2019.9.30

0 この記事をクリップ

夢いっぱいのディズニーフォントで結婚式を彩って!

ペーパーアイテム
結婚お役立ち情報
382 views
続きをアプリで読む

手作り感のある結婚式って素敵ですよね。アットホームな雰囲気があってリラックスして楽しめますし、時間をかけて準備をしてくれたんだなと思うと、お呼ばれした側はなんだか嬉しくなってしまいます。またカップルにとっても、自分で作れる物は自分で作りお式に取り入れることで、費用が節約できてお金をかけたい部分に費用をかけることもできるようになります。

ペーパーアイテムにディズニーフォントを使ってみよう

手作りのものを取り入れるなら、おすすめはペーパーアイテム。招待状や席次表など、様々なアイテムがありますが、これらを式場にお願いして印刷するとなると結構なお値段になってしまいます。ただ、ペーパーアイテムを手書きにするほどの時間はまず作れません。要領よく行えばそれほど時間がかからず、費用を抑えることができ、また手作り感も維持するには、パソコンを賢く使うことが大事。ですが、パソコンに最初から入っているフォントではありきたりですし、面白くありません。

そこでおすすめなのがディズニーフォントです。無料で使える上に、インパクトも抜群。お客様に出席をお願いする招待状、披露宴実績を示す席札などに、ちょっと変わったディズニーフォントを使えば、見栄えも良く素敵なペーパーアイテムが作れますよ。

▽席次表を手作りしたアイディア記事はこちら

席次表を手作りしたい♡ゲストに大好評だったナチュラル可愛いアイデア集

そもそもディズニーフォントって何?

アルファベットはフリーフォントが非常に多く、無料で使えるものがたくさんあります。その中でも特に目を引くのがディズニーフォント。ディズニーのロゴマークは大人から子供まで必ず一度は目にしたことがあるとても有名なマークです。ディズニーフォントでもっとも有名なのはこのロゴマークを元に作られたフォントでしょう。Dとの文字が非常に特徴的で、縦線に渦巻き模様を描いたような文字です。またWもかなり特徴的で、曲線のみで構成され、このW一文字だけを見ると文字なのか落書きなのか分からないくらいです。このDとWのアルファベットを見ると、なんとなくディズニーっぽいと感じます。

このロゴマークは元々創始者である、ウォルト・ディズニーのサインを元に作られています。本当に直筆サインをそのままロゴにしたわけではなくて、デザイナーの人が手を加えているとは思いますが、元々がサインですから、手書きの味わいがあり、またウォルト・ディズニーの掻き癖であるカーブなどが非常に大げさになっていて、独特の味となっています。

ディズニーフォントは、その他にも作品のタイトルロゴを元に作られたフォントなどもありますから、好きなディズニーの作品があれば、作品タイトルを元に作られたロゴを使用しても素敵ですね。ディズニーのロゴマークを元に作られたディズニーフォントは、キャラクターのイメージと相まってかなりカジュアル感が強いフォントですが、シンデレラや白雪姫などロマンチックな作品の本当であればカジュアルな傾向は薄くクラシックで上品な印象を与えることができます。

ディズニーフォントの探し方

結婚式でのペーパーアイテムに利用するには、 パソコン用のディズニーフォントをダウンロードして使うのがもっとも簡単です。フォントを入れてしまえば、どんなソフトやアプリでもディズニーフォントを使うことができます。

さて、ディズニーフォントを使う方法の最初の一歩として、ディズニーフォントをダウンロードできるサイトを探さなくてはいけません。Walt Disney Scriptというのが、定番のディズニーロゴを元にしたフォントです。まずはWalt Disney Scriptで検索してみると良いですよ。ディズニーフォントを紹介している日本語のサイトも検索できるので、一つ日本語で紹介してあるサイトを見つければ、効率よくお好みのフォントを探し出せます。

英語のサイトに拒否感がないなら、Disney Fonts、Walt Disney Fontsなどで検索してもたくさん見つけることができます。英語が苦手な人は、翻訳サイトを使うと良いでしょう。

ディズニーフォントのダウンロード方法

お目当てのフォントが見つかったら、あとはダウンロードしてさっそく使ってみましょう。ダウンロードの方法は、どのダウンロードサイトもほとんど同じで、Downloadボタンをクリックすれば良いだけです。ただダウンロードの場所を設定していない場合、パソコンの操作に慣れていない人はどこにダウンロードしたのか見つけられなくなるかもしれません。右クリックしてダウンロード先を指定するとすぐに探すことができます。分かりやすいよう、デスクトップにダウンロードするととても分かりやすいです。

また、フリーフォントを配布しているサイトは、広告で運営しているところが多いです。そうしたサイトでは広告にDownloadの文字が入っていることがかなり多いので、間違えてフォントではなく広告をクリックしてしまうかもしれません。クリックしてほしいからこうした広告が出るのでしょうが、紛らわしいですよね。広告を押したくない人は、ボタンを間違えないようにじっくり確認してからダウンロードして下さいね。

