2019.12.15

0 この記事をクリップ

結婚式や披露宴で大活躍!フラワーペーパーのお花の作りかたと活用法

ペーパーアイテム
結婚お役立ち情報
91 views
続きをアプリで読む

子供の頃、お楽しみ会とか運動会で、フラワーペーパーを使ってお花を作ったことがありませんか?最近の披露宴では、ハンドメイド感を演出することができることから、フラワーペーパーを使ったアイテムがとても人気なんです。

フラワーペーパーでできたお花は生花とは違った雰囲気を醸し出してくれるので、一味違った「おもてなし」をすることができますよね。

披露宴で大人気のフラワーペーパー

フラワーペーパーの枚数を多くすればそれだけ一輪のお花のボリュームが大きくなりますし、またペーパーの先の切り方を変えることでお花の印象を変えることができます。
例えば、束ねたフラワーペーパーの両端を丸く切ればバラのお花が出来上がりますし、両端を鋭角に切り落とせばダリアのお花が出来上がります。ダリアのお花よりもさらに鋭角に両端を切ればデイジーが出来上がるので、自分の好きなお花を作ってみると面白いでしょう。

フラワーペーパーを1色ずつで作るのも良いですが、2色使いにすると美しいグラデーションができたりしてとても華やかな雰囲気となります。また黄緑色のフラワーペーパーをお花の真ん中に置くことでおしべを作ることができますから、より本物に近い雰囲気のお花を作ることができます。

フラワーペーパーはどうやって使う?

フラワーペーパーはいくらでもアレンジが効くアイテムなので、色々な使い方ができます。例えば、披露宴で大変喜ばれるのがジャンボフラワーです。
ジャンボフラワーを使って壁を装飾しておけば、ちょっとした撮影スポットにすることができます。ジャンボフラワーの前で新郎新婦が記念撮影をするだけでなく、ゲストやスタッフの人も呼んで楽しい雰囲気の写真を撮ってみるのもおすすめですよ。

また、単に撮影スポットだけにするのではなく、ウェルカムスペースにどーんとジャンボフラワーを置いてゲストの方々をお招きしても良いでしょう。ウェルカムスペースに思いっきりカラフルなフラワーペーパーのお花を飾っておけば、結婚式が始まるワクワク感をゲストに感じてもらえるでしょう。

地味になりがちな受付のスペースにも、フラワーペーパーは役立ちます。披露宴の受け付けは事務的な対応になりがちなので、カラフルなペーパーフラワーを置くことで受付の係を担当してくれる人にもいらっしゃったゲストにもリラックスしてもらえるでしょう。
さらにフラワーペーパーのお花だと汚れを気にしなくて良いので、受付では生花よりフラワーペーパーのお花の方がおすすめと言えるかもしれません。

また、フラワーペーパーで作ったお花はお子さんたちにも大人気のアイテムです。ゲストの中にお子さんがいらっしゃれば、ぜひフラワーペーパーの前で記念撮影をしてあげてください。可能なら、記念にフラワーペーパーもプレゼントしてあげましょう。

フラワーペーパーのその他のアレンジ方法

ジャンボフラワーは、結婚式や披露宴で一番よく見かけるフラワーペーパーアイテムですが、最近では小さめなお花を作って飾っているものが増えてきています。小さめといっても普通のお花のサイズなので、もちろん存在感はあります。

フラワーペーパーで作ったお花を使って「HAPPY」とか「LOVE」という幸せな言葉のオブジェを作るのも大変人気です。これらのオブジェクトはウェルカムスペースに置くのも良いですし、小ぶりなものであれば新郎新婦やゲスト席に置いても良いでしょう。

さらにワイヤーを使ってリースやブーケにしても可愛らしくておすすめです。リースやブーケならば記念品として自宅に飾ることもできます。
少しこだわってみるなら、ハートやミッキー型などのトピアリーにしてみて植木鉢カップに飾ってみるのも良いでしょう。
トピアリーは一見難しそうに見えますが、発泡スチロールにグルーガンなどを使ってお花を貼り付けていくだけなので、とても簡単です。トピアリーも結婚式や披露宴での装飾にぴったりですし、自宅で飾るのも素敵です。

ゲストにプレゼントを渡すのであれば、ラッピングに使うのも良い方法です。プレゼントの上部にフラワーペーパーのお花を飾ればとても素敵な贈り物になりますから、贈られるゲストも大変喜んでくれるでしょう。

フラワーペーパーを購入してみよう!

