2020.8.31

結婚式の写真撮影には人気のプロップスの活用がおすすめ

ウエディングアイテム
結婚お役立ち情報
89 views
続きをアプリで読む

最近の結婚式では、プロップスを上手に使っているケースが目立っています。プロップスは結婚式をより盛り上げてくれる名わき役として、欠かせないものと言えるでしょう。
人生のスタートを楽しく、幸せな思い出として残すためにも、効果的に取り入れていくことがおすすめです。

せっかく来てくれたゲストにも結婚式を存分に楽しんでもらえるよう、プロップスで写真撮影を楽しく彩りましょう。

目次[]
  1. ブライダルのプロップスとは?
  2. 結婚式用のプロップスで人気のあるデザイン
  3. こんなデザインのプロップスはNG
  4. プロップスの色や素材は何がよいか
  5. プロップスを使った写真撮影の注意点
  6. プロップスを手作りしてみよう
  7. 市販品を購入してももちろんOK
  8. 使用後のプロップスはどうする?
  9. プロップスの活用しだいで思い出深い写真撮影を

ブライダルのプロップスとは?

ブライダルのプロップスは、カジュアルな雰囲気の結婚式にピッタリのもので、主に写真撮影の際に使われる小道具のことです。結婚式では、新郎新婦がどうしても緊張しがちです。そのため、写真撮影でも表情が固まってしまい、本来の笑顔が引き出せない場合もあります。
しかし、せっかくの結婚式ですから、写真撮影では最高の笑顔を残したいものです。

そこで、プロップスの出番になります。プロップスを使った写真撮影は和気あいあいとした雰囲気になりやすく、新郎新婦がリラックスできて、自然な笑顔を引き出しやすくなるのです。緊張していると、「笑って」と人に言われてもなかなか上手に笑えなくなってしまうものです。

しかし、プロップスを使って撮影しているうちに、緊張がほぐれて本来の笑顔を取り戻すことができます。

結婚式用のプロップスで人気のあるデザイン

結婚式では、さまざまなプロップスが使われています。特に多いのが、単語系のデザインです。たとえば、「HAPPY」「LOVE」などの定番のほか、「JUST MARRIED」なども人気が高いです。いずれも、結婚式にふさわしい単語であり、記念写真の撮影にピッタリと言えるでしょう。

新郎新婦の名前や参列者の名前をそれぞれ作成し、一緒に撮影するときに手に持ってもらうのも人気です。こうすれば、後から写真を見返したときに、誰と撮影したか一目瞭然なのもうれしいポイントです。特に、参列者が多い結婚式では多くの人と記念写真を撮影する機会が増えます。参列者同士で撮影する場合でも、名前入りのプロップスが用意してあれば助かるものです。

そのほかにも、吹き出しやビックリマークなどのプロップスも使いやすく、ポップな仕上がりの写真を撮影できます。また、ハート形や星形のモチーフも人気です。単語系や名前系のデザインより応用が利くので、後日違ったシチュエーションで活用できるのもうれしいポイントです。

▽フォトプロップスについての記事はこちら

大人気のDIYアイテム!フォトプロップスで結婚式を盛り上げよう♡

こんなデザインのプロップスはNG

プロップスでも、結婚式には向かないものもあります。たとえば、下品な言葉やモチーフは、参列者から苦笑されるので避けてください。若い人には問題ないと思われるレベルのものでも、年齢を重ねた人には通じない表現もあります。

また、結婚式はお祝いの場なので、ネガティブな内容を連想させる言葉や表現もいけません。親しい友達だけの内輪パーティーのノリで作成すると失敗しやすいので、特に注意してください。もしもウケを狙ったプロップスを使いたいのなら、結婚式や披露宴などさまざまな年齢や立場の人が集まる場所はやめておき、二次会などで使用するとよいでしょう。

ただし、新郎新婦が眉をひそめてしまうようなレベルのものは、二次会であっても避けてください。新郎新婦にとって大切な日を、下品だったりネガティブだったりするプロップスで台無しにしないように配慮しましょう。もし自分や自分の大切なパートナーだったらどう感じるかを考えてみれば、やってはいけないことが分かるはずです。

プロップスの色や素材は何がよいか

プロップスの色は、明るさやポップさをイメージできるものが人気です。たとえば、ピンク・イエロー・パステルブルーなどのほかに、ゴールドやシルバーもアクセントとして使うと華やかさが増します。反対に、ブラックやダーク系の色は、多用すると重たい雰囲気になるので、使うときには注意が必要です。

配色パターンによってもガラッとイメージが変わるので、何パターンか作ってみて、ベストの組み合わせを探してみるのもよいでしょう。実際に作成しなくても、パソコンなどでデザインすれば、色のパターンだけを簡単に交換して比較できるので便利です。さまざまな配色パターンを試すうちに、意外な組み合わせが気に入るかもしれません。

使う素材は特に決まりがありませんが、結婚式のプロップスでは、ペーパー製やプラスチック製のほかに、小さなバルーンを使って作ったものも人気があります。立体感があってポップなイメージになるので、SNS映えする写真を撮影できるのが人気の秘密です。そのほかにも、モールなどの素材を使ってアレンジするのもおしゃれに仕上がります。

