2019.12.19

0 この記事をクリップ

前撮りは11月がオススメ♡紅葉もイルミネーションも欲張り撮影できちゃう♩

洋装フォト
あや
190 views
続きをアプリで読む

前撮りは11月♩東京駅で*

東京駅の前撮りは11月が絶対良い!!
紅葉もイルミネーションも欲張り撮影が実現します♡

丸の内前撮りは、レンガの駅舎を
背景にした写真が王道ですが
駅舎以外にもたくさんのフォトスポットがあるので、
とても魅力的な撮影地です!

王道&定番はおさえました!

行幸通りまでまっすぐに続いているような
ロケーションはとても絵になります。
多くの方々が写真撮影を楽しんでいる姿が見られます。
この日は休日ということもあり、
5組のカップルが前撮り撮影に来ていました!

花嫁渋滞していても、距離をとって撮影をすると
暗闇に人影が紛れるので、背景にも影響は大きくありません。
暗くなってからの撮影がオススメです!

明治生命館前で夕方フォト♡

私たちは、夕方から撮影をスタートしました。
まず一番最初に、国の重要文化財に指定されている
明治生命館前での撮影を推奨します!

夕方の西日が入るとおしゃれな影も一緒に撮影ができます。
夕日はすぐに落ちてしまいますので、
タイミングを逃さないようにたくさんシャッターを切ってください。

重厚感のあるブロンズ製の扉を少し写真に入れることによって、
ヨーロッパの街並みを散策しているような雰囲気の
ウェディングフォトを撮ることができます。

銀杏並木で秋感♩

11月は、銀杏並木が美しく、
黄色の葉がとても鮮やかです。

東京での撮影となると、
建物の前での撮影が定番となりますが、
自然を取り込んだショットを加えることで彩り豊かになります。

和田倉門の重厚感*

石垣でつくられた和田倉門では、ナイト撮影が抜群です!

もともとは城壁があったのですが、
取り壊されて門の部分だけが残っているそうなのですが、
本物の石を使用している構造物なだけあって、
重厚感が、よりロマンチックさを強調します。

暗闇の中に、ライティングを効果的に活用して
非日常的な1枚が撮れるスポットです。

手元ショットも◎

小物や手元の撮影も忘れずにお願いしてみてください💍

明るすぎず暗すぎない、ほんのりとした夕暮れ時に撮影すると、
とても柔らかい雰囲気になり、小物も映える気がしました。

撮影指示書は作らず、プロにおまかせ◎

わたしの場合、指示書というものは作成せず、
「影や照明でムーディーにお願いします」と伝えていました。

細かく指示書を作成するのも手が混んでいて素敵ですが、
やはりプロのカメラマンさんにお願いをしていたので、
プロの感性を信じて頼りました!

素人のわたしのこだわりよりも、
プロのセンスの方がより良い写真が撮れると思ったからです。

相性の良いカメラマンさんと出会えたことに
感謝の気持ちで一杯です!!

夜はやっぱり寒い・・・

夕方までは晴天に恵まれ風もなく、
ドレスで肩を出していても全く寒さを感じませんでしたが、
陽が落ちた途端、急に寒さとの戦いが始まります。

カメラマンさんがライティングを調整したり、
通行人を待っているほんの数秒でも、
ダウンジャケットを羽織り、防寒してください。

背中とお腹にカイロを貼るのは必須です(笑)
それでもアップの写真は、
肩が鳥肌になってしまっていました!

イルミネーションフォト♡

11月頃より電飾が点灯し、
イルミネーションの中での撮影ができます!
ここは、人も多く車も通るため、撮影には十分に注意が必要です。

春・夏は緑、秋は紅葉、冬はイルミネーションと
四季折々の美しさを見せてくれますが、
やっぱりオススメはイルミネーションです!

イルミネーションは、通常の街灯や
撮影用のライティングとは全く違った華やかさがあります。

11月がオススメ♡

紅葉もイルミネーションも欲張り撮影が実現できる11月は、
寒さもまだ耐えられる範囲です。

季節に迷われている花嫁様がいましたら、
ぜひ11月の撮影をオススメします♡

ウェディング診断
続きをアプリで読む 続きをアプリで読む