ダウンロードしたディズニーフォントを解凍しよう

ダウンロードしたディズニーフォントは、Zipファイルに圧縮されていることがほとんどです。まずはこれを解凍しましょう。Windowsを使っている人は、特に解凍ソフトを持っていなくてもダブルクリックで解凍できます。たくさんのフリーフォントをダウンロードした場合は、一気に解凍できるフリーに解凍ソフトを使うと便利です。これから解凍ソフトを入れて一気に解凍したいなら、「+Lhaca」というフリーソフトがおすすめです。

MACを使っている人は、解凍ソフトを使うかunzipコマンドで解凍します。MAC派の人はほとんどの場合すでに解凍ソフトが入っていると思いますので、そこにフリーフォントのZipファイルをドラッグ&ドロップすれば解凍できます。まだの場合はこの機会に入れておくと良いかもしれません。おすすめは「Stffit Expander」というソフトです。

ダウンロードしたディズニーフォントをインストールするには

Windowsでは、解凍したファイルとフォントフォルダに突っ込めばそれだけで使用できます。OSや表示方法によって探し方は若干違いますが、コントロールパネルを開いてデスクトップのカスタマイズを選択すると、フォントと書かれたフォルダが見つかります。ここに解凍したファイルを入れましょう。直接突っ込んでもいいですし、デスクトップでファイルをコピーして右クリックでペーストしても良いです。

MACではfont bookを起動させて、画面下にあるプラス(+)ボタンを押せばファイルを選べるようになるので、あとはインストールしたいフォントを選べばよいだけです。

インストールしたくない人は使えない?

インストールが面倒な人や一度しか使わないからインストールはしたくないな、という人は変換サイトを使うのもいいでしょう。ブラウザ上で文字を入力すると、指定したフォントに変換して画像としてダウンロードできるようになります。ディズニーフォント変換サイトを探せば、自分でディズニーフォントを探す手間も省けます。ただブラウザに文字を入力しなくてはけないので、大量の文字をディズニーフォントにしたい場合は面倒なので不向きです。

ディズニーフォント、おすすめの使い方

ディズニーフォントは、アルファベットか数字を使える場所なら、どんなアイテムにでも使えます。招待状ならワンポイントに英語を使ってデザインしてみましょう。英語が苦手な人でもちゃんとお式の招待状だと分かるように、基本は日本語で書きます。ですが、デザインとしてWeddingの文字を入れたり、日付を入れてもおしゃれです。いろんなデザインの招待状を見て、ここにディズニーフォントを使ったら素敵だなと思えたらさっそくデザインしてみて下さい。

席札は、ローマ字にすると読みにくくて席を探しにくくなってしまうかもしれません。人名をおしゃれにアルファベット表示にするなら、日本語での名前も一緒に印刷すると分かりやすいですし、名前は日本語にして、その他英語でWelcomeやWeddingなどが含まれた、結婚式に関係のあるフレーズを印刷するのもいいですね。
その他、受付やウェルカムボードに使うのも目立って良いですよね。大きなウェルカムボードだと、家庭用のプリンターではサイズが足りないこともあります。そんな時はコンビニでプリントアウトして貼り付けても良いです。

できれば避けたい使い方は、席表のお名前です。デザイン性の高い文字は、基本的に決して読みやすい文字ではありません。席表を全てローマ字表記をすると、招待されたみなさんが戸惑ってしまうかもしれません。ディズニーフォントはワンポイントで使うか、特に読めなくても問題ない場所に使いましょう。

▽おすすめウェルカムボードのDIY記事はこちら

【2019年最新版】可愛すぎる!簡単手作りウェルカムボード51選*格安にDIYできる作り方手順と材料も記載!

ディズニーフォントって勝手に使っていいの?

誰でも自由に使えるディズニーフォントですが、著作権などが気になる人もいるかもしれませんね。ざっくり言えば、ロゴに使われるような文字だからといって、その字体そのものには著作権は発生しないという考え方が一般的です。誰も読める、書ける文字に、似ているから著作権を侵害していると訴えることは難しいということです。

そしてフリーフォントですが、作った人や配布した人ごとに利用規約が異なっていても、個人で使う場合にお金を請求されたり、結婚式用のペーパーアイテムに印刷したからと言って商用利用になるということはありません。安心して使って大丈夫ですよ。そもそも使ってはいけないフォントはフリーフォントではありません。

身内や友達に頼む場合、お礼は必要

カップルふたりともパソコンやデザインのことが分からないなら、家族や友達にお願いしてみてもいいでしょう。ただ、もちろん材料費は新郎新婦が出すものですし、お礼は支払ったほうが良いです。材料費の他に、お礼として五千円程度出せば、今後も気持ちよく付き合っていけるでしょう。

▽フリーのフォントを利用したDIY関連記事はこちら

DIY花嫁必見!おしゃれ筆記体フォントでワンランク上のDIYをご紹介♪

ウェディング診断
続きをアプリで読む 続きをアプリで読む