなどを選ぶのがよいでしょう。

・記念になるもの
やはり多くの人が考えるのは、記念になるものということでしょう。結婚式の日付が刻印されたものを贈って、この日に結婚したんだな、記念にこれを貰ったな、といつまでも目にすることができるものは、見るたびにお互いのことを思い出すので記念になります。
育ててもらった年月の感謝として、その年月や生まれた時の体重にまつわるものを送る場合もあります。いずれにしても、両親にとっては我が子を育てた思い出が甦る素敵なプレゼントになります。

・実用的なもの
せっかくプレゼントを贈るのなら、実用的なものを贈りたい、という人も多く、実用的なプレゼントも人気です。また、実用的なものに刻印を入れて、記念にもなるように贈るのもよいでしょう。
時計だったら写真たてがセットになっているものだったり、食器にメッセージが刻印されていたりと、実用的でありながら、記念にもなるものが人気です。
また、食品のようのように後には残らないものの、生まれた時の体重にまつわるものにして、感謝の気持ちが伝わりやすいように工夫されたものもあります。

・好みに合ったもの
やはりプレゼントを贈るからには、両親の好みに合ったものにしたいものです。せっかくもらっても飾るのはちょっと、というものではお互いガッカリしてしまいます。
飾るものは特に両親の好みを考えて選ぶようにしたり、喜んでもらえそうなものを選ぶようにしましょう。

・両家のバランスを考えて
基本的には両家の両親に同じものや、お揃いのものを渡します。片方の親だけが喜ぶようなものにならないように、お互い意見を出し合って考えるようにしたいものです。
双方の親にそれぞれが喜んでもらえるものを贈る人もいますし、もちろんそれでもかまいませんが、披露宴の時に渡すので、ある程度大きさや価格は揃えたほうが無難です。

両親贈呈品の相場をチェック♡

1 2 3
次のページ
ウェディング診断
続きをアプリで読む 続きをアプリで読む