2020.10.31

ポイントを抑えれば大丈夫!雰囲気バッチリの上手なウェディングドレスの選び方

花嫁美容
結婚お役立ち情報
661 views
続きをアプリで読む

上手にドレスを選ぶ3つのポイント

ドレスの形や丈の長さについて知ることができたら、自分のニーズに合うものを選んでみましょう。ウエディングドレスは自分の好みだけではなく「自分に似合うか」も大切になります。
自分の好みのものでも、それが自分に似合うかどうかは別問題です。自分の好きなデザインで自分に似合うものを選ぶのが、ウエディングドレス選びのコツとなります。

ドレスを選ぶときには「自分の体型」「式場のスタイル」「似合う色」の3つをチェックしておけば失敗しにくいです。

【自分の体型に似合う形を選ぶ】

ドレスの形によって、似合う体型は違います。Aラインドレスは体型を選ばず誰にでも似合うとされる万能デザインです。しかし他のデザインは似合う体型が異なります。
例えばスレンダーラインやマーメイドラインは、身体のラインにピッタリ沿ったものなので、細身の方に似合うデザインです。反対にぽっちゃり体型の方は、身体のラインが出すぎてしまうのでイマイチと感じる方も多いかもしれません。

ぽっちゃり体型の方やかわいらしい雰囲気が好きな方は、プリンセスラインやエンパイアラインがいいでしょう。

【式場やスタイルに合わせて選ぶ】

式場の雰囲気や披露宴のスタイルに合わせてドレスを選ぶのもポイントです。
レストランウエディングやガーデンウエディングなど、カジュアルな雰囲気の式ならばエンパイアラインやスレンダーラインなど、スタイリッシュなデザインのものが向いています。
式場の格式が高い場合やフォーマルな式の場合は、プリンセスラインやマーメイドラインがいいでしょう。

また、会場の広さもポイントです。通路が広めに取れる会場ならば、スカートの裾がふわっとしたAラインドレスやプリンセスライン、ロングトレーンも素敵に見えます。
反対に少し小さめの会場で通路が狭い場合は、できるだけ裾の広がりが少ないエンパイアラインやスレンダーラインの方が歩きやすく裾が邪魔になりません。

【自分に似合う白を選ぶ】

ウエディングドレスと言えば、カラーは「白」を選ぶのが一般的です。実は白にもいろいろな色があります。よく聞く純白と言われる「ホワイト」は、明るい白です。
全部のウエディングドレスが純白のホワイトだと思うかもしれませんが、実はウエディングドレスの2割程度となっています。肌色が白い方、やや黒い方に似合う色です。

ウエディングドレスで一番使われている白が「オフホワイト」となっています。オフホワイトはホワイトに少しグレーが入っているような白です。オフホワイトが日本人の肌に一番似合うと言われていますので、悩んだときにはまずオフホワイトのドレスを試着してみましょう。

そして「アイボリー」です。アイボリーはホワイトより少し黄色がかかっています。肌が黄色っぽい方に似合う色です。
フォーマルよりもカジュアルな雰囲気になる色なので、会費制の1.5次会やカジュアルウエディングに向いています。

自分にピッタリのドレスを選ぼう

一生に一度の大切な結婚式で着るウエディングドレス、たくさんのドレスの中から自分の好みに合うものを選ぶのはとても難しいです。好みのものを見つけても、実際に着てみると似合わないと感じることもあります。
好みだけではなく、式場の雰囲気やスタイルに合うドレスを選ぶ必要もあるので、悩む方も多いでしょう。

ドレス選びのポイントを抑えれば、自分にピッタリのドレスを選ぶことは難しくありません。一生に一度の大切な式で後悔しないように、ステキなドレスを見つけてください。

▽ドレスの前撮りに関する記事はこちら

ウェディングドレスでの【前撮りフォト】様々なアイディアで撮影してもらいました♡*

1 2 3
ウェディング診断
続きをアプリで読む