2020.3.29

披露宴のBGMは結婚行進曲以外にもたくさんある!おすすめの選び方とは?

ウエディングアイテム
結婚お役立ち情報
130 views
続きをアプリで読む

結婚式で流れる曲と言えば、結婚行進曲をイメージする人が多いものです。結婚行進曲は世界的に有名な音楽家メンデルスゾーンによって作られた曲で、結婚式で新郎新婦が入場する際や退場する時によく流れているお馴染みの定番曲でもあります。

しかし、披露宴会場においては、結婚行進曲以外にもたくさんのBGMが使われていますし、シーンごとに曲選びのポイントが異なるということはご存知でしょうか?
ここでは、結婚式の披露宴において失敗しないBGMの選び方をご紹介しましょう。

目次[]
  1. 結婚式のBGMはとても大切
  2. 新郎新婦の前からBGMは必要
  3. 新郎新婦の入場は定番の結婚行進曲が人気
  4. 乾杯の時にもBGMが必要
  5. 余興タイムにもBGMを使いたい
  6. ケーキ入刀のBGMはどうする?
  7. 披露宴で最も長いBGM選びは歓談タイム用
  8. お色直しの再入場ではどんなBGMを使う?
  9. テーブルラウンドのBGMは演出に合わせて選ぼう
  10. 両親への手紙はBGMで涙を誘う
  11. 花束贈呈は家族をテーマにした曲がおすすめ
  12. 新郎新婦の退場と送賓では別の曲の切り替えが大切
  13. 失敗しないBGMの選び方

結婚式のBGMはとても大切

結婚式においては、新郎新婦が入退場する際に結婚行進曲を使うのは定番中の定番ですが、その他にもBGMを流すシーンはたくさんあります。基本的には、どこでどんなBGMを使うのかは新郎新婦が決めることができますが、結婚式場と打ち合わせをしながら決めていかなければならず、プランニングには意外と時間がかかるものです。

そのため、結婚行進曲も含めたBGMについては、できるだけ早い時期からどんな曲を使いたいのかを考え始めたほうが良いでしょう。

もしも、どんなBGMが結婚式にピッタリなのかが分からないという場合には、プランナーに任せることもできます。そうすれば、オリジナリティという点はそれほど期待できないかもしれませんが、結婚式の雰囲気を壊すことがないので、BGMを意識することなく安心して結婚式をつつがなく進められるというメリットが期待できます。

一方、新郎新婦が自分たちのイメージに合わせてBGMを選びたい場合には、自分たちが好きな曲を選べるというメリットはありますが、曲の内容によっては結婚式の雰囲気とミスマッチになってしまう可能性があるので注意しなければいけません。

自分たちで曲を決める場合でも、必ずプランナーに相談しながら、結婚式や会場の雰囲気を壊さないような曲を選びたいものです。

新郎新婦の前からBGMは必要

結婚式の曲というと、新郎新婦が入退場する時にかかる曲しか覚えていないという人は少なくありません。しかし実際には、ゲストが披露宴会場に入場する時から、すでにBGMは流れています。こうしたBGMは、ゲストに対して不快感を与えないような曲が適度な音量で流れているため、ゲスト同士のおしゃべりを邪魔しない曲が計算されています。

もしも新郎新婦が自分たちで曲選びをしたいという場合には、ゲストが入場してから式が進行し、そして最終的にゲストが退場するまでの音楽を、シチュエーションやシーンに合わせて選ぶことが必要です。

例えばゲストが入場する迎賓タイムには、落ち着いた曲の中でも、これから始まる披露宴に対してワクワク感を高めてくれるような曲を選ぶのがおすすめです。具体的には、クラシックをカジュアルにアレンジしたものや、人気のポップソングなど、ゲストが楽しい気持ちになれるような選曲が良いでしょう。

迎賓にかかる時間は30分程度なので、曲は少し長めの尺で準備しておきたいものです。

新郎新婦の入場は定番の結婚行進曲が人気

結婚式の中でも一番の見せ場と言えば、新郎新婦が入場するシーンではないでしょうか。
時間としては5分程度とそれほど長くはありませんが、BGMが大音響で流れ、時間的にも短いため、曲を選ぶ際には、サビの部分の20秒~30秒前ぐらいからスタートするのが良いでしょう。

乾杯の時にもBGMが必要

新郎新婦が入場して披露宴が始まると、いくつかの挨拶が終わってから乾杯が行われます。乾杯の音頭をとるゲストが軽く挨拶をした後で「乾杯!」もしくは「おめでとうございます!」と言えば、披露宴会場の雰囲気は一気に華やかになるものです。このシーンにも、会場の雰囲気を盛り上げるためのBGMは必要不可欠です。

乾杯の際にどんな曲がおすすめなのかという点ですが、クラシックならオーケストラやオペラのように、ボリュームたっぷりのものがおすすめです。もしもボーカルが付いた曲を流すなら、最初から盛り上がったような曲を選ぶと良いでしょう。
時間としては5分程度なので、選曲や全体の長さもしっかりと計算したいものです。

余興タイムにもBGMを使いたい

ゲストが見せてくれる楽しい余興タイムにも、BGMをしっかりと使って会場の雰囲気を盛り上げたいものです。余興タイムに使うBGMは、基本的にはその余興に合ったものを選べば問題ありませんし、クラシックでなければいけないとか、ロックはNGといったルールはありません。

ただし、余興同士で同じBGMになってしまうのは避けたほうが良いでしょう。そのため、複数の友人に余興を依頼している場合には、新郎新婦と友人の間でコミュニケーションを取りながら、BGMが被らないように調整することをおすすめします。

ケーキ入刀のBGMはどうする?

