2022.7.7

結婚式のテーブルコーディネート☆手作りでゲストをもてなすアイデア5選

披露宴
PLACOLEWEDDING adviser
3413 views

【2022年8月】人気サイト比較!豪華特典とブライダルフェア情報まとめ♡

続きをアプリで読む

目次
  1. テーブルナンバー
  2. 和テイストなら折り鶴を添えて
  3. 席札にはメッセージを添えて
  4. メニューカード+感謝のメッセージ
  5. キャンドルやプチフラワーに挑戦!
  6. 手作りアイテムがあると気持ちが伝わりやすい!

自分たちの手作りでゲストをおもてなししたい!という新郎新婦も少なくありません。忙しくてたくさんはできないけれど少しでも手作りしたい、というあなたもOK!手作り力の出番と言えば、テーブルコーディネートです。ちょこっと手作りが映える、喜ばれる演出を見ていきましょう!

テーブルナンバー

ゲストをテーブルへと誘う「テーブルナンバー」。会場で用意されているものもあるようですが、ここはあえて手作りに挑戦!各テーブルにひとつずつ、会場の入り口からでもゲストが自分の席があるテーブルを認識しやすいように、少し大きめのサイズに作ります。しっかりした厚さのケント紙などでOK!テーブルナンバーと言ってもアルファベット、和テイストなら漢字など、数字以外も使えます。可愛い文字でも筆文字でも、ふたりの似顔絵入りでも、自分たちらしく作ることができます。当日ゲストに配る結婚式のプログラムに席次表を入れる場合には、実際の席と表の順が異ならないように注意して♪

和テイストなら折り鶴を添えて

「折り鶴」は海外からのゲストをもてなすホテルでも定番のアイテムです。日本らしさ、和の雰囲気を盛り立ててくれます。千代紙など上品な折り紙で丁寧に折り上げて!箸袋や箸置きを手作りするとさらにテーブルコーディネートから真心が伝わりますよ♡

席札にはメッセージを添えて

ゲストひとりひとりの席に添える「席札」。ゲストの氏名だけでなく、ぜひともふたりからのメッセージを手書きで添えて♡準備に時間はかかるかもしれないけれど、ふたりの気持ちがしっかりと、直接届く、手作りならではのテーブルコーディネート演出です。

まだまだご紹介!

1 2
次のページ
ウェディング診断
続きをアプリで読む