逆プロポーズ

2017.5.4

結婚が一気に近づく!逆プロポーズを成功させるポイントとシチュエーション具体例

婚約・プロポーズ
farny
261 views

女性から男性へプロポーズする「逆プロポーズ」。逆プロポーズをしてみようかな?ともやもやしているあなたのために、成功させるコツをご紹介します。大好きな彼との結婚を手に入れるために、逆プロポーズの成功を目指しましょう!

逆プロポーズとは女性から男性へプロポーズすること

逆プロポーズ

そもそもプロポーズとは、恋人同士であるふたりの間でどちらかが相手に対して結婚の申し込みをすること。一般的にプロポーズというと、男性から女性に対して結婚の申し込みをすることを指します。そこで、「女性から男性へのプロポーズ」という意味で逆プロポーズという言葉が使われるようになりました。

普段から「結婚の話はスルーされる」という人や「結婚について彼がどう思っているのかがわからない」という人は、心中もどかしい気持ちでいっぱいかもしれません。

そんなあやふやな状態で、切り札になるのが逆プロポーズ。女性からあえて結婚の話を切り出すことで、ふたりの関係性がぐっと進展することだってあるんです。ですが、その按配がとても難しいのが逆プロポーズです。押しすぎると彼が引いてしまい、そのまま別れにつながることもあり、とても微妙なラインです。そんな逆プロポーズを成功させるポイントをご紹介します。

逆プロポーズを成功させるためのポイント

逆プロポーズ

逆プロポーズを成功させるためのポイントはさりげなさ。

男性目線で言うと、「結婚についてグイグイこられるとイヤになる」というのが本音のようです。ですが、好きな人に「ずっと一緒にいたいな」とさりげなく言われたら嬉しくない人はいないはず。自然と気持ちがあふれ出るように「結婚したい」という気持ちを伝えるのが成功のポイントです。

成功する逆プロポーズ例

さりげなく自分の気持ちを声に出してみる

逆プロポーズ

成功談をよく耳にするのがこの方法。自宅やデートの車の中などで、「結婚しよう?」「結婚して欲しいな」「お嫁さんになりたいなぁ」と声に出してみる逆プロポーズです。

まだ彼との距離感が微妙なときや結婚についてお互いどう思っているのかわからないというときに、ぽつりと結婚に対する自分の気持ちを言うことで、彼が乗り気になってくれたり、「自分もそう思っていたんだ」と話を進めてくれることがあります。

ポイントはあくまでも「さりげなく」。答えをもとめて質問する感じではなく、まるで独り言のように言ってみてください。

家族や親戚に彼を紹介する

逆プロポーズ

彼との結婚の話を進めるには、とても有効なのがこの方法。お互いの家族や親戚に紹介しましょう。そうすれば、周囲から「結婚はどうするの?」「そろそろ結婚かしらねぇ」という話題が多く出てくるはず。家族や親戚と「結婚」という話が盛り上がれば、今後の将来についてふたりで話すときに「結婚しようか」という流れになりやすいです。彼の中でも心構えができるので、結婚の話がスムーズに進みやすくなります。

ふたりでデートしたときに!やまびこ作戦

逆プロポーズ

海や山にふたりでデートに出かけることがあれば、逆プロポーズの絶好のチャンスです。できれば人気の少ない場所や時間帯に、海や山に出かけましょう。海や山など開放的な場所に行くと、日ごろのうっぷんを叫びたい衝動に駆られることも。彼に、ではなく海や山などの自然に向かって自分の気持ちを叫んでみましょう。

「結婚して欲しいー!」と山に向かって叫べば、最初は彼もびっくりするでしょうが、そのうちおかしさのほうがこみ上げてきて笑ってしまうかも。自分の気持ちをそんな風に伝えてくれたことに対して愛おしい気持ちも沸いてくるかもしれません。突飛な行動かもしれませんが、少し子どもじみたところに可愛らしさを感じるはず。そんなムードも後押しして「いいよ。結婚しよう」と欲しかった相手の言葉を引き出すことができるかもしれません。