プロップスを使った写真撮影の注意点

プロップスを使って写真撮影をするときは、角や棒の先でケガをしないように注意してください。よくあるのが、写真撮影に夢中になるあまりに、プロップスが当たってしまうことです。プロップスのデザインにもよりますが、最悪の場合、切り傷などのケガを負う原因になります。

また、プロップスを使う位置にも気を付けましょう。たとえば、新郎新婦の顔の前にかぶるような持ち方をしてはいけません。主役2人の顔を隠してまで使うのでは、本末転倒です。写真撮影をする人が気づけばよいのですが、気付かないまま撮影してしまうことも多いものです。その場で撮影結果を確認するとは限らないので、十分に注意しましょう。

プロップスを手作りしてみよう

ほかでもない自分たちの大切なウエディングなのですから、プロップスを手作りしてみるのもおすすめです。手作りならではの温かさが出て、会場を和ませてくれることでしょう。作り方はとても簡単なので、すき間時間などを利用してコツコツと作業すれば、結婚式当日にも十分間に合います。手作り感にこだわりたい、思い出に残る式にしたいというのなら、自分たちで頑張って作ってみましょう。

まずはどんなデザインにするか、実際に手作りしている人の動画や画像を参考にしてみることがおすすめです。とてもセンスよく、上手に作っていて圧倒されるはずです。その中でも、好みのテイストのものを参考にするとよいでしょう。これはすてきだなと思うものを実際に作ってみたりアレンジしてみたりして、いろいろと試行錯誤を繰り返すうちに、これがベストだという仕上がりに近づきます。最初からうまくできるとは限らないので、焦らずに作成しましょう。

もしくは、信頼できる友達に作ってもらうのもよいでしょう。ハンドメイドが得意な友達なら、とても上手に作ってもらえるはずです。ただし、理想の仕上がりイメージをきちんと伝えておくことを忘れないでください。
友達のセンスで作ってもらったら、結婚式の雰囲気にまったく合わなかったというのでは困ります。思わぬ失敗を避けるためにも、どんな結婚式を予定しているか、どんな感じのプロップスに仕上げてもらいたいかをきちんと伝えることが大切です。

もちろん、作ってもらった友達には相応のお礼を忘れないでください。

▽ウェディングアイテムDIYについてはこちら

ウェディングとラミネート加工をコラボすると、結婚式におすすめのアイデアが生まれる!

市販品を購入してももちろんOK

プロップスは、市販品を購入してももちろん構いません。手作りするのが面倒だったり仕上がりに自信がなかったり、友達に頼みづらかったりすることもあるでしょう。市販品なら面倒な手間も労力も必要なく、作る時間もかかりません。結婚式に向けてそのほかにもやることはたくさんあるので、割りきって市販品を利用するのも賢い方法と言えます。

インターネットで探してみると、ブライダルにピッタリなプロップスがたくさん販売されていますから、好みのものを探してみるとよいでしょう。中には、オーダーメイドを受け付けているところもあるので、自分の好みを反映して作成してもらうこともできます。市販品よりオリジナル性を持たせたいのなら、オーダーメイドが一番です。

なお、市販品も人気が高いものは欠品になる可能性があるので、早めに確保する必要があります。注文しようと考えていたものが、1週間後には売り切れで買えなかったということもあるので、これはと思うものを見つけたら、キープすることをおすすめします。

使用後のプロップスはどうする?

せっかく用意したプロップスも、結婚式で使用した後は不要になってしまいます。でも、そのまま捨ててしまうのではもったいないので、縁起物として出席者に持ち帰ってもらうのもおすすめです。すてきに作られたプロップスならSNSへの投稿にもとてもよく映えますし、縁起物なので喜んでもらってもらえるでしょう。
数が多ければ、結婚式の最後でゲストを見送るときに1本ずつお礼を言いながら配るのも一つの方法です。感謝の気持ちを伝えられるのと同時に、笑顔を届けることもできます。

もちろん、自分たちの記念品として保管しておくのもよいでしょう。ただし、多くても数本にとどめておくことです。プロップスが何十本もあると、保管場所を占有しまいます。また、徐々に傷んでくるので、管理が悪いとカビが生えてしまうこともあります。

欲張って保存しても、カビが生えてしまうのでは悲しくなります。長く思い出の品として保管するためにも、数本だけを厳選して、除湿や防虫対策をきちんとしておくのが一番でしょう。

プロップスの活用しだいで思い出深い写真撮影を

プロップスを活用すると、楽しくて思い出深い結婚式を演出することができます。特に、写真撮影時に使用すれば、見返すたびに思わず微笑んでしまうことでしょう。

いずれにしても、自分たちの結婚式にはどんなプロップスを用意するとよいか、どんなシチュエーションで使用したいかなどをきちんと考えて用意することがポイントです。いくら人気が高いプロップスでも、結婚式や披露宴の雰囲気と合わなかったり、写真撮影時に使いづらかったりするようなものではいけません。

一生に一度の大切な結婚式を大成功に収めるためにも、じっくり考えてみてください。

▽フォトプロップスの関連記事はこちら

結婚式で大活躍してくれるフォトプロップス!作り方やポイントは?

ウェディング診断
続きをアプリで読む
続きをアプリで読む