2020.3.29

結婚式披露宴で新郎が行う謝辞のポイント!構成や長さはどうする?

結婚式のマナー
結婚お役立ち情報
1922 views
続きをアプリで読む

結婚式の披露宴においては、新郎やその父親が謝辞を述べる時間帯があります。これは、出席してくれたゲストに対する感謝の言葉を述べる機会なのですが、具体的にどんな事を話すのが良いのか、そして時間はどのぐらいが目安なのかという点が全く分からないという人は少なくありません。

ここでは、結婚式披露宴における謝辞について、知っておきたいポイントをいくつかご紹介します。

目次[]
  1. 謝辞は誰が述べるものなのか?
  2. 謝辞はどのタイミングで述べるのか?
  3. 謝辞はどんな構成にすれば良いのか?
  4. 謝辞の長さはどのぐらいが目安?
  5. 謝辞は例文を参考にするのがおすすめ
  6. 謝辞のスピーチで気を付けたいコト
  7. 謝辞にオリジナリティを盛り込む方法

謝辞は誰が述べるものなのか?

結婚式の披露宴における謝辞は、基本的には新郎と新婦から出席してくれたゲストに対して述べるものです。そのため、新郎と新婦が一緒に挨拶をするのが基本と言えるでしょう。
しかし、結婚式の終盤においては、新婦が両親に向けて感謝の言葉を手紙にして読み上げるなどの演出が行われることがあります。こうした演出が行われる場合には、新郎新婦からの謝辞は、代表して新郎のみが行うというのが一般的です。

また、結婚式の主役は新郎と新婦ですが、招待したゲストの中には新郎新婦の両親の会社関係の人が出席している場合もあるため、両親から直接ゲストに対してお礼を述べたいということがあります。そんな時には、両家を代表して新郎の父親が謝辞を述べるということもあります。

謝辞はどのタイミングで述べるのか?

結婚式の披露宴における謝辞とは、出席してくれたゲストに対してお礼の言葉を述べるものです。そのため、披露宴のプログラムでは、最後に組み込まれるのが一般的です。
披露宴が始まったばかりの最初のタイミングにも挨拶のタイミングがありますが、これは新郎と新婦が行うものではなく、ゲストに依頼をして挨拶をしてもらうため、新郎と新婦から直接ゲストへのお礼を述べるタイミングは、式の最後となります。

もしも新郎と、新郎の父親が謝辞を述べる場合には、まずは新郎の父親が謝辞を述べ、次に新郎が述べるという順番になります。披露宴の主役は新郎と新婦なので、式の最後は新郎の謝辞で締めくくるというわけです。

こうした謝辞のタイミングについては、結婚式会場で一連の流れやプログラムの打ち合わせをする際に、すでにプログラムに組み込まれていることが多いものです。
もちろん、新郎の父親が謝辞を述べるかどうかという点については、両家で相談をして決めればよいですし、述べなければいけないというルールもマナーもないので、新郎からの謝辞のみでも十分です。

謝辞はどんな構成にすれば良いのか?

新郎からの謝辞は、基本的に
1. 挨拶
2. 今後の二人の抱負
3. 結び
という構成になります。

最初の挨拶の部分では、出席してくれたゲストに対して、感謝の気持ちとお礼を述べるというもので、適切な言い方や表現が分からない場合には、マナーブックやネットなどで紹介されている定型文や例文をそのまま引用したり、引用したものを少しカスタマイズしたりして使っても問題ありません。

今後の二人の抱負については、「未熟者の二人がこれから力を合わせて幸せな家庭を築いていく」という内容を伝えるわけですが、この際にはこの結婚式に際して思い出となるエピソードがあったりする場合には、エピソードも簡潔にまとめながら盛り込んでもOKです。
ただし、話がダラダラと長くなるのはNGなので、コンパクトにまとめる自信がない人は、無理にエピソードを盛り込もうとしなくても、無難なスピーチにまとめるという方法も良いでしょう。

最後の結びの言葉は、最初の挨拶の部分と同様に、決まっている言い方やフレーズをそのまま引用するのが無難です。
もちろん、オリジナリティのある言葉や表現でスピーチを締めくくっても良いのですが、結婚式の披露宴はフォーマルな慶事の場なので、しっかりと適切な表現で締めくくったほうが失敗しません。

謝辞の長さはどのぐらいが目安?

披露宴の最後に行う謝辞は、長すぎず短すぎず、ちょうど良い長さで行いたいものです。時間にすると、2分~3分以内に収めるのが良いでしょう。このぐらいの長さのスピーチは、文字数にすると1,000文字から2,000文字程度となりますが、人によって話すスピードは違うため、謝辞の練習をする過程で時間を調整するのがおすすめです。

もしも謝辞の原稿をこれ以上削って短くすることはできないという場合には、話すスピードを少しだけ早くするという方法もアリです。ただし、披露宴の会場ではマイク越しに謝辞を述べることになるので、あまり早口だったりモゴモゴしたりしていると、ゲストにとっては聞き取りづらいスピーチとなってしまいます。

そうならないように、大きな声ではっきりと謝辞を述べ、それで時間を2分~3分程度に収められるように工夫しましょう。

▽新郎の謝辞に関する記事はこちら

新郎謝辞作成のポイントをおさえてしっかり感謝を伝えられるスピーチを!

