2020.3.31

恋活で失敗しないコツは現実を見つめて飾らない自分を出すこと

結婚の段取り
結婚お役立ち情報
88 views
続きをアプリで読む

今、恋活が注目されています。人生は恋愛がすべてではないとはいえ、せっかくなら素敵な恋人と楽しい時間を過ごしたいものです。自分のことを愛してくれ、自分も相手を愛することができるのはとても素晴らしいことです。

しかし、「恋活をしてみたいけど、失敗するのが怖い」と不安な気持ちになるのも分かります。そこで今回は、恋活に失敗しないために押さえておくべきことを詳しく解説します。

目次[]
  1. 恋活と婚活の違いは結婚を前提にするかどうか
  2. 恋活では積極的にイベントに参加する
  3. 恋活で失敗しないためには飾らない自分を見せるのがコツ
  4. 恋活におすすめの服装を知っておく
  5. 高望みせずに自分と同じ目線の人を探す
  6. 譲れない点を重視して相手を選ぶことがコツ
  7. もっと話したいと感じる相手を逃さないこと
  8. お互いのことをゆっくりと知る余裕を持とう

恋活と婚活の違いは結婚を前提にするかどうか

恋活と婚活では、目的が異なります。恋活は、恋人を見つけることで、婚活は結婚することが目的です。そのため、恋活と婚活では、心構えも注意点も異なります。婚活はゴールが結婚相手を見つけてゴールインすることですから、相手選びも現実的な部分を考えて慎重になることでしょう。単に好みのタイプだからよいというものでもありません。

しかし、恋活は結婚をゴールとせず、恋人を探すためのものです。したがって、婚活よりも気軽に活動できるのが特徴です。世の中には、恋人が欲しくても出会いがなくてさみしい思いをしている人がたくさんいます。一人でさみしく感じている人たちが、積極的に恋人を探すのが恋活なのです。

だからといって、遊び相手を探すのではありません。あくまでも、真剣交際をする相手を探す活動であると考えてください。

▽結婚のための貯金に関する記事はこちら

結婚式の貯金はどのくらいあればいい?結婚に関する理想資金

恋活では積極的にイベントに参加する

恋活で恋人を探すには、なるべく多くの人と出会うチャンスを作ることが必要です。自分一人で出会いを探そうとして友人や知人に紹介を依頼するだけでは、なかなかうまくいきません。そんなときにおすすめなのが、合コンや街コンなどの恋活イベントに参加することです。恋活イベントに参加すれば、同じ目的の人がたくさんいるので、出会いのチャンスがグンと広がります。

恋人を本気で見つけるには、とにかく多くの人と会って話をしてみることが必要です。恋活イベントにも、さまざまなタイプがあるので、興味を持った内容のものを探してみるとよいでしょう。
たとえば、恋活でも料理を学ぶものや、一緒に水族館を見学するものもあります。興味のある分野のイベントを楽しみつつ、恋活もできるので一石二鳥です。

恋活イベントに参加したら、ただアプローチされるのを待っているだけではいけません。この人と話したい、もっと知りたいという相手がいるかどうか、自分から積極的に動いていきましょう。
ただし、ほかの人と盛り上がっているところに、いきなり割り込むのはいけません。自分勝手な人は最も嫌われるので気を付けましょう。さりげなく近づいて様子を見つつ、タイミングを見図らって話しかけるのがベストです。

恋活で失敗しないためには飾らない自分を見せるのがコツ

恋活で失敗しないためには、飾らない自分を見せることがコツです。自分を偽って恋人ができても、長続きさせるのは難しいものです。飾らない自分で恋人を見つけることができれば、そのままの自分で楽しい時間を過ごすことができます。
余計な気遣いが不要なので、デートが終わってぐったりすることもありません。それに、いつか仮面が外れてしまうこともないので気が楽です。

無理をして相手の好みに合わせてみても、すぐにに関係が破たんします。せっかくがんばって恋活をしても、すぐにダメになってしまうのではむなしいものです。
それに、恋活は時間もエネルギーも使うので、あまり短期間に繰り返すのはおすすめしません。ありのままの飾らない自分で恋活し、受け入れてくれる相手を探すのが、時間がかかるように見えても結局は一番なのです。

もちろん、飾らない自分を見せるといっても、何でもよいというのではありません。最低限の気遣いとエチケットは、どんな場合にも必要です。それに、相手に気遣いができないようでは、恋活の場で誰にも見向きされないのも当然でしょう。
誰しも、自分の恋人になる人には思いやりややさしさを求めるものです。ありのままの飾らない自分を見せるのと、相手に最低限の気遣いもせずわがままにふるまうのとはまったく違うので気を付けましょう。

恋活におすすめの服装を知っておく

恋活では、たくさんの人に自分を恋人候補として見てもらうことが大切です。飾らないままの自分でいるのがベストですが、服装には最低限の気遣いが必要です。男女共に、基本として清潔感のある服装を心がけてください。
だらしない格好では、恋愛対象外にされてしまいます。特に高価なブランドである必要はないので、洗濯やクリーニングをきちんとした洋服を、変に気崩すことなく着るのが一番です。

男性は、襟付きのシャツにチノパンや細身のパンツといった、カジュアルながらもきちんとして見える服装がよいでしょう。派手な色遣いやプリントもののTシャツなどは、人を選ぶのでおすすめしません。ちょっと物足りないかな、と思うぐらいのシンプルな服装のほうが、意外と好印象につながるものです。

