2021.11.25

結婚式の準備で用意したいウエディングアイテムは手作り?購入?

ウエディングアイテム
結婚お役立ち情報
689 views

【2022年5月】人気サイト比較!豪華特典とブライダルフェア情報まとめ♡

続きをアプリで読む

ウエディングアイテムを用意する方法

用意するウエディングアイテムの数が想像以上に多くて驚く人もいるようです。たくさんのウエディングアイテムをどのようにして用意するのがよいのかと迷う人もいることでしょう。用意する方法としては、結婚式場に依頼して購入してもらう方法、結婚式場以外のショップで購入する方法、手作りする方法の3つを挙げることができます。

それぞれにメリットデメリットがあるので、それらを確認した上でどの方法を選ぶのかを検討していきます。

まず結婚式場に依頼して購入してもらう方法のメリットは、手間がかからないという点です。用意するアイテムをウエディングプランナーと相談しながら決めていくことができますし、発注などの手続きもウエディングプランナーにお任せすることができます。結婚式の他の準備や仕事が忙しくて、時間が作れないという人にぴったりの方法です。

デメリットとしては、決められたデザインの中からしか選べないことと、費用が高くなる傾向にあるということが挙げられます。

次に、結婚式場以外のショップで購入するという方法です。ウエディングアイテム専門の店舗や通販サイトは多数あるため、その中から自分たちが好きなものを自由に選ぶことができ、これは大きなメリットとなります。

デメリットとしては、店舗や通販業者に発注したり納期などのスケジュールの管理に手間がかかること、ミスがあった場合もすべて自分たちで対応しなければいけないなどが挙げられます。

最後に、手作りする方法です。手作りの人気は高まっていますが、手作りするための材料を揃えてから完成させるまでに時間がかかる、人によっては納得のいくアイテムが作れず後悔するケースもあるというデメリットがあります。

しかし、手作りしたアイテムには世界に一つだけのもので、何にも負けない愛情が込められています。

購入がおすすめのアイテムは?

ウエディングアイテムの購入方法も様々ですが、実際に結婚式を経験したカップルからは、アイテムによってどの購入方法を取るかを決めるのがよいといういう声が聞こえてきます。

結婚式場に購入を依頼することをおすすめするアイテムで多かったのが、ペーパーアイテムです。

・招待状
招待状に結婚式場の名前や住所だけでなく、結婚式場の写真やシンボルマークを記載することができるところもあり、ゲストにとってわかりやすい内容で作り上げることができます。

・席次表と席札
席次表と席札の製作を結婚式場で依頼した場合と他のショップに依頼した場合を比べると、結婚式場で依頼したときの方が記載内容を変更できる締め切りが長いというメリットがあります。

直前になってゲストが参列できないとなっても、結婚式の1週間前までなら席次表と席札の変更が可能としているところも珍しくないようです。このように柔軟に対応してもらえることは、依頼する側の心の余裕にもつながります。

また、結婚式場以外のショップで購入することがおすすめのアイテムは、プチギフトやウエルカムボードなど、ゲストにおもてなしの気持ちや感謝の気持ちを伝えるためのアイテムです。

・プチギフト
プチギフトに関しては会場への持ち込み料の負担はなしとしている結婚式場が多いので、自分たちで商品を検索し、ショップで購入する人が多いようです。

プチギフトの購入を結婚式場で依頼すると、どうしても人と被ってしまいがちです。それが嫌という場合には、自分たちでこだわりのアイテムを選びましょう。

・ウエルカムボード
オリジナリティーは出したいが手作りをする自信や時間がないという人はショップで購入するケースが多いようです。ショップのプロが作ってくれるのでクオリティーが高く、安心感があります。また、ショップに依頼する際はショップのこれまでの作品集も確認し、自分たちが依頼したいテイストのものが作れるかどうかをあらかじめ確認しておくと安心です。

▽100均DIYに関する記事はこちら

100均でDIYできるウェディングアイテムを紹介!~ウェルカムボード・フラワーシャワー・招待状など~

ウエディングアイテムを用意する方法

1 2 3
次のページ
ウェディング診断
続きをアプリで読む