謝辞は例文を参考にするのがおすすめ

フォーマルな場所における謝辞を言い慣れている人なら、特に例文などを参考にしなくても、ウィットがきいた言葉を使いながら素敵な謝辞を考えることができるでしょう。しかし、これから結婚生活を始める新郎新婦の中には、謝辞を述べること自体が初めてという人は少なくありません。
どんな言葉遣いでどういう風に述べるのが正解なのかを模索しながら、謝辞の文章構成を考えなければいけないことは多いでしょう。

そんな時におすすめなのが、例文や定型文などを参考にして謝辞のスピーチを組み立てるという方法です。
例文や定型文などは、いろいろなものがネットやマナーブックなどで紹介されていて、誰でも参考にできそうな文章が満載です。その中から、自分が気に入ったものや言いやすいものを選びながら、謝辞の文章を作り込んでいくと良いでしょう。

もちろん、例文や定型文をそのままコピーするのでは、オリジナリティが全くありません。そのため、最初の挨拶の部分や最後の締めの部分は、例文をそのまま使った場合でも、謝辞のスピーチの中に盛り込むエピソードなどの部分は、自分なりのスピーチを作ってみてはいかがでしょうか。

最初と最後がシッカリまとまっていれば、スピーチ全体も完成度が高くなるものです。

▽新郎謝辞例文についてはこちら

結婚式のクライマックス!新郎による謝辞の作成の仕方

謝辞のスピーチで気を付けたいコト

謝辞のスピーチを述べる際には、いくつか注意したい点があります。まず1つ目は、謝辞で最も大切なことは、ゲストに感謝の気持ちをしっかりと伝えるという事です。マイク越しにスピーチを行いますが、その際にモゴモゴしていたり、早口すぎると聞いている側ははっきり聞き取ることができなかったり、何を言っているのか分からなくなってしまいます。

それでは、謝辞の意味も目的もなくなってしまうでしょう。そうならないように、謝辞を練習する際には、スピーチのスピードもしっかりと考えながら、大きな声ではっきりと発声することを最重視しましょう。

2つ目に注意したい点は、忌み言葉や重ね言葉などのNGワードに注意するという点です。結婚式のようなフォーマルな場所では、使ってはいけないNGワードがたくさんあります。
近年では、あまりNGワードにはうるさくない人は増えていますが、それでも出席者の中にはマナーに細かい高齢のゲストもいるわけですから、できる限りNGワードは避けるように最善の注意をしながらスピーチの文章を考えなければいけません。

忌み言葉には、「別れ」のように誰でもはっきりと理解できるNGワードに加えて、「忙」のように知らなければ使ってしまいそうなワードもあります。例えば、謝辞の中では「本日はご多忙の中、私達二人のためにお越しいただきまして」というスピーチをしてしまいやすいのですが、ご多忙という言葉はNGワードである「忙」が入っているので、使ってはいけません。
代わりに、「ご多用」という言葉に置き換えることで忌み言葉を回避しましょう。

さらに、私たちが普段から何気なく使っている重ね言葉も、フォーマルな席ではNGです。例えば「ますます」「つぎつぎ」「どんどん」など、どんな意味で使うのかに関係なく、同じ言葉を2回繰り返す重ね言葉は、謝辞のスピーチではNGです。
文章を考える際には、何度も見直すことによって、こうしたNGワードをきちんと取り除き、誰が聞いてもマナー違反にならない謝辞を作りたいものです。

3つ目に注意したい点は、お酒の飲み過ぎに注意するという点です。新郎は結婚式の最後に謝辞を述べるという大役が残っています。そのため、結婚式の中でお酒を勧められても、あまり飲み過ぎないように注意してください。
式の中では、新郎と新婦が各テーブルに回ってゲストにお礼を述べる機会がありますし、ゲストが新郎新婦の所でお祝いの言葉を述べに来てくれます。

そして、その際にはお酒をすすめられることがあるかもしれません。上司だったりすると断れないということはあるかもしれませんが、飲み過ぎると謝辞を述べられる状態でなくなってしまうので注意しましょう。

結婚式会場の新郎新婦が座るテーブルの下には、多くの場合にはお酒を捨てるためのバケツが準備されています。勧められるままにお酒を飲んでいたのでは、どんなにお酒に強い人でも酔ってしまいますから、アルコールの量に関しては十分に注意しましょう。

4つ目の注意点は、必ず謝辞のスピーチを書いたメモを準備しておくということです。結婚式の最中は、新郎も新婦も緊張しているものです。
しかも、謝辞を述べる新郎にとっては、式の終盤にかけて緊張度は一気にアップするかもしれません。頭が真っ白になった状態でもそつなくスピーチができるように、お守り代わりに原稿をポケットに入れておくことをおすすめします。

謝辞にオリジナリティを盛り込む方法

結婚式の最後に行う謝辞では、会場をドンと沸かせるような内容を求められているわけではなく、ゲストに対しての感謝の気持ちを伝える場所です。そのため、大笑いできるようなスピーチよりは、ゲストに感動してもらえるようなスピーチの方がおすすめです。
しかし、謝辞の中に盛り込むエピソードを少し工夫することによって、笑いを誘うことができたり、オリジナリティを盛り込んだりすることは可能です。

エピソードの内容は、コンパクトにまとめることができれば、基本的には結婚式に関するものなら何でもOKです。

▽新郎謝辞の関連記事はこちら

謝辞の長さは短いほうが良い?緊張するなら暗記より見ながら伝えよう

ウェディング診断
続きをアプリで読む
続きをアプリで読む