2019.9.30

0 この記事をクリップ

プロフィールムービー用の動画を自作する方法とおすすめのBGMは

ウエディングアイテム
結婚お役立ち情報
237 views

結婚式ではいろんな演出がありますが、その中の一つにプロフィールムービーがあります。これは、新郎新婦が生まれ育ってきた環境や二人の出会いを紹介するもので、結婚式に出てくれている人たちに自分たちのことや思い出を共有してもらうために作ります。
高校や大学時代の友人たちならその頃の二人と一緒に過ごした思い出がよみがえりますし、小さい頃は頻繁に会っていたけれども大きくなって何年も会えなかった親戚は、小さかった二人が成長したことを確認して感動することでしょう。言葉だけよりも映像があるととても印象に残りますし、結婚式の出席者すべてが感動したり楽しんだりしてくれます。

「あの二人の結婚式は良かったね」と言ってもらえるようなプロフィールムービーを作ってみましょう。ここでは、プロフィールムービーのメリットや作り方、自作動画の作り方をご紹介していきます。

プロフィールムービーを自分で作るメリット

プロフィールムービーを作って流すカップルは多く、最近では結婚式一式の費用の中にこの作成費超が組み込まれているところもあります。業者が作ってくれるのでクオリティも高いです。
結婚情報誌やインターネットで映像制作会社は見つけられますので、そこへ依頼する人もいます。しかし、費用がその分かかってしまいます。今はこれだけスマホが普及してきて、動画を手軽に撮ることができるようになってきているので、自分たちでムービーを作る人も増えてきています。ムービーを自分で作るのが初めてだという人も、調べながら作ったり、こういう分野が得意だという友人に依頼して作ってもらうことが増えてきました。

自分で作るというのはとても手間がかかるものですが、自分たちの生い立ちを振り返って作ったことは後に思い出に残ります。自作するのは費用がかからないというのが一番の理由だったかもしれませんが、思い出に強く残るというのはとても大きいことです。
自作した人たちのほとんどは、「大変だったけれど作って良かった」という声を寄せています。費用を抑えられるというのももちろんなのですが、思い出作りに自作してみることをおすすめします。

▽リーズナブルなオープニングムービーの記事はこちら

【ココだけの話】リーズナブルなのにハイクオリティなウェディングムービーができるんだって!!

プロフィールムービーは無料で作れる?

プロフィールムービーを自作するためには何が必要なのでしょう。一番は時間と気力と言えます。一から自分たちで作るのですから、最低でも1か月くらいは制作期間が必要となるでしょう。長丁場となりますから、それなりの気力も必要です。
あとは、映像の知識もある程度必要ですし、パソコンとパソコンの知識も必要になります。パソコンで作るのなら、無料で使えるソフトがありますのでそれを使うと良いでしょう。ただし、一から自作となるとやはり思うようなものが作れない、時間がかかり過ぎてしまって結局途中で諦めてしまったという例もあります。
多少の費用がかかっても、確実に作れる方法もありますので、それも知っておくと安心かもしれません。

▽オープニングムービーの関連記事はこちら

オープニングムービー&前撮りはピクニック風♪手作りアイテムやポーズアイデア満載

スマートフォンでもプロフィールムービーは作れる!

最近はパソコンよりもスマートフォンを使う人が多く、プロフィールムービーをスマートフォンで作りたいという場合はどうすれば良いのでしょう。
スマートフォンで作るなら、「クラフトムービー」というサイトを利用すると簡単に作れます。スマートフォンでプロフィールムービーを作るまでは無料でできますが、出来上がったムービーをDVDにする場合は有料となります。
しかし、最初からすべて映像制作会社に依頼するよりもかなり安く作れます。どのスマートフォンにも対応しているので安心です。スマートフォンで作れるなら、ちょっとしたすきま時間を利用してできるので便利です。

上映時間はどれくらいが良いのか

プロフィールムービーは長すぎても短すぎてもいけません。だいたいですが、5分から10分くらいの間で作ると良いでしょう。10分を超えると見ている方は飽きてくるので、10分以内にまとめるようにしましょう。
このムービーは披露宴の合間に流すものなので、進行に支障がないようにあらかじめ式場の担当者に上映できる時間を確認しておくと良いです。
内容の時間の配分は、イントロが30秒、新郎新婦の生い立ちがそれぞれ1分半~2分ずつ、二人の馴れ初めが1分~2分、メッセージが30秒というのが理想的です。だいたい、この間に収まるように内容は考えましょう。

プロフィールムービーのBGMにおすすめの曲は?

