2022.12.1

【新郎新婦必見!】ゼクシィのデメリット4つや口コミとメリット、評判まとめ

ブライダルフェア
ブライダルフェア参加の前に読みたい.com
668 views

【2022年12月】人気サイト比較!豪華特典とブライダルフェア情報まとめ♡

続きをアプリで読む

目次
  1. メリット①国内最大手掲載数No.1!
  2. メリット②ゼクシィ相談カウンターが全国に!
  3. メリット③お金や保険の相談、子育ても
  4. メリット④毎月様々なキャンペーンを実施中
  5. デメリット①式場見学キャンペーンが対象外になる!
  6. デメリット②ゼクシィは情報量が実は少ないと話題
  7. デメリット③式場の割引は実はどこからでも一緒
  8. デメリット④式場紹介数No.1だが…広告費が高い
  9. まとめ

みなさまこんにちは♡
美花嫁図鑑farny
ブライダルフェア参加の前に読みたい.comより
本日は知らなきゃ損!とっておきの情報をご紹介。

ゼクシィといえば?
コンビニや全国の書店で売られている結婚情報誌が有名。
「プロポーズされたらゼクシィ」と
大々的にCMをしているので、
結婚を検討したことがある方なら
一度は耳にしたことがあるのでは?
ゼクシィを手掛ける株式会社リクルートは、
そんな結婚情報誌と共に、
結婚式場探しのカウンターや
サイトを含むウェディングサービスを提供。
また結婚式に関する式場やドレスについての情報だけでなく、
今後必要になる内祝いや保険についての
たくさんの情報も充実しているということもあり、
なんだかんだ言っての王道感がありますよね。

多くの新郎新婦さんが式場選びで使うのが、この王者ゼクシィです。
知名度、そして、情報の量という部分は
運営している会社が大きいからこそメリットや強みはありますが、やはり実際に使用した人でないとわからない口コミやデメリットもあるので要注意!

こちらの記事では、
ゼクシィの使用する際ポイント、
メリットや使用方法はもちろん、
ゼクシィを使用した新郎新婦の口コミや
デメリットも合わせてご紹介できればと思います。

ゼクシィの主な特徴

  • 知名度No.1!安心感。
  • 結婚式場の圧倒的な提携数
  • 日本全国にゼクシィカウンター有り
  • お金や保険の相談、子育ても
  • 毎月様々なキャンペーンを実施中

 

では、ゼクシィのメリットをご紹介します。

メリット①国内最大手掲載数No.1!

やっぱり1番はこれ。
北海道から九州、そして海外リゾートまでおよそ
2500件以上の結婚式場が掲載されていること。
大手というだけあって、
絶対的な安心感があるのが魅力ですよね。

メリット②ゼクシィ相談カウンターが全国に!

ゼクシィ相談カウンターは、
全国に73店舗(2022年12月現在)。
ほぼすべての都道府県に全国展開しており、
プロのスタッフさんが結婚式場さんや
これからの段取りについて、
直接説明してくれるのがメリットといえます。

メリット③お金や保険の相談、子育ても

ゼクシィでは結婚式場だけでなく、
お金や保険の相談や、
子育てについても相談ができ、
結婚に関する周辺領域の相談が手厚く可能です。

メリット④毎月様々なキャンペーンを実施中

毎月様々なキャンペーンをしているゼクシィ。
電話・相談カウンターでの予約、
国内リゾート・海外ウエディングの予約は対象外ではありますが、
全国の結婚式場のブライダルフェアや式場見学、
そして条件のクリアで最大50,000円の
商品券をプレゼントしています。


対象エリア 全国
※エリアによって特典金額が異なります
応募の条件 挙式・披露宴を検討されている方
期限に記載の①②③④の条件がそろった時点でキャンペーン対象
応募の方法 期間中に3stepで応募。まずは公式HPでエントリー申請
期限 ①エントリー期間:2022年11月22日(火) 10:00~2022年12月23日(金) 09:59
②見学・ブライダルフェアの予約期間:2022年11月22日(火) 10:00~2022年12月23日(金) 09:59
※Web・アプリから予約操作をする期間を指します。来館日ではございませんのでご注意ください。
③②の予約対象となるフェア開催・見学日程:2022年11月22日(火)~2022年12月31日(土)
④写真・感想送付:2022年11月22日(火) 10:00~2023年1月12日(木) 23:59
注意事項 ・エントリー完了メールにて写真送付フォームのURLのお知らせがくるので保管
・応募にはご自身で撮った会場の写真の添付が必要
公式サイト ゼクシィ

 

ゼクシィのデメリットは…?

  • 式場見学キャンペーンが対象外!?
  • 情報量が実は少ないと話題
  • 式場の割引は実はどこからでも一緒
  • 広告費が高く『ゼクシィ離れ』も…

デメリット①式場見学キャンペーンが対象外になる!

