ロケーションフォト,代々木公園

2017.1.31

アットホームな前撮り*代々木公園で笑顔溢れるアットホームなロケーションフォト

エンゲージメントフォト
ryo.wedding
1267 views

【2022年6月】人気サイト比較!豪華特典とブライダルフェア情報まとめ♡

続きをアプリで読む

代々木公園の中にお花が咲いているガーデンがあったので、そこのアーチで撮ってもらった1枚です☆ふたりで自然な笑顔が出るようにしました!他の前撮りフォトも、ふたりの自然な笑顔が溢れるような楽しいポージングをしたり、趣味に関連するアイテムや手作りの小物を使って撮影しています♪ぜひこれからロケーション撮影をしようと考えている花嫁の撮影イメージの参考になればと思います!

海外&ピクニックテイストな個性派アイテム!“TEEPEE(ティピー)”に入って撮影♡

ロケーションフォト,代々木公園

海外旅行好きな夫婦なので、海外の雰囲気やピクニック感を取り入れるため手作りのTEEPEE(ティピー)にふたりで入りました☆TEEPEE(ティピー)は北米に住む狩りをして生活する民族のインディアンが使用していた、移動式住居です。見ての通り、簡単に言うと“テント”です!
日本では“テント”と言うと、ビニール素材の丈夫で大きなテントを思わせますが、TEEPEE(ティピー)は形が可愛らしくて、なんだかおしゃれですよね。シンプルに白の布地で作りましたが、TEEPEE(ティピー)には色々な絵柄があるんですよ♪
海外から来たインテリアショップなどに、子どものトイスペース用にデザインされたPOPなものが販売されていたりします!【カントリー調・北欧テイスト・アウトドア】などを式のテーマにしたい新郎新婦はぜひチェックしてみてください☆
前撮りではオリジナルな写真が撮影できますし、式本番はウェルカムスペースの飾りにTEEPEE(ティピー)を置けばおしゃれでインパクトもあります!

“イニシャルオブジェ”にフォーカスしたワンショット♪バックに写るふたりのふんわり感がおしゃれ!

ロケーションフォト,代々木公園

【&】オブジェをふたりの間に挟んで撮ってもらいました。遠近法を使ったことで、定番のイニシャルオブジェショットもアレンジの効いた1枚に仕上がったと思います☆バックに写るふたりがほんのりぼやけていて、お気に入りの1枚です♪
私たちが使用しているイニシャルオブジェは木の素材で、撮影場所のグリーンにとても馴染みました☆お店に販売されているイニシャルオブジェは、だいたい木でできていますよね。なので色を付けたり、スワロフスキーなどのパーツの接着も簡単にできます!撮影場所に合わせてアレンジの効く、便利でおしゃれな小物です♪
シンプルにそのまま使用してもかわいいですし、ネクタイやベールをイニシャルオブジェにデコレーションして、新郎新婦に見立てたオリジナルのオブジェを作る方もいるそうですよ♡

足元ショットは寄り添って“仲良し感”を表現!あえて顔は写さないカメラワークで視線を手作りブーケに☆

ロケーションフォト,代々木公園

手作りブーケを持って足元ショットを撮ってもらいました。足元だけでも“仲良し感”が出てたらいいなあと思い、あえて口元から上は写していません!ふたりで寄り添いながら座り見つめ合うことで、“仲良し感”を表現できたかなと思います☆
顔を写していないので、手作りしたブーケが強調される1枚になりました♪顔が写るとどうしても表情に目線がいきますよね。ブーケやシューズなどの小物や衣裳を強調したいときには、このような足元ショットとアイテムを組み合わせてフォーカスしてみてもいいかもしれません!

ウェルカムスペースに飾るブラックボードと撮影!海外のウェディングシーンでは定番のアイテム☆

ロケーションフォト,代々木公園

ウェルカムスペースに飾ろうと思って手作りした『Thank you for coming』と書いたボードを持って写真を撮りました!手のひらサイズの小さなボードは、カジュアルでラフな撮影スタイルにぴったりです☆
ブラックボードのメッセージはチョークで簡単に書き換えられるので、前撮りの際は色々なメッセージに変えて写真が撮れるので便利ですよね。
大きなブラックボードにウェルカムメッセージをデザインすれば、カフェ風のおしゃれなサインボードに♪このブラックボードアイテムは、海外の結婚式では定番だそうです!好きな大きさのボードに、好きなデコレーションとメッセージをデザインすることができるので、作る人によって異なるオリジナルのアイテムが作れていいですよね☆

前撮りの撮影は式当日の準備もかねて計画的に!

ロケーションフォト,代々木公園

『ふたりで協力して結婚式の準備を頑張りました』という文章をムービーに入れたかったので、実際の準備風景を撮ってもらいました。ウェディングフォトで準備シーンを撮影している新郎新婦はあまり見ないので、オリジナル感が出たかなと思います☆
前撮りは結婚式当日に使用したい写真を撮影するベストな機会でもあると思うので、式の中身が具体的に決まってきた時期に行うと、こうした準備シーンの撮影なども計画的に行えると思います。
だいたい前撮りは、1~2ヶ月前くらいに行う新郎新婦が多いそうです♪その頃になると式の段取りも決まってきていると思うので、撮影したいイメージもいろいろ出てくると思います!ぜひカメラマンに要望を伝えて、素敵に撮影してもらってくださいね!

何かと使える!明るいワンショットは定番の“ジャンプ”で撮影♪

ロケーションフォト,代々木公園

ジャンプの写真は中々綺麗に飛べなくて、10枚くらい撮ってもらいました!シャッターのタイミングに合わせて飛ぶのが難しいので、カメラマンと息を合わせて楽しく撮影してみてください♪何度も飛んでいくうちに自然な笑顔が引き出されるので、いい写真が撮れること間違いなしだと思います♡
何度もジャンプした結果、彼の手足が綺麗に広がって、私もいい感じに高く飛べているベストな1枚が撮れました☆グリーン溢れる自然の中でのジャンプショットは、ラフで楽しそうですよね!
このようにジャンプショットは楽しそうな明るい写真が撮れるので、ウェルカムスペースに飾ったり、年賀状や挨拶用の写真にも使用できます!

アレンジしやすいシンプルなフォトも1枚あるとGOOD☆

ロケーションフォト,代々木公園

こちらの写真も『ふたりで協力して結婚式の準備を頑張りました』という文章をムービーに入れたかったので、実際の準備風景を撮ってもらっていた写真の中の1枚です。大きな木の幹からふたりでヒョコっと顔を出している、ユニークで明るい1枚☆ふたりらしさが表現できている、お茶目な写真が撮れました!
ふたりの顔と大きな木だけがシンプルに写っている写真なので、いろいろアレンジができそうな1枚ですよね♪後からメッセージを加工しやすい写真になったかなと思います。ふたりらしさを表現できた写真がたくさん撮れた前撮り撮影でした☆ムービー用の写真や、ウェルカムスペース用の写真も撮れたので、式当日の準備も進み、とてもいい時間を過ごせました♪

ウェディング診断
続きをアプリで読む