2019.9.30

0 この記事をクリップ

結婚式のファーストバイト、失敗しない方法とアイデア

ウエディングアイテム
結婚お役立ち情報
219 views

結婚式にはいろいろな演出がありますが、その中でも絶対に外すことができない定番の演出の一つに、ファーストバイトがあります。これは、ザックリ言うなら新郎と新婦がお互いにウェディングケーキを食べさせあう、というもので、ケーキカットの後に行います。バイトというのは英語でBite、つまり少しだけかじるという意味なので、ファーストバイトでもケーキを一口食べる、という演出になります。

ファーストバイトは結婚式の定番

お互いにケーキを食べさせあうという演出は、なんだか二人のラブラブな姿をゲストに見せるような気がして恥ずかしい、と感じるかもしれません。しかし、この演出にはきちんとした意味があることはご存知でしょうか?新郎から新婦へケーキを食べさせるという演出は、「一生あなたが食べ物に困らないようにします」という意思の表れを表現したもので、夫が家庭を守っていくという誓いの証です。また、新婦が新郎にケーキを食べさせる演出は、「一生おいしい食事を作ります」という意思の表れを表現したもので、妻として夫を一生支え続けるという誓いの証なのです。意味が分からなければ、ただ楽しい演出の一つで終わってしまいますけれど、意味を理解した上でファーストバイトをすれば、気持ちを込めて神聖な気持ちで臨むことが出来そうです。

正しい方法ってあるの?

ファーストバイトは、凝った演出をせずにオーソドックスにカットしたケーキをお互いに食べさせあうというだけでも十分にゲストに楽しんでもらうことができます。正しい方法はあるものの、近年では新郎新婦ごとにこだわりの演出をする事が多く、絶対にこの方法でなければマナー違反とかルール違反になってしまうことはありません。失敗しない方法としては、まずは新郎から新婦へ食べさせるのが先で、その後に新婦から新郎へ食べさせる、という順番となります。

この演出は、ケーキを一口食べさせあうというものです。お皿に乗ったケーキを食べ終わるまでゲストが見学するというものではありませんし、ケーキを食べた後に感想をを述べなければいけない、という慣習もありません。しかし、ケーキが口の中に入らないほど大きなサイズだと困りますし、いつまでも口の中に残ってもぐもぐと噛み続けなえればいけないのも困りものです。そのため、ファーストバイトは、一口でサッと噛んで飲み込めるぐらいの小さめのサイズにするのが良いでしょう。もしもケーキが大きすぎて口に入らず、お皿に戻して小さくカットするというのではNGですし、その際にポロッと床にケーキが落ちてしまったりすると、せっかくの結婚式も台無しになってしまいます。そうしたリスクを冒さないためにも、ケーキは一口サイズが基本です。

▽ウェディングケーキのオーダーメイドについてはこちら

ウェディングケーキがオーダーメイド出来るスイーツカフェ【O’CREPE(オークレープ)】

ファーストバイトの演出は工夫でアレンジできる

ファーストバイトは、新郎新婦の工夫次第で楽しい演出にすることができます。お互いにケーキを食べさせるという行為をゲストに見てもらう演出なのですが、どんな風に食べさせるかと工夫したり、ケーキのサイズで笑いを取るなど、アレンジすることは可能です。他のカップルがどんな工夫をしているのかを研究しながら、自分たちの結婚式にも取り入れてみてください。

基本的に、ファーストバイトのケーキのサイズは、新婦に食べさせるものはメイクに影響が出ないように小さめにカットするのが一般的で、新郎に食べさせるものは新婦サイズよりも若干大きめにカットします。そのサイズ差を生かして、ゲストから笑いを取るという演出は、ファーストバイトの定番として人気があります。

良く行われる演出では、新郎が新婦にケーキを食べさせる際のサイズをかなり小さめにしておきます。見ているゲストは「メイクに影響しないようにとの配慮なのだな」と微笑ましく思ってくれるわけですが、新婦が一口食べた後に、「もっと!」とおねだりをするという演出は、ゲストからの笑いを誘いやすいでしょう。新婦におねだりされた新郎は、もう一口ケーキを新婦に食べさせることで、会場には拍手が沸き起こるはずです。

また、新郎に食べさせるケーキのサイズを、一口では難しいかなという大きめサイズにするという演出も人気があります。ただし、明らかに大きすぎるだろうというサイズではなく、一口で食べられるけれど口を大きく開けなければいけなかったり、唇などにケーキのクリームがたくさんついてしまう、ぐらいの大きさが演出を自然に魅せてくれますし、ゲストからの微笑ましい拍手もいただけます。明らかに笑いを取りに行くような大きすぎるサイズでは、ケーキをこぼしたり落したりして会場に迷惑をかけてしまいますし、食べ物を粗末にするという行為に対して快く思わないゲストもいるでしょう。そのため、ファーストバイトの演出は、あくまでも一連の流れの中で少しだけ工夫をしたり演出する、というぐらいがちょうど良いかもしれません。

