2020.7.28

【撮影指示書のアドバイス付き】2人が自然体に* 和装&洋装のウェディングフォトレポ♡♥

ウェディングフォト
あにな
89 views
続きをアプリで読む

和装日本庭園美浜園 千葉縣護國神社

和装80000

 

メリット

式当日、和装は着用しない予定でした。
しかし和装での伝統的な婚礼衣装を身に纏いたい気持ちも強かったので
前撮りという形で和装を着用しました。
前撮りは式当日に身につけられない衣装を着用できるというメリットがあると思います。

デメリット

やはり撮影をするのでその分の費用がかかってしまうところです。
節約ポイントだとは思いますが
また、前撮り用の小物を作ったり準備するのが時間もかかり大変でした。
ロケーションフォトで撮りたい写真があっても、
やはり撮影当日の天候に左右されてしまうこともあるので、
なかなか完璧とはいかない点もあるかと思います。

おすすめ構図

撮影指示書は迷いましたが念のため作りました。
インスタで気になるポーズをある程度ピックアップして
当日カメラマンさんにお渡ししたり、
プランナーさんへメールに添付してお送りしました。

和装
・お相撲さんの嫁取りみたいにお姫様抱っこ
・番傘を使ったショット
・手作りのボールブーケと一緒に
・巨大扇子を使ったショット

洋装アートグレイス新浦安

洋装→100000

また、洋装での前撮りは、
式場が大変素敵で夫と2人だけの写真も残したいという気持ちもあったため行いました。
式場ではチャペルが2箇所あり、
実際に挙式するチャペルではない方のチャペルや、
使用予定ではない披露宴会場(別のゲストハウス)での撮影も行えるとお聞きし、
式場全体を使用しての撮影ができる点を魅力的に感じたので行いました。

式当日では撮影できない2人だけのショットや、
式場のさまざまな場所で行うショット、
ドレスの全体写真や後ろ姿など、
ゲストがいないからこそできる撮影が可能な点が前撮りのメリットかと思います。

洋装おすすめ構図

・イニシャルオブジェと一緒に
・ほっぺにキス
・ベール越しに透かしてのショット
・定番だと思いますが、新郎に抱きかかえてもらってドレスをふわっとさせるポーズ
・寝転びショット
・チャペルの前で新郎が跪きプロポーズ
・ドレスの後ろ姿
・手作りのラブオブジェと一緒に
・ダンスをしているようなポーズ

アドバイス

前撮りならではの構図での写真を撮ることができる点が特徴だと思います。

私の失敗談としては、
撮影小物作りなどの準備で忙しく
撮影指示書は前日に作成し選択した画像も
あまり吟味する時間がなくて手当たり次第に選んだものだったので、
後になって見返すとこんな写真を撮ってほしかったのに、
無い!と残念に思う気持ちもありました。

ですので指示書を準備する方は
忙しい中でも時間に余裕を持った方がいいかと思います。
せっかく写真に残すのであれば後悔しないようにしたいものですよね。
ただ、他の方の前撮り写真を見過ぎでも、
色々なポーズがたくさんあって迷いも出てくると思います。

お二人が自然体に写ることができれば
一生の宝物になると思いますので、
準備期間も楽しく、
撮影も楽しく思い出に残るような時間を過ごしていただきたいと思います。

ウェディング診断
続きをアプリで読む
続きをアプリで読む