2022.7.8

6月の花嫁は幸せになれる?ジューンブライドが素敵すぎる♡

結婚の段取り
花嫁お悩み相談室
3386 views

【2022年8月】人気サイト比較!豪華特典とブライダルフェア情報まとめ♡

続きをアプリで読む

farnyをご覧の皆さま、こんにちは♪
今回は、ジューンブライド(June bride)について
ご紹介していきますよ◎

6月に結婚式をすると幸せになれると
言われている理由や

ジューンブライドになる方法について
一緒に見ていきましょう!

目次
  1. ジューンブライドの由来
  2. ジューンブライドのメリット
  3. ジューンブライドのデメリット
  4. 6月の結婚式は迷惑??
  5. ジューンブライドに取り入れたいアイデア集
  6. 日本でのジューンブライドは難しい?
  7. 上手なジューンブライドの取り入れ方
  8. ジューンブライドの芸能人をチェック!
  9. ジューンブライドの離婚率は?
  10. まとめ

ジューンブライドの由来

ジューンブライドとは、直訳すると「6月の結婚」
ヨーロッパ発祥の言い伝えです+。*

6月に結婚式をした花嫁さんは幸せになれると
日本でも広く知れ渡っていますよね◎

諸説は色々あるのですが、
結婚をつかさどる女神が由来と言われています!

説1/女神様のご加護がある

それはギリシャ神話に出てくる女神様*
名前はヘーラーと言ってギリシア神話の中で
最高位の女神に当たります!

ヘーラーは、ローマ名だとユノ、英語名だとジュノ
と呼ばれていますよ+。*

ヘーラーは6月(ジューン/June)の神様なので
6月はヘーラーのご加護のおかげで
幸せな花嫁さんになれると言うわけです*

説2/6月の気候が良いから

日本だと6月は梅雨なので
雨が降っているイメージがありますよね+。

しかしヨーロッパでは6月が
一番雨の少ない季節なんです◎

天気がよく結婚式がしやすいと言われています+。*

説3/結婚解禁日に合わせて

かつてヨーロッパは3月~5月は農業が忙しい時期のため
その時期の結婚禁止というルールがありました。

そのため、結婚解禁の6月になると
結婚式が増えた…という説もあります!

説4/匂いが気にならないから

その昔、お風呂に入る習慣がなかったヨーロッパ。

年に1度の5,6月にだけお風呂に入る
という時代もあったそうです。

お風呂に入ってキレイになった人々が
集まりやすい季節が、6月だったという説です♡

説5/日本ブライダル業界の戦略

これは、よく聞く説ですね♡

梅雨のため、どうしてもオフシーズンになってしまう6月。
6月にも結婚式をする人が増えるように
日本のブライダル業界が、ヨーロッパの言い伝えを
広めたという説です。

6月に結婚式をするカップルは
特別多いというわけではないですが
ジューンブライドの知名度は高くなりましたよね♡

ジューンブライドのメリット

1 2 3 4 5
次のページ
ウェディング診断
続きをアプリで読む