2021.11.4

テーマは『Unusual Wedding』ゲストの記憶に残るような今までに見たことのない結婚式に*

披露宴
erisa
149 views
続きをアプリで読む

目次
  1. 披露宴のテーマは?
  2. 会場装飾のこだわったポイントは!?
  3. 披露宴中の演出について*
  4. こだわった花嫁コーディネート♡
  5. ウェルカムスペース*
  6. 再入場*

披露宴のテーマは?

【Unusual Wedding】
日本のよく見る普通な結婚式は私たち夫婦には合わない!と
最初から思っていたのでそれを叶えてくれる
“とことんパーソナル”がテーマのキンプトンで
たくさんわがままを聞いてもらいました。
ゲストの記憶に残るようにしたかったのと
なるべく自分たちで用意したものを見てもらいたくて
ムービーやペーパーアイテムなどは自作をしたことにより
今までに見たことのない結婚式というものを創り上げました。

会場装飾のこだわったポイントは!?

キンプトンでは空間デザイナーの担当の方がいらっしゃるので
装花に関しては通常の打ち合わせだけでなく
より、拘りたい人向けにモックアップという装花のリハーサルを
してくださるのでそこでイメージを共有していきました。
秋っぽさを出すパンパスグラスや現実世界には存在しない
お花の色が良くて色付けしたお花にしていただいたり
孔雀の羽や、もはやお花ではないワイヤーや石などを置いて
結婚式の装花…?となるようにしました。
花瓶の水にもあえて色を付けて変わった見た目にしたのもポイントです。
高砂はソファにすることによってドレスを強調することを優先しました。

披露宴中の演出について*

私たちは余興や友人スピーチなどをお願いしなかったので
3時間をいかに楽しく過ごすかを考え、
ケーキ入刀後にはくじ引きをして当たったゲストにサンクスバイトをしたり
ウェルカムスペースに置いていたキャンバスアートを挙式で書いた
結婚証明書を貼り付けて完成させるキャンバスアートセレモニーをしたり
キンプトンのシェフ、トーマスさんによるデザートビュッフェパフォーマンスに参加させてもらって自分たちもゲストも楽しめました。
新郎中座の際には当日参加できなかった友人たちとテレビ通話を繋いで
一緒に中座をしたのも素敵な思い出になりました。

こだわった花嫁コーディネート♡

2着ともウェディングドレスにしました。
白は花嫁しか着られない特権であるのとカラードレスが
Aラインやプリンセスラインばかりで好みでなかったので
かっこいい花嫁でありたいなと思い、ドレスに加え
アクセサリーにもこだわりました。
1着目はドレスの形やデザインがとても綺麗なので
ドレスを1番主張させるためにアクセサリーはイヤリング以外は
付けずにヘアは地毛でカチューシャのようにしました。
2着目は1着目と差を付けたかったので裾が広がってるドレスに
しましたが可愛らしくはしたくなかったので首に黒のチョーカー
ブーケも真っ黒にし、ヘアは巻き下ろしにしましたが
毛先は巻ききらず海外ヘアにし、ゴールドピンを40本以上付けて
あまり見たことのないスタイルにしました。

ウェルカムスペース*

ウェルカムスペースはとにかく海外のインテリアのようにしにかったので
海外の新聞をクシャクシャにしたものを敷き物とし、
ダミーブックやドライフラワー、フレグランスマッチを置いて
キンプトンの雰囲気にも合うようにしました。

再入場*

再入場は別々に入り先に新郎が自身のカメラを録画しながら
入場してゲストを撮っていきました。
2着目のドレスやコーディネートは当日のこの瞬間まで
内緒にしていたので新婦が入場し、その瞬間も撮っていました。
合流してから各テーブルへ回り記念撮影をしました。

ウェディング診断
続きをアプリで読む