フラワーペーパーに興味が出てきたなら、早速購入してみましょう。文房具屋さんや100円均一のお店で購入することができます。ダイソーやセリアなどのフラワーペーパーは、使いやすくカラフルなものが多いので人気も高くなっています。
基本的にフラワーペーパーは、1枚1枚バラになっているものを自分で輪ゴムなどで束ねて形を作っていきますが、ダイソーなどではすでに束になっているものも売られているので初心者の人はそちらを使ってみるのも良いでしょう。

慣れている人であれば、フラワーペーパーではなくキッチンペーパーでも上手に作る人もいます。基本はフラワーペーパーですが、その枠にとらわれることなく色々な用紙を使って作ってみると面白い仕上がりになるかもしれませんね。

▽ペーパーアイテムの関連記事はこちら

結婚式に取り入れたい!オシャレなペーパークイリングのウエディングアイテム

フラワーペーパーのお花の作り方

早速お花を作っていくわけですが、作り方はいたって簡単です。フラワーペーパーを複数枚とって、それを蛇腹に折っていきます。蛇腹に折れたら、真ん中の部分を輪ゴムで止めるか、ホッチキスで止めていきます。前述したように、バラやダリアなど、特定のお花を形作りたいのであれば、蛇腹の両端をはさみで切り落としてください。お花の形に興味がないのであれば、両端は残したままで結構です。そのあと、フラワーペーパーを1枚、1枚丁寧に持ち上げていって、お花を形成していけば、出来上がりです。

披露宴映えするジャンボフラワーを作り方

フラワーペーパーのお花を作りに慣れてきたら、やはり次は大きなサイズのものを作ってみたくなるものですよね。それなら披露宴映えするジャンボフラワーを作ってみましょう!

ジャンボフラワーの場合は普通のフラワーペーパーではなく、厚みや重みに耐えることができるようにラッピングペーパーやクレープ紙のような少しハリのある紙を選ぶようにしてください。

好みのフラワーペーパーを選んだら、その紙1枚1枚が花びら1枚1枚にあたりますので、好みの花びらの形にはさみで切っていきましょう。ハート形や雫型に切り取ると仕上がりが美しいのでおすすめです。
ペーパーの枚数の目安ですが、花が大きくなるのである程度の枚数のペーパーを使ったほうがバランスが良くなります。花びら部分は30枚くらい、葉っぱの部分は5枚くらい用意しておきましょう。

茎の部分はワイヤーで作りますが、ワイヤーがむき出し状態だと味気ないのでブーケなどで使うフラワーテープをワイヤーに巻きつけ、本物の茎のように見えるようにしてください。

次に花びらを茎につけていきますが、中心部分はペーパー2枚を抱き合わせるような感じで、茎に添わせるようにしてつけていってください。花びらをつけるのには、両面テープやマスキングテープを使うと綺麗に貼り付けることができるのでおすすめです。
その上に1枚1枚花びらをつけていきますが、少しずつ位置をずらしながらつけていくと花びらが開いていくように見えるので、本物のお花のような仕上がりになります。外側の花びらは、外側に向いてカールをつけておくと美しく出来上がりますのでおすすめです。最後の緑色の葉っぱのペーパーをつけて完成です。

最初から綺麗なジャンボフラワーを作るのは難しいかもしれませんから、初心者はジャンボフラワーのキットを使ってみるのも良いでしょう。楽天やamazonなどの通販サイトでは、ジャンボフラワーのキットが1,000円台で購入することができます。
ピンクや白、ラベンダーなどカラーバリエーションが多いですし、あらかじめ花びらが綺麗にカットされているので失敗が少なく魅力的なお花を作ることができます。

海外で挙式する時でも、こちらのジャンボフラワーのキットを持っていけば現地での写真撮影に使用することができるのでとても便利です。ハワイなど、自然が豊かな場所でジャンボフラワーを持って写真撮影をしたらとても素敵ですよね!
キットの状態であればかさばらないので、スーツケースに入れても邪魔にならず気軽に海外へ持っていくことができます。

ジャンボフラワーのキットを購入した人の口コミを見てみると、「1個作るのに1時間くらいかかりましたが、綺麗にできたので嬉しかった」とか「多少折れたりシワになったりしても、完成してしまうと気にならなくて良かった」など、概ねプラスな感想を持っている人が多いのが特徴となっています。

▽結婚式で使用したいペーパーアイテムについてはこちら

今人気の結婚式《ペーパーアイテム》45選*IGで話題のオシャレアイデア

フラワーペーパーでブーケを作ってみよう!

結婚式や披露宴のブーケというと生花が一般的でしたが、フラワーペーパーで作られたブーケもハンドメイドの優しい雰囲気が伝わってとても素敵です。ピンクやオレンジ、ブルー、ベージュなど好きな色のお花を組み合わせて、自分好みのブーケを作ってしまいましょう。

作り方は簡単で、まずは好きなだけフラワーペーパーでお花を作ります。ペーパーのお花の真ん中にワイヤーを通し、ワイヤーがずれないように先をくるくる捻って固定します。
これは生花で作るブーケと同じ方法なので、生花のブーケを作ったことがある人なら要領はすぐに理解できるでしょう。初心者の人は、ワイヤーで怪我をしないように気をつけながら作業をしてください。

全てのお花にワイヤーを通したらそれを綺麗に束ねて、リボンをかけたりお好みのラッピングしたら出来上がりです。ジャンボフラワーの時のようにフラワーテープをワイヤーに巻いてあげてから花束にすると、見栄えがよくなります。

フラワーペーパーのお花は生花に負けないほどの優しさと可愛らしさがあります。ぜひ活用して素敵な結婚式&披露宴にしてくださいね!

▽ペーパーフラワー関連記事はこちら

ペーパーフラワーを使った結婚式の飾り付け、ジャイアントフラワーにも注目!

ウェディング診断
続きをアプリで読む 続きをアプリで読む