2020.8.6

アーセンティア迎賓館大阪でこだわり演出を詰め込んだ感動の挙式に**

挙式
まい
265 views
続きをアプリで読む

目次[]
  1. 教会式
  2. アーセンティア迎賓館大阪
  3. チャペル演出

教会式

結婚式といえば牧師さんに読んでいただくイメージもあり、
一生に一回しかできないその経験をしたかったので
教会式にしました。

結婚式といえば教会式のイメージのある
両親や祖父母にとっても、王道の教会式の結婚式の方が、
結婚をしたんだなと感慨深くなってくれるのではないかと思ったので。

アーセンティア迎賓館大阪

披露宴も挙式も行ったゲストハウスの式場です。
チャペルの椅子の向きを向かい合わせにしたことがこだわりです。

その理由として
・アットホームな空気も作り出すことができる
・結婚式に参列したことのあるゲストが多かったので、
皆様に新鮮さをおもてなしできる
・ゲストの皆様が新郎新婦を写真撮影する際に、
前や横の人が被りにくい
・退場時に行ったスターシャワーセレモニーでは、
ゲストの皆様に移動をお願いしなくても少し詰めて頂くだけで済む

アーセンティア迎賓館大阪では、
人前式か教会式か選ぶことができますが、
断然教会式をオススメします!

アーセンティア迎賓館大阪の牧師さんは日本人です。
日本人ならではの言い方や言葉遣いでお言葉を下さるのですが、
私達のエピソードを踏まえた上での
素敵なお言葉に本当に感動しました。

日本人の牧師さんだから言える繊細で温かなお言葉を頂けるので、
アーセンティア迎賓館で挙式される方は
ぜひ教会式を選んで頂きたいです。

チャペル演出

結婚式の1年前に亡くなった父へ、
バージンロードを歩く前に手紙を読みました。
この入場時の1番はじめに読んだことには理由があり、
・父とバージンロードを歩きたかったので、
歩く前に父のことを思い出したかった
・結婚式に父はいないけどこれほど
素敵な人だったんだと皆様に伝えたかった
・披露宴は楽しく笑顔いっぱいにしたかったので、
しんみり感動的な演出はすべて挙式に詰め込みたかった
ゲストの皆様も涙し、まさかの牧師さんまで涙してくれて、
その後の空気はとても温かなものになりました。

誓いのキスは手の甲にしてもらいました!
クロージングキスをしたので口以外の場所に、
と思っていたのですが、跪いて手にキスをしてもらう
王子様キスに憧れがあったので(笑)
女性ゲストからは「自分の時もあのキスがいい!」と
いい反応を頂けました♡

指輪交換のあと、エンゲージカバーセレモニーをしました。
これは婚約指輪を結婚指輪の上から重ね付けることで、
「幸せに蓋をする」という意味があるそうです。

せっかく買った婚約指輪も登場させたかったのと、
新鮮な演出を取り入れてゲストを
楽しませたかったことで行いました。

指輪交換のあと、エンゲージカバーセレモニーの
意味の説明を牧師さんにしていただきました。

退場時にはスター&フェザーシャワーを行いました。
シャワーセレモニーは挙式後にガーデンで行う場合も多いですが、
チャペルの退場時でのシャワーセレモニーに
私は憧れていたことと、
亡くなった父に見守られるようにと
願いを込めて挙式の退場時に行いました。

最後にはクロージングキスをしました!
最後の最後まで皆様に新しい演出で楽しんで頂きたかったので。
クロージングキスは想像以上に驚いてもらえて盛り上がったので、
取り入れてよかった演出だなと思います!

ウェディング診断
続きをアプリで読む