▽ファーストバイトの面白アイディア集はこちら

ファーストバイトで釣り!?撮影小物のくじ引きフォトラウンド等マネしたいアイデア演出

使用するスプーンのサイズを工夫する方法も人気

ファーストバイトでは、新婦が新郎にケーキを食べさせる時に、かなり大きめのスプーンを使うという演出も人気があります。新郎の顔と同じぐらいのサイズのスプーンを使うことで、新郎はどう頑張ってもケーキを食べる時に顔にクリームがついてしまうわけですが、これがゲストの笑いを誘ってくれるという演出です。定番ともいえる演出のため、大きなスプーンは結婚式場が準備してくれることも多いので、もしもファーストバイトに一工夫をくわえて楽しいウェディングにしたいと考えているカップルは、ぜひ結婚式所に相談してみてください。ちなみに、大きなスプーンはウェディングビッグスプーンとも呼ばれていて、ネットショップなどで購入することができます。お値段も2,000円~3,000円程度とリーズナブルなので、もしも持ち込みOKの場合には、自分たちで気に入ったスプーンを持ち込むという方法もアリでしょう。また、ブライダル関連のレンタルショップでは、大きなスプーンのレンタルをしているショップもたくさんあります。ぜひチェックしてみてください。

食べ方を工夫することもまた、ファーストバイトでは楽しい演出となります。新郎が新婦へ食べさせる際には、あまり派手な演出やドレスやケーキが汚れてしまうような演出は難しいのですが、新婦が新郎に食べさせる際には、新郎はメイクをしているわけではないので、顔に少しぐらいクリームがついてもご愛敬ということで微笑ましい演出に仕上がります。新郎の中には、大きなスプーンでケーキを差し出され、スプーンにかじりついて両手でケーキをかき込むように食べることでゲストに楽しんでもらう、という工夫をする人もいます。

スプーンがゲストから贈られる演出

ファーストバイトの演出の中には、その場でゲストから大きなスプーンを贈られ、それを使ってファーストバイトをする、と言った演出もあります。もちろん、新郎新婦に対するサプライズの演出というわけではなく、新郎新婦と仲の良い友人と共同で行う演出です。具体的にどんな風に行うかというと、まずファーストバイトで新郎が新婦にケーキを食べさせ、その後新婦が新郎に食べさせようとしたときに、会場に座っている友人が「ちょっと待ったー!」という掛け声とともに走って来ます。そして、その友人が持参した巨大なスプーンを二人に贈り、それを使って新婦が新郎にケーキを食べさせる、という楽しいストーリーのある演出に仕上げることができます。

結婚式に出席しているゲストが大きなスプーンを持ってくるという演出は、ファーストバイトの演出としては人気があります。もちろん、誰がスプーンを持ってきてくれる場合でも、事前に念入りな打ち合わせをしているので計算されたものなのですが、出席しているゲストの中にはそうした演出を知らない人もいるので、サプライズ感がアップして喜んでもらえることが多いです。

イギリスの木製ラブスプーン

ファーストバイトで使用するスプーンは、シルバー素材が多いのですが、木製のスプーンを使うことも可能です。これは、イギリスにおいては男性がプロポーズの時に女性に木製のスプーンを渡すという伝統にちなんだもので、木製の普通サイズのスプーンを使ってもOKですし、大きな木製のスプーンで楽しい演出に仕立てることも可能です。

シルバーのスプーンなら、結婚式場で準備してくれることも多いですし、ブライダルショップでレンタルもしやすいものです。しかし、木製となるとなかなかレンタルできる場所を見つけるのは難しいため、ネットショップで購入するというカップルが多いです。ネットショップではブライダル関連グッズとして木製の大きなスプーンを購入出来ますが、その際には記念日とか名前などを彫り込んでくれるサービスもしていたりするので、ぜひ複数のショップを比較しながら気に入った木製スプーンを見つけてください。

しゃもじでファーストバイトもアリ

手軽にできてゲストに笑ってもらえるファーストバイトの演出としては、スプーンではなくてご飯をよそう時に使うしゃもじでケーキを食べさせあうという演出も可能です。しゃもじは費用が掛からず手軽に準備できるアイテムですが、なかなか思いつきにくいアイテムでもあります。広島県には夫婦円満しゃもじという木製しゃもじがあり、人気のお土産グッズとなっているわけですが、そうしたアイテムを上手く取り入れながらファーストバイトを楽しく演出するというのもアリでしょう。

ただし、新郎と新婦の両方がしゃもじを使ってケーキを食べる場合には、新婦の顔にクリームなどがつかないように工夫が必要です。しゃもじは食べにくいですし、一口サイズにカットすることも難しいものです。新婦が新郎に食べさせる時には全く問題はありませんけれど、新郎が新婦に食べさせる時には、その辺も配慮しながら計画をたてたほうが良いかもしれません。

▽真似したいファーストバイトの演出についてはこちら

新しすぎる!ファーストバイトの演出アイデア13選&6つのバイト*

クリエイタープロフィール
結婚お役立ち情報
関連記事

【2019年最新版】可愛すぎる!簡単手作りウェルカムボード51選*格安にDIYできる作り方手順と材料も記載!

adviser
手作りDIY

不器用さんでも簡単手作り!席札アイデア&作り方【事例40】ゲストに褒められるアイデア集*

adviser
手作りDIY

結婚式のウェルカムスペースのアイデア集*おしゃれに飾るコツって?

adviser
ウェルカムアイテム

ウェルカムスペースを飾り付けるなら知っておきたいアイテム特集♡

adviser
ウェルカムアイテム

ふたりの幸せ写真でウェルカムスペースを埋め尽くす!

adviser
ウェルカムアイテム