2020.10.10

結婚式の二次会はやるべき?メリットとデメリットを知っておこう

1.5次会/2次会
adviser
3010 views
続きをアプリで読む

結婚式の二次会は、披露宴とは違って親しい友人たちだけを招いて楽しむ宴会のようなものです。
結婚式そのものよりもカジュアルなスタイルでおこなわれることが多く、新郎新婦自身も格式ばることなくリラックスした状態で楽しむことができるでしょう。

ただ、二次会を開くとなれば、結婚式とは別に準備したり、新たに会場を手配したりしなければなりません。
そのため、実際にやるべきかどうか迷っているカップルも多いのではないでしょうか。
そこで今回は、結婚式の二次会はやるべきなのかどうか、開催する場合のメリットやデメリットを中心に解説してみます。

目次[]
  1. 結婚式の二次会とは
  2. 結婚式の二次会をやるメリット

結婚式の二次会とは

結婚式二次会とは

そもそも結婚式の二次会とは、挙式や披露宴とは別に友人などへ結婚をお披露目するために開かれるアフターパーティのことです。
結婚式は一生に一度の大切なイベントですが、式場のキャパシティなどの理由で、挙式や披露宴には招待できなかった友人や同僚なども出てきてしまいます。
そのような人たちにも、自分たちの晴れの姿を披露し、一緒に祝ってもらうために催されるのが二次会です。

また、海外挙式をおこなうカップルの場合、海外への渡航費用の関係から家族だけで挙式をおこなうことも少なくありません。
そのような場合は、帰国後あらためて友人や同僚を集めてパーティを開くことがあります。
このようなパーティも一種の二次会と見なすことができるでしょう。
ちなみに、国内で結婚式をする場合は、式の当日に合わせて二次会をするのが通常ですが、海外挙式から帰国後に二次会を開催する場合は別日をあらためて用意しておこなうというのが一般的です。

結婚式の二次会をやるメリット

結婚式二次会メリット

二次会をやるかやらないかは、それぞれのカップルの選択に委ねられています。
たとえやらなかったとしても角が立ったりするわけではなく、費用や日程の問題からやらないという選択をするカップルも決して少なくありません。
しかし、結婚式の二次会は、開催するメリットがとてもたくさんあります。
それでは、実際どのようなメリットがあるのか具体的に見ていくことにしましょう。

1.結婚式や披露宴に呼べない人も招待できる

結婚式二次会メリット1

結婚式や披露宴には、なるべくたくさんのゲストを招きたいと考えているカップルもいるでしょう。
しかし、実際の結婚式では、友人や同僚を全員招待することは難しいのが現状です。

たとえば、神前式の結婚式では、出席できるゲストは親族だけと決まっていることもあります。
また、会場の規模によっては、限られた人数しか招待できないこともあるでしょう。
とくに友人や同僚の多いカップルは、式に招待できない人が多くて困ってしまうということも珍しくありません。
そんなときに二次会を開催すれば、結婚式や披露宴に呼べなかった人も招待できるようになります。
二次会の開催が式そのものに招待できなかった人へのフォローにもなるでしょう。

二次会の開催スタイルに決まったものはありません。
着席スタイルでも立食スタイルでも良く、カップル自身が自由に決めることができます。
立食スタイルの二次会では、より多くの友人・同僚を招待することができ、特に友人が多いカップルにはおすすめの二次会スタイルといえるでしょう。

特段の決まりのない二次会だからこそ、より多くの人を招待することができ、たくさんの人に結婚を祝福してもらうことができるのです。

2.友人同士の出会いの場になる

結婚式二次会_出会い

結婚式の二次会は、友人や同僚との絆を大切にしたいカップルにとって重要な社交の場でもあります。
二次会そのものがちょっとした同窓会のようになることもあり、久しぶりに会った友人と旧交を深めるための良い機会になってくれることもあります。
新郎新婦にとっては、二次会でお互いの友人や同僚を紹介し合うことになるので、パートナーの交友関係や知らなかった側面を理解するためのきっかけにもなってくれるでしょう。

また、新郎新婦だけでなく、二次会はゲストにとっても新しい出会いの場です。
挙式や披露宴はフォーマルな場所であるため、相手側の友人に良い人がいても声をかけられない場合がほとんどかもしれません。
しかし、よりカジュアルなスタイルで催される二次会なら、友人同士の距離もより近くなるため、二次会をきっかけに新郎新婦の友人同士がカップルになることも珍しくありません。

参加しているのは新郎新婦の知り合いであるため、安心して相手を探せるという点も二次会が恋愛に発展しやすい要因のひとつといえます。
大切な友人同士が仲良くなってくれれば、新郎新婦にとっても喜ばしいことでしょう。
もちろん、カップルだけでなく、お互いの友人同士で新しい交友関係が生まれることもあります。
そこでの出会いが仕事につながることもあり、二次会はさまざまな人同士が新しい交友関係を築くための大切な場所でもあるのです。

3.ゲストとの距離が近い

挙式や披露宴では、演出がたくさんあり、主役である新郎新婦はかなり忙しく動くことになるでしょう。
歓談の時間も限られており、ちょっとした挨拶や写真撮影に費やされてしまうのが一般的です。
そのため、せっかく来てくれた友人とじっくり話をしたりする時間はほとんどないのが現状です。
結婚式には久しぶりに会う友達を呼ぶこともあるため、友人たちと話す時間がないことは、新郎新婦にとっても友人にとっても寂しいことでしょう。

一方、ゲストとの距離が近い二次会なら、挙式や披露宴では話ができなかった友人ともじっくり会話することができます。
よりアットホームな雰囲気で開催される二次会は、新郎新婦もリラックスした状態で臨めるため、肩の力を抜いてパーティを純粋に楽しむこともできるでしょう。

また、披露宴とは違った演出やゲームを用意できるのも二次会ならではです。
新郎新婦自身もお酒を飲んだり、カラオケを歌ったりできるので、友人たちと思いきり楽しみたいというカップルには打ってつけの場だといえます。
友人や同僚だけで開催するパーティなので、上司や親族に気兼ねなく遊ぶことができるのも二次会の醍醐味でしょう。

二次会のデメリットは?

1 2
次のページ
ウェディング診断
続きをアプリで読む