新郎新婦がケーキ入刀を行うシーンは、ゲストにとっては絶好のシャッターチャンスとなり、会場全体が盛り上がる場面でもあります。一般的には、司会者が「ケーキ入刀です」と紹介したタイミングで曲がかかるわけですが、時間としては5分~10分程度とそれほど長くはありません。

曲の選び方としては、アップテンポで楽しくなるような曲をチョイスするのが良いでしょう。

▽ケーキ入刀で使用したい曲に関する記事はこちら

ケーキ入刀では盛り上がる曲をかけたい!定番から流行りまでをご紹介します!

披露宴で最も長いBGM選びは歓談タイム用

披露宴の歓談タイムというのは、お料理が提供されてゲストたちがお料理を楽しむ時間のことです。ゲストは皆さんテーブルに座って食事をしている時間帯なので、このシーンで流す曲は、できるだけ落ち着いたイメージの曲がおすすめです。
BGMなので、ゲストにとってはあまり曲を意識することなく心地よく耳に入ってくるようなものを選ぶのが良いでしょう。例えば、レストランやカフェ、ホテルのロビーなどでは、特に音楽を意識しなければBGMが耳に入ることはありません。しかしこれは、耳にとって心地よく聞こえるBGMが使われているからなのです。

披露宴の歓談タイムは30分以上と長めの時間が確保されているので、ピアノやオーケストラなどのクラシックがおすすめです。

お色直しの再入場ではどんなBGMを使う?

披露宴の多くは、式の途中で新郎と新婦が別々に退場し、お色直しをした上で再入場する流れとなっています。最初の入場では大音響の結婚行進曲が定番ですが、お色直し後の再入場では、ゲストの関心が新婦のドレスに注がれているので、曲のチョイスも新婦のドレスの雰囲気に合ったものを選んでみてはいかがでしょうか。

時間としては5分から10分程度なので、サビの部分をメインに流すことになります。

テーブルラウンドのBGMは演出に合わせて選ぼう

新郎新婦が各テーブルを回ってゲストにご挨拶をするテーブルラウンドは、時間にすると10分から15分程度となります。この時間は、新郎新婦によって演出が異なるので、曲選びは演出がどんな内容なのかによって選ぶのが良いでしょう。

例えば、ゲストを楽しくさせてくれるような演出なら、気分が盛り上がる曲を選ぶと良いですし、光を使った幻想的な演出なら、ロマンチックなクラシックを選んだほうが、全体の雰囲気とマッチするのではないでしょうか。

▽プロフィールムービーに使いたい曲はこちら

結婚式のプロフィールムービーにおすすめのBGM30選

両親への手紙はBGMで涙を誘う

披露宴の終盤には、新郎新婦が両親にあてた手紙を読むシーンがあり、会場全体に感動を誘います。このシーンでは、手紙を読み上げる新郎新婦の声が主役となりますが、BGMがあるのとないのとでは、会場の雰囲気が大きく異なります。やはりBGMを付けたほうが、雰囲気を盛り上げることができますし、感動的なシーンをより感動的にする効果が期待できます。

手紙を読むシーンでは、基本的には静かな感じのクラシックがおすすめです。ロマンチックな雰囲気を持つ曲なら、手紙を読む新郎新婦の気持ち、そしてそれを聞くゲストの気持ちと共鳴して、たくさんの涙と感動を誘うのではないでしょうか。

もしもお気に入りのボーカル曲があり、ぜひそれを使いたいという場合には、オルゴール版などを使って、ロマンチックで感動的な雰囲気を高めると良いでしょう。

花束贈呈は家族をテーマにした曲がおすすめ

新郎と新婦からそれぞれの両親に向けて花束を贈呈するシーンでは、新郎と新婦の口から「ありがとう」という言葉を聞くだけでなく、家族をテーマにした曲を流すことによって、会場の雰囲気をいっそう盛り上げることができます。
ボーカルがついていないクラシック曲や、付いていても言葉をはっきり聞き取ることが難しい洋楽よりは、ゆったりとした速さで言葉もしっかり聞き取れるようなボーカルの邦楽曲を選ぶのがおすすめです。

時間はそれほど長くはなく5分程度なので、サビの部分が最初の方に来るように調整しましょう。

新郎新婦の退場と送賓では別の曲の切り替えが大切

披露宴の最後では、まず新郎新婦が退場した後で、すぐにゲストが退場することになります。そのため、ゲストに退場のタイミングを促すという意味でも、新郎新婦の退場に使うBGMからゲストが退場する送賓BGMへの切り替えは、スマートに行いたいものです。

曲選びのポイントとしては、新郎新婦の退場では、映画のエンディングを彷彿させるようなドラマチックな曲がおすすめですが、時間は5分程度となります。その直後の送賓では、ゲストが心地よく聞けて披露宴の余韻に浸りながら帰路につけるような、アップテンポな曲がおすすめです。

失敗しないBGMの選び方

結婚式の披露宴では、最初から最後までたくさんのシーンでBGMが流れています。結婚行進曲はその中でも目玉となる曲ですが、その他にもたくさんの曲を流す機会があります。失敗しないBGMの選び方としては、新郎新婦の側で使いたい曲をいくつか選んでプランナーに相談し、演出の内容などを考慮しながら、使えるものを取り込んでいく、というスタイルがおすすめです。

全て新郎新婦だけで決めようとすると、簡単そうでなかなか難しいのが、BGM選びなのです。

▽音楽にこだわった結婚式はこちら

生演奏BGMにとことんこだわって…♩*【和×コンサート】をテーマにしたゲスト参加型Wedding❁in名古屋ザ・グランクレール

ウェディング診断
続きをアプリで読む
続きをアプリで読む