ふたりで将来についてを話し合う

逆プロポーズ

ふたりで将来について話し合う逆プロポーズ作戦。これがきっかけで結婚に至ったというカップルも多いはず。「10年後ってどんな風になってるんだろうねぇ」といった話から、「子供は何人くらい欲しいな」という少し踏み込んだ話まで膨らませてみましょう。

家でふたりでまったりしているときがベストなタイミングです。リラックスした状況で「このまま一生、ずっと一緒にいれたらいいなぁ」という風に間接的な発言をするのがポイントです。そのままの流れで、彼から「そうだね。お互いの仕事が落ち着いたタイミングで結婚しようか」という言葉を聞けるかもしれません。

具体的な話にならなくても、今彼が自分との結婚についてどんな気持ちをもっているのかをうかがい知ることができます。

「〇歳までには結婚したいね」と伝える

逆プロポーズ

ふたりで将来についてを話しているときに、それとなく「〇歳までには結婚したいね」「〇年後には結婚したいな」という風に伝えてみる方法です。もしかしたら、そのまま「じゃあ、〇歳までには結婚しようか」という流れになるかもしれません。プロポーズというほどかしこまったものではありませんが、結婚に向けて話がぐっと進む言葉です。

料理の腕が自慢の人は胃袋をつかむ作戦で

逆プロポーズ

料理が得意な人は、彼の胃袋を掴みましょう!「胃袋を掴む!」とはよく言ったもので、朝食や夕食を毎日用意してあげることで、彼の中で「家庭をつくるとこんなに美味しい料理が毎日食べれるのか・・・・・・」と結婚することへのイメージが具体的に沸きやすくなります。彼があなたを手放したくないなぁと思ったらこちらのもの!

あと一押しとして「この料理を毎日作ってあげるね」「この料理、一生食べたい?なら結婚しよ!」と逆プロポーズ。彼はもう「はい」と言わざるを得ないはず♪

遠距離になるタイミングで「別れ」を切り出す

逆プロポーズ

いちかばちかではありますが、付き合いが長いカップルにとっては状況が大きく動くきっかけになるのがこちらの方法。遠距離になるタイミングでの逆プロポーズ。逆プロポーズといっても、「結婚して」というのではなく、「遠距離恋愛を続けられる自信がない。結婚するか別れるか、どちらかを決断しよう!」と話を切り出します。

ここで、あなたと別れたくないと彼が思えば、「ずっと一緒にいて欲しい。結婚しよう。」という話になるはずです。ただ、この方法はほんとうに別れる可能性もあるので、その覚悟は必要です・・・・・・!

一度ふたりの関係を見直してみる

逆プロポーズ

ふたりの付き合いが長いと、お互いの関係がなぁなぁになってきてコレというきっかけもないまま時が過ぎることもあるかもしれません。そんなときは、いちかばちか相手と距離を置いてみましょう。思い切って連絡を絶ってみるのも一つの手。離れてみることで、お互いにとってお互いの存在がいかに大きく大事なものであったのかがわかるはずです。

一度ふたりが相手の存在の大きさに気づくことができれば、逆プロポーズの成功確率も増します。「少し距離を置いてみてあなたの存在がとても大きいことに気づいた。これからもずっと一緒にいたいな」と彼に逆プロポーズしてみましょう。

正々堂々と「結婚してください」とプロポーズ

逆プロポーズ

結婚についての話題を振っても、彼がなかなか踏み切らないようであれば本気のプロポーズをするという方法もあります。雰囲気のいいレストランやホテルの一室などで、タイミングをみて花束とともに「結婚してください」とプロポーズします。ただ、この方法はふたりの関係性が重要です。「プロポーズは男性がするもの」という考えを持っている男性の場合、ひょっとするとプライドを傷つけてしまう可能性もあるので注意が必要です。

逆プロポーズを成功させよう

逆プロポーズについてをご紹介しました。男性からのプロポーズと違って、逆プロポーズの場合はさりげなさがポイントになります。プロポーズの形式よりも、素直に「あなたと結婚したいです」という気持ちを伝えるようにすると、彼もその想いに応えてくれるはずです。プロポーズの方法を考えて、逆プロポーズを成功させましょう!