2020.4.30

結婚式の芳名帳を手作りするアイデアと効率よく準備する方法

ウエディングアイテム
結婚お役立ち情報
261 views
続きをアプリで読む

結婚式の準備を進めるときに、芳名帳も忘れてはいけません。芳名帳は、結婚式に参加してくれた人の名前や住所を記載してもらうためのものです。結婚式場などで結婚式を挙げれば、何もしなくてもサービスとして用意されることもありますが、味気ないという人も多くいます。
せっかくの結婚式なのですから、芳名帳の準備も抜かりなくしておきたいものです。

しかし、芳名帳を準備するときにどんなポイントを押さえておくべきか、どんな点に注意するべきかなどよく分からないことも多いでしょう。そこで今回は、結婚式の芳名帳について詳しくご紹介します。

目次[]
  1. 結婚式に芳名帳を準備する必要がある
  2. 市販の芳名帳を利用すると簡単で便利
  3. 芳名帳はオリジナル製作もできる
  4. 芳名帳はノート式とカード式が主流
  5. バインダー形式など最近のスタイルもチェック
  6. 結婚式当日に記入済みのカードを持参してもらう方法もある
  7. 結婚式の芳名帳におすすめの色と素材
  8. 芳名帳は優れた住所録になる
  9. 個人情報の管理に気を付けること

結婚式に芳名帳を準備する必要がある

結婚式には、必ず芳名帳が用意されています。芳名帳は、結婚式に誰が来たのかをチェックする出席簿のような意味を持っています。皆さんも、結婚式に参列した際に、自分の名前や住所などを記入した記憶があるはずです。

以前は、結婚式場であらかじめ用意された芳名帳をそのまま使用するケースが多く見られました。しかし、今どきの結婚式では、芳名帳にも自分たちのオリジナル性を出したいと希望するカップルが増えています。芳名帳は結婚式の記念品にもなるので、味気ないものでは嫌だと思うのも分かります。

用意されたものをそのまま使えば便利で手間もかかりませんが、何となく味気なくつまらないと感じる人もいます。芳名帳も大切な結婚式のアイテムなのですから、自分たち満足できる方法で準備を進めるとよいでしょう。

市販の芳名帳を利用すると簡単で便利

オリジナルの芳名帳を用意したいけど、手作りする自信がなかったり忙しくて時間がなかったりするのなら、市販の芳名帳を利用すると便利です。今は、市販の芳名帳にもさまざまなタイプがあるので、選びがいがあります。好きなデザインのものを探して購入するだけなので、手間もかかりません。

市販の芳名帳をそのまま使うのもよいですし、ひと手間加えて自分たちのカラーをアピールすることもできます。たとえば、シールやリボンなどでデコレーションしても素敵です。2人の写真や手書きのメッセージを添えると、市販の芳名帳のよさを生かしながら、オリジナル性も加えられるでしょう。

市販の芳名帳を活用するコツは、もともとのデザインとのバランスを考えることです。いくらオリジナル性を出したくても、せっかくのデザインが台無しになってしまうようなアレンジをするのはやめましょう。少しずつ手を加えながら様子を見て、もう少し加えてもよいなと感じるところで完了したほうがバランスよく仕上がります。

芳名帳はオリジナル製作もできる

結婚式の芳名帳は、オリジナル製作も可能です。特に、レストランウエディングなどでアットホームな雰囲気の結婚式にしたいのなら、芳名帳もオリジナル製作することをおすすめします。ハンドメイドが得意なら、すべて手作りしてもよいでしょう。もしくは、友人にお願いして作ってもらう方法もあります。

結婚式の芳名帳なので、明るい色使いを心がけ、お祝いムードがあふれるデザインがおすすめです。また、デザインもさることながら、芳名帳としての機能性もきちんと考えることです。素敵なデザインに仕上げることができても、表紙のデザインを凝り過ぎてゲストが記入する際に困ってしまったり、書いてもらった内容が見づらくなったりしないように注意しましょう。

ゲストに記入してもらうページは、インクがにじみにくい紙を使うのがおすすめです。お気に入りの色やデザインの紙でも、インクが染みやすいと文字がにじんでしまって、ゲストが困ってしまいます。また、後から書いてもらったものを参考にしたくても読みにくかったりするからです。売り場で試し書きをしてみるか、スタッフにアドバイスしてもらって選ぶと間違いがありません。

芳名帳はノート式とカード式が主流

芳名帳の形式には、ノート式とカード式があります。ノート式の主なメリットは、コンパクトなサイズ感です。かさばらず、軽くて持ち運びしやすい点や、保管スペースを取らない点などがメリットです。半面、ページを追加することができないので、ゲストの数が多いと、何冊も必要にあることがあります。また、1人ずつ書いてもらうことになるので、タイミングによってはゲストに並んで待ってもらう時間がかかります。

カード式の芳名帳は、ノート式のデメリットを改善したタイプになります。1人1枚ずつ書いてもらえるので、複数のゲストに同時に対応できるのがメリットです。また、ゲストの数が多くても簡単にカードを追加することができ、後からバインダーにまとめられるのも便利です。
もちろん、バインダー式にもデメリットはあります。ノート形式に比べてかさばるので、保管スペースを取ることや、重さがあるので持ち運びやすさの点では劣ります。