ゼクシィ相談カウンターは、全国に73店舗(2022年11月現在)。
ほぼすべての都道府県に全国展開していますが、
1番知っておいて欲しいデメリットは、
新郎新婦さんが1番気にされているであろう
式場見学キャンペーン(最大〇〇円プレゼント等)が
キャンペーン対象外になってしまうこと…。
毎月、毎シーズン様々なキャンペーンを行っている
ゼクシィですが、お電話や相談カウンター、
オンライン相談などでは対象外になるので、
こちらは注意が必要です。


デメリット②ゼクシィは情報量が実は少ないと話題

一見、ゼクシィの雑誌は、重みや厚みから、
どのサイトよりも情報量が多い!
多くの選択肢から見つけられる!?と
思われがちですが、
実はほとんど広告なのが実際のところ…。

もちろん価格は安いので手に取りやすく
可愛い付録もついているので、
購入する方もいらっしゃると思いますが、
多すぎる様々な広告に惑わされて
本当に出会いたい『結婚式場』に
出会えなくなる可能性もあるので要注意!


デメリット③式場の割引は実はどこからでも一緒

これはゼクシィに限ったことではありませんが、
ウェディングの紹介サービスでよく見かける
『ゼクシィ花嫁割』や『ハナユメ割』など
結婚式場さんの見積もりの中で割引になる表記。
実は、どこのウェディング紹介サービスから予約しても
実際のところほぼ同じような割引額や
その割引額に応じたサービス、商品を
式場側は提示してくれるんです。
また割引の度合いは挙げたい検討時期や
式場の空き状況、どんな結婚式をしたいかによって異なります。

そのため、ブライダルフェア予約の際に、
重要視していただきたいのは、
そのウェディング紹介サービス実施の特典や
またそのウェディング紹介サービス限定の割引があるか、
自分たちが体験できること
連絡のしやすさなども見てみてくださいね。

★ウェディング紹介サービスで
もらえる額が大きいキャンペーンは…?

現在、お得なキャンペーンを実施しているサイトをまとめました!◎

順位 サイト 特典
1位 プラコレウェディング 最大106,500円
2位 ウェディング初体験フェス 最大106,500円
3位 マイナビウエディング 最大52,000円
4位 ゼクシィ 最大50,000円
5位 ハナユメ 最大38,000円
6位 結婚スタイルマガジン 未定

※ゼクシィ・ハナユメはエリアによって特典が異なる場合があります。

プラコレウェディングからのフェア予約がオススメ!

現在、SNS総フォロワー数80万人突破記念と
プラコレ×fanryの特別コラボキャンペーンで、
この記事からのフェア予約がとってもオトク!
なんと最大106,500円分の、
クーポン券をプレゼントしているんです…!(すごい…)

おすすめのサイト プラコレを試してみる

デメリット④式場紹介数No.1だが…広告費が高い

やはりゼクシィといえば圧倒的な知名度と掲載数。
ゼクシィでは北海道から九州、
そして海外リゾートまでおよそ
2500件以上の結婚式場が掲載されています。
ただ、広告料を多く払う式場が優先されて紹介されており、
大手の結婚式場さんのブライダルフェアを
オススメされることが多いのは
デメリットとも言えるでしょう。

また最近は『ゼクシィ離れ』という言葉もよく耳にし、
InstagramをはじめとしたSNSから
情報を収集をする花嫁さんが多いことから
多くの広告費を払いゼクシィに掲載するより、
実際の新郎新婦の実例を、
SNSやその他の媒体に掲載して
ブライダルフェアに来てもらうという動きも高まっています。

広告費にお金をそこまでかけない結婚式場さんは
多くのページをゼクシィに掲載しないので、
ぜひ、いろんな媒体やSNSをチェックしてみてくださいね。

まとめ

多くの新郎新婦さんが式場選びで使うのが、
この王者ゼクシィであり、
知名度、そして、情報の量という部分は
運営している会社が大きいからこそメリットや強みはありますが、
やはり実際に使用した人でないとわからない
口コミやデメリットをご紹介させていただきました。

ゼクシィ以外にもウェディング紹介サービスはあるので、
おふたりにあうサービスを使用するのがgood!
複数のサイトを併用して、
会場を回ってそれぞれの来店特典をもらってもOKです!ゆったりしたいなら1日1回、
たくさん参加したいなら1日2回の来館がおすすめです。
1日3回は、なかなかキツイので…1日2回が効率よく参加できます!
ブライダルフェアに参加するメリットをまとめてみました♡


ブライダルフェアはメリットたくさん*参加をオススメする理由5つとブライダルフェア参加前8つのチェックポイント。

 

おすすめのサイト プラコレを試してみる

 

ウェディング診断
続きをアプリで読む