プロフィールムービーにはたいていBGMが流されています。これは、二人で相談して好きな曲を入れれば良いのです。
二人が好きなアーティストの曲を選ぶこともありますし、プロフィールムービーのBGMに向いている曲を選んで流すこともあります。注意したいのは、著作権がある曲を使う場合です。
結婚式場では、あらかじめ著作権のある音楽を式場で使えるように著作権管理団体と契約しているため問題はありません。自作したプロフィールムービーを流す場合は、BGMなしで作り、式場で上映の時にCDを流してもらうような形となります。
「クラフトムービー」では、著作権がフリーとなっている曲がたくさん用意されていますので、好きな音楽を選んでBGMにすることができます。選び方は、まず邦楽か洋楽かを選ぶ、構成を何曲にするかを選ぶようにします。


邦楽、洋楽は好みで選べば良いですし、構成はムービーの長さから考えると1曲から3曲くらいがちょうど良いです。曲調はバラードかアップテンポかも選んでおきましょう。基本的に、感動的にしたいならバラード調を、おしゃれでかっこよくしたいなら平坦な曲を選ぶと良いとされています。
2曲構成の場合は二人の生い立ちの部分はアップテンポ調、後半を感動的なバラード調にするとまとまります。3曲構成なら新郎の生い立ち、新婦の生い立ち、思い出の3つに分け、それぞれ曲を選ぶと良いでしょう。
プロフィールムービーにぴったりなおすすめの曲はたくさんあるのですが、中でも特に人気が高い曲をいくつか挙げてみると、「君とつくる未来」ケツメイシ、「GIFT」「365日」Mr.Children、「ありがとう」いきものがかり、「Million Film」コブクロ、「愛をこめて花束を」Superfly、「花束」back numberなどがあります。
まだまだたくさんあるのですが、特に人気があるのがこれらの曲です。

▽シーン別人気ウェディングソング記事はこちら

【2019年最新版】結婚式の曲選び シーン別人気ウェディングソング

プロフィールムービーの写真はどれくらい必要?選び方のコツも知ろう

プロフィールムービーの中で、それぞれの生い立ちを紹介する時は、動画よりも写真が多いです。あまり多すぎても時間内に紹介できませんから、あらかじめ選んでおく必要があります。
用意する写真の枚数は、新郎、新婦の生い立ちそれぞれ10枚から15枚くらい、二人の思い出の写真も10枚から15枚、結婚式の前撮りの写真が1枚から5枚くらいが良いでしょう。生い立ちの写真を選ぶ時のコツは、基本的に節目、節目で選ぶと良いです。
生まれたばかりの頃、小学校入学、中学校入学、高校入学という風に選んでも良いですし、部活で頑張っていた頃や遠足や修学旅行でちょっとふざけていたり、おもしろい写真などを選びましょう。
この両親から生まれましたと両親の若い頃の写真を選ぶ人も多いです。もし、写真が古くて画質が悪いものでも、スマートフォンで撮って修正すると少しは見やすくなります。
二人の小さい頃の写真は、結構出席者からも好評ですから、とっておきの写真を選びましょう。よく二人だけの自撮りをたくさん選ぶカップルもいますが、これは控えめにした方が良いでしょう。

自作のプロフィールムービーでありがちなトラブルとその解決方法とは

時間と手間をかけてやっと完成したプロフィールムービーを、いざ結婚式場で流したらイメージ通りに上映できなかったり、上映できないなど思わぬトラブルが発生することがあります。本番でこのようなことがないように、事前に会場でリハーサルをしておくことが大切です。
その時点でトラブルがあれば対処できますの解決方法を知っておきましょう。ありがちなトラブルは、映像画面が縦長もしくは横長になっているというトラブルです。
これは、画面比率の設定が間違っている可能性があります。映像の画面比率を上映する会場のスクリーンと同じ画面設定にしましょう。

また、再生の途中で音声や映像が途切れたり、止まってしまうことがあります。これはDVDの書き込み速度を遅くすることで解決することがあります。
DVDドライブのレンズが汚れている時もこのような現象が現れるので、レンズクリーナーで汚れを取りましょう。

もう一つよくありがちなトラブルに、せっかく入れた写真やテロップが画面から見切れてしまうケースです。覚えておきたいのは、式場にあるスクリーンのほとんどが画面の上下、左右の約10%が見切れてしまうということです。
これを頭に入れて写真やテロップを入れるようにすると式場のスクリーンでも見切れることはありません。

そしてもう一つ、自作した場合はこれで良いと思いがちなのですが、映像の展開が早くなりすぎていて字幕の表示も短くなり、招待客が字幕を読めずにムービーの内容がわからなくてストレスとなるプロフィールムービーになるケースがあります。
必ず完成したムービーを再生してみて、字幕が適当な速さで読めるかどうかをチェックするようにしましょう。

心のこもったプロフィールムービーで感謝を伝えよう

結婚式場で流れるプロフィールムービーは、会場の雰囲気をほっこりした良いものにする効果と、今までお世話になった人たちへ感謝の気持ちを伝える意味があります。
自分たちで作った場合は、多少のミス等もあるかもしれませんが、心がこもったものであれば参列者全員に気持ちは伝わります。プロフィールムービーは10分以内という短い時間ですが、二人からの感謝の気持ちを込めて良いものを作りましょう。

クリエイタープロフィール
結婚お役立ち情報
関連記事

結婚式のウェルカムスペースのアイデア集*おしゃれに飾るコツって?

adviser
ウェルカムアイテム

ウェルカムスペースを飾り付けるなら知っておきたいアイテム特集♡

adviser
ウェルカムアイテム

ふたりの幸せ写真でウェルカムスペースを埋め尽くす!

adviser
ウェルカムアイテム

褒められウェルカムスペースを作ってくれる人気アイテム5選♡

adviser
ウェルカムアイテム

先輩花嫁の受付サイン12選|話題の海外サイトでFREEテンプレートをget!!

adviser
ウェルカムアイテム