披露宴,演出

2017.3.25

絵描きの方にお願いした披露宴中にゲスト全員の似顔絵を描いてもらう演出♪

演出
awaji_xxx
454 views

私たちが取り入れたのは、本物の絵描きの方に、披露宴中に即興でゲストの似顔絵を描いてもらうという演出です。このような演出をしたのは、結婚式をしたということを私たちらしいカタチとして残したかったから。そして、どんな人たちが祝ってくれたのか、一枚の絵にして、みんなで共有するための一つのツールとしたかったから。
写真とは違って、一筆一筆手描きで描いてもらった温かみのある絵は、その時の楽しかった気持ちを色々な気持ちで思い出せたり、またみんなに会いたいなぁと思えたり、また、絵描きの方がゲストと私たちのエピソードを丁寧にお話してくれている姿も含め、すべてがステキな思い出となり、大切な記念品にすることができました!

披露宴が終わるまでに、全員の似顔絵を描いてもらう

披露宴,演出

お願いした絵描きの方は、平山広一さん。表面だけではなく、内面かその人の表情や思いを絵にしてくださるようで、私たちとゲストの関係性からお伝えしました。
披露宴の最中、各テーブルを回ってくださり、一人ひとり、ゲストのみんなと私たちゲストのエピソードを交えて、楽しく歓談しながら絵を描いてくださっていました。仕上がった絵からは、それぞれゲストの表情に温もりをすごく感じられる絵になり、感激の演出となりました。

一人ひとりとエピソードを話しながら描く似顔絵

披露宴,演出

この演出では、絵描きである平山さんに直接ゲストとお話をしながら絵を描いてもらうのですが、平山さんには事前に参列者の名前と私たちとのエピソードをメールで伝えていました。ゲストにはエピソードを平山さんが知っていることを伝えていなかったので、「なんでそんなこと知ってるのー?」とゲストの方から声が漏れたりもしたそうです。ですが、ゲストみんなが快く笑顔で私たちとのエピソードについて話してくれていたそうです♪

披露宴が終わるまでにきっちり間に合った仕上がり

披露宴,演出

披露宴,演出

披露宴,演出

挙式と披露宴の間の短い時間にゲストみんなと私たちや会場装飾などの絵を描くので、みんなが披露宴が終わるまでに描ききれるのかと心配そうだったのですが、そこは平山さんのすごいところ。私たちが最後の退場の時までに、しっかりと描き上げてくださりました!
LIVEで描いてくださるので、ゲストの方は描いてる最中から自分の絵はどこだ?と探していたり、完成を楽しみにしてくださっていたのが印象的でした。

両親ギフトとして、6人だけの絵を描いてもらった

披露宴,演出

また、事前に両親への記念品として、両家の父・母と私たちの6人を描いてもらい渡しました。
両親のエピソード、所縁のあるものについて伝えておき、人物の絵の前に、その物の絵を描いてもらいました。
親はその描いてもらった物自体、意外な物もあったようで「なんでこの絵を描いてもらったの?」と聞かれるなど、その場でも会話が弾み楽しめました。

仕上がった絵はお見送りスペースに飾って

披露宴,演出

出来上がった絵は、早速ゲストみんなに見ていただけるよう、お見送りの場所に飾らせていただきました。みんな絵を写真に収めたり、細かいところを見ながらその日の披露宴のことを、それぞれに話したりしてくれていました。子どもゲストたちも興味津々で絵を見てくれていました!絵を描いてもらって本当に良かったなーと思える瞬間でした。