女性は、自分を最も引き立ててくれる洋服を選ぶとよいでしょう。ただし、いくら似合っていても、極端に肌が露出するものはおすすめしません。色っぽさをアピールすることはできますが、遊び相手として近寄ってくる男性が多くなるからです。露出度が少なくても、自分を美しく見せることは十分にできます。

男女とも、洋服選びに自信がないのなら、センスのよい友達にお願いして選んでもらったり、お店に行って店員にアドバイスしてもらったりするとよいでしょう。恋活に着ていくことは内緒にしておき、自分が最も素敵に見えるコーディネートを教えてもらうようにしてください。
中には、思わぬ色やアイテムが自分の魅力を引き出してくれる可能性もあります。第一印象をよくし、自分の魅力を後押ししてくれるような洋服を探してみてください。

高望みせずに自分と同じ目線の人を探す

恋活をするだけで、周囲からうらやまれる恋人がすぐにできるわけではありません。恋活は、自分の力で恋人を探す活動であり、自動的に理想の恋人がやってくるものではないのです。まずは、高望みせずに現実を見ることを心がけましょう。自分のことを棚に上げて、相手にばかり条件を求めていれば、恋活をしても無駄な時間が過ぎていくだけです。

理想の恋人像を持つことは決して悪いことではありません。こういう人を恋人にしたいという理想は、誰にでもあるでしょう。しかし、現実的に無理な条件を掲げているかぎりは、恋人を見つけるのは難しくなります。
恋活を始めるときに、自分が恋人にどんな条件を求めたいのか、具体的にまとめて書き出してみましょう。すると、自分の理想が高すぎるということに気づくかもしれません。もしも、現実的に難しい条件ばかりを並べていたら、もう一度考えてみる必要があります。

恋活で出会う異性も、また皆さんのことを恋人候補として見ていることになります。無茶な理想ばかり追っているのでは、せっかく好意を持ってくれる人が現れても、見過ごしてしまうこともあるでしょう。恋活を成功させるには、理想と現実の折り合いをうまくつけて、ストライクゾーンを広げることが大切です。

▽歳の差恋愛と結婚に関する記事はこちら

年の差婚のメリット・デメリット|先輩花嫁から学ぶ心得とは

譲れない点を重視して相手を選ぶことがコツ

恋活で恋人を探すのなら、譲れない点を重視して相手を選ぶことをおすすめします。どんな人にも、これだけは譲れない点があるはずです。たとえば、レストランなどの店員に横柄な態度を取る人が嫌だったり、時間にルーズな人が嫌だったりなどです。どんなに外見が好みで性格が合いそうな相手でも、譲れない点があるとうまくいきません。

とは言え、自分が譲れないと思う点が相手にあるのかどうかを初対面で見抜くのは、至難の業です。恋活では、多くの人が本当の自分をさらけ出すまでに時間がかかります。自分も相手に対して最初からすべてをさらけ出すのが難しいように、相手もまたこちらを探りながら話をしているのです。恋人としてふさわしい人か見分けるには、時間が必要です。

もちろん、早い段階で話題に出して、相手がどんな反応を見せるかによって判断できる可能性はあります。しかし、こちらに好かれたいために偽っていることもあるのです。大丈夫だと思って付き合っても、デートを重ねるごとに本性が見えてくるので注意しましょう。

もっと話したいと感じる相手を逃さないこと

恋活を続けていくと、この人ともっと話してみたいと感じる人が現れます。この人と思う人が現れたら、チャンスを逃がさないようにしましょう。どんなに見た目が好みであっても、話が合わなかったり会話が続かなかったりすると、交際は長続きしません。ましてや、将来結婚を考えるとなれば、話が合って楽しく会話できることは重要なポイントになります。

もっと話してみたいとか、もっと相手のことを知りたいと感じるのは、あなたの本能が相手を恋人候補として見ている証拠です。1回のデートで終わってしまわないためにも、次の約束を取り付けましょう。
相手もこちらに良い印象を持っていれば、次に会う約束もスムーズにできるはずです。恋人を真剣に探している人ほど、小さなチャンスも見逃したくないと考えているからです。

次に会う約束ができたら、あなたも相手の恋人候補として見られていることになります。まずは、一歩前進したと考えてよいでしょう。

お互いのことをゆっくりと知る余裕を持とう

恋活を成功させるためにも、焦りは禁物です。恋愛は、片方がが先走りすると失敗してしまいます。どんなに相手のことが気になっても、早く親密になりたいと思っても、ゆっくりと時間をかけて関係を育てていく余裕を持ちましょう。

もしも、相手が急いで2人の関係を深めようとするのなら、今後のお付き合いを慎重に考える必要があります。恋活は、恋人を探すためのものですが、中には真剣交際ではなく遊び相手を探している人も多くいます。
いくら素敵な人であっても、遊び相手を探している人では将来が見えません。すぐに結婚を意識しなくても、真剣交際を望む人を探すことが大事です。

恋活を成功させて、心から愛することのできる恋人を見つけられるよう努力しましょう。

▽遠距離恋愛に関する記事はこちら

結婚式を遠距離でも成功させるコツ*不安とプレッシャーからオサラバ☆

ウェディング診断
続きをアプリで読む
続きをアプリで読む