2021.6.29

その日をもっとも輝かせたい花嫁の脱毛方法とは?

花嫁美容
結婚お役立ち情報
269 views
続きをアプリで読む

挙式を控えた花嫁はすることがいっぱいですが、その中でも忘れてはならないのがムダ毛処理です。全身を永久脱毛済みという女性なら良いのですが、そうではないなら侮ることができないのがムダ毛です。

産毛だから、なんていうのも甘い考えにすぎませんし、処理するタイミングを間違えると、肝心の挙式当日に痛い思いをすることになります。360度からくるゲストの熱い視線を受け止められる万全の体制を整えましょう。

目次[]
  1. 脱毛必須場所はどこ?

脱毛必須場所はどこ?

花嫁が忘れてはならない脱毛箇所は、ウェディングドレスを着た時に隠れない部分すべてです。これは、選んだドレスによってもかなり違いがあるので、間近にドレス選びをしたという方は特にチェックが必要でしょう。顔は当然のこととして、うなじ、腕や手、脇、そして背中が代表的な脱毛必須部位です。

特に背中が大きく開いたデザインのドレスを選んだ方は要注意です。バージンロードを歩くときはとてもスローペースなので、ゲストの視線は花嫁の後ろ姿にも長い時間熱く注がれます。そこに大きく開いた美しい背中が見えれば、万が一にもムダ毛があると非常に目立ってしまうのです。腰の辺りまで見える場合は特に入念にお手入れしておく必要があります。

それから、脇が空いているウェディングドレスはとても多いですし、ブーケトスやキャンドルサービスなどでは腕を上げる姿勢になることも考えられます。特にキャンドルサービスの場合、ゲストは座っていて花嫁は立っているので、意外と脇まで見えてしまうものなのです。

また、ここで注意したいのは、脇なら普段から自己処理しているから大丈夫、脇なんてあまり見えないはず、などという油断です。自分では完全に処理したと思っても、毛穴がぶつぶつと汚かったり、色素沈着による黒ずみが目立ったりしてしまうこともあります。

これでは、どんなに素敵な花嫁さんでもゲストはがっかりしてしまうでしょう。結婚準備時期はとても忙しく、ストレスで肌の調子が悪くなる方も少なくないのです。

また、二の腕を露出するウェディングドレスは多いですし、前腕や手の甲、指までしっかりチェックしておきましょう。グローブスタイルという場合も、指輪交換ではグローブを外しますし、手元のアップを撮影するのはよくあることです。お色直しはグローブなしでテーブルラウンドするというなら、ゲストの視線は美しい花嫁の手元に注がれるに違いありません。

それから、ヘアスタイルをアップにする花嫁は多いので、うなじも大切です。自分では見えないところなので、忘れずに処理しておかないと後ろ姿に大きな差が出ることになります。そして、お顔のムダ毛はもっとも重要な部分の一つです。

ムダ毛がないというだけではなく、それによって化粧のノリも良くなりますし、肌がワントーン明るくなって華やかな雰囲気を醸し出してくれます。

忙しいとニキビができやすいという方は、当日にトラブルを抱えないように日ごろからスキンケアを入念にしておきましょう。顔はゲストがアップで撮ることも多いので、後々まで広く残ることを忘れないでおきたいものです。そしてデコルテもケアしておけば、顔のレフ版になってより写真映りを良くしてくれます。

▽睫毛エクステについてはこちら

結婚式の花嫁に大人気!まつ毛エクステの選び方と失敗しないポイント

どんな脱毛方法が良い?

1 2 3
次のページ
ウェディング診断
続きをアプリで読む