以前は、ノート式の芳名帳が多く見られましたが、今はカード式のものも多く見られます。どんなタイプを選ぶか、好みだけでなくそれぞれのメリットとデメリットを比較して決めるとよいでしょう。

バインダー形式など最近のスタイルもチェック

芳名帳も、従来のスタイルに捉われることなく、自分たちのアイデアを活かして用意する人も増えています。おしゃれなバインダー形式を採用したり、カード式で名前だけ記入してもらった後にツリーに飾り付けたりするなどです。結婚式を新郎新婦だけでなく、ゲスト全員で楽しんでもらいたいと考えるカップルに人気です。

レストランウエディングや少人数形式の結婚式では、規模が小さいからこそオリジナル性あふれる活用方法がしやすいともいえます。
せっかくのアットホームな結婚式なのですから、芳名帳も一工夫して、演出に活用してみることをおすすめします。ユニークな演出をすれば、ゲストからも好評を得られるでしょう。

結婚式当日に記入済みのカードを持参してもらう方法もある

芳名帳は、結婚式当日に受付で記入してもらうのが主流ですが、カード形式なら事前に記入して持参してもらうことも可能です。芳名帳を用意するのは、結婚式に来てもらった人を確認するという意味もあります。そのため、結婚式場に到着すると最初に受付で記入をすすめられることが多くなります。大体は、お祝いの言葉を告げてご祝儀袋を渡した後に記入することになるでしょう。

さて、ゲストでも手にケガをしていたり高齢だったりして、その場での記入が難しいケースもあるものです。芳名帳は、速やかに記入することが望ましい点からも、ゲストに無用なプレッシャーをかけてしまう可能性もあります。
こうしたデメリットを考えて、最近では結婚式の出席予定者にあらかじめ芳名帳カードを送付しておき、記入して持参してもらうケースも増えています。都合のよいときに記入でき、必要に応じてほかの人に代筆してもらいやすいなどがメリットです。

ただし、当日に持参を忘れてしまう人もいるでしょう。そのため、忘れてしまった人のために、当日に改めて書いてもらう準備も必要になります。また、ノート形式のように誰が出席したか分かりづらいというデメリットもあるので、受付でカードを受け取ったら、名簿でチェックするといったフォローが必要になります。

すべてのゲストに結婚式当日に受付で記入してもらう形式と比べて、どうしても作業が多くなることは理解しておきましょう。

結婚式の芳名帳におすすめの色と素材

オリジナルの芳名帳を作成するのなら、色や素材にも注目したいところです。同じ形やスタイルでも、色使いや素材が異なると随分印象が変わります。結婚式を彩るアイテムの一つとして、会場の飾り付けなどと合わせてカラーコーディネートするのもよいでしょう。

たとえば、ブルーは結婚式において幸運をもたらす色とされています。花嫁が青い小物を身に着けると幸せになるとされる、サムシングブルーと呼ばれる言い伝えもあります。中でも、淡くてさわやかなブルーを選ぶとよいでしょう。また、可愛らしい結婚式には、ピンクや淡いイエローがおすすめです。ピンクや淡いイエローは、多くの人に幸せをイメージさせる色なので結婚式向けといえるでしょう。

芳名帳の素材は、基本的には紙を使用するのが基本です。ゲストの名前や住所を書いてもらうためのものですから、使い勝手や書きやすさを考えても、そのほかの素材を使うのは難しいでしょう。ただし、表紙に好きな素材を使うことはできます。

高級感を出したいのなら、ベロア素材の布を表紙に貼ってみるのもよいでしょう。そのほかにも、好きなデザインの布を貼れば、手作り感と温かみが強調されて美しく仕上がります。

芳名帳は優れた住所録になる

結婚式の芳名帳は、今後住所録の作成に活用できます。芳名帳には、参列者の名前と住所・電話番号が記されているからです。結婚式の後にハネムーンに出かけた際、おみやげを送付したいと思うこともあるでしょう。また、夫婦になって初めてのお正月には、仲よく暮らしていることを知らせるために年賀状を出したいものです。

そんなときに、芳名帳が役立つのです。芳名帳に書いてもらった情報をもとに送付すれば、間違いありません。もしかしたら、招待状を送ってから住所が変わっている可能性もあります。中には、結婚して名前や住所が変わった人もいることでしょう。

結婚式当日現在の情報を書いてもらえる点でも、すぐれた住所録であるといえます。

個人情報の管理に気を付けること

芳名帳は大切な人の名前や住所といった個人情報が記載されているため、管理方法にも気を付ける必要があります。うっかりどこかに置き忘れてしまえば、個人情報が流出してしまう恐れがあるからです。

結婚式の参列者という最も大切な人たちに迷惑をかけないよう、十分に気を付けましょう。芳名帳は結婚式に参加してくれた人たちそのものと考えれば、粗末な扱いをしてよいものではないと分かるはずです。
結婚式が終わってから家に戻るまで、気を抜かないようにしましょう。家に戻ったらそのまま放置せず、きちんとした場所に収納してください。

ウェディング診断
続きをアプリで読む
続きをアプリで読む