2020.8.26

ロケーションフォトは個人のフォトグラファーさんに依頼♩*メリットと検討中の花嫁さまへアドバイス**

洋装フォト
china
197 views
続きをアプリで読む

目次[]
  1. 個人のフォトグラファーさんに依頼
  2. 前撮りお願い書
  3.  三箇所でロケーション撮影
  4.  ひまわり畑
  5.  時間帯により雰囲気の変わる海
  6.  後悔ポイントについて
  7. 最後に

個人のフォトグラファーさんに依頼

カメラマンさんはInstagramで探しました。
決め手はやり取りのしやすさと料金です。

もともと式場前撮りをお願いしていたので
ロケーションはしない予定でした。
彼が、「一回でいいでしょ」と言う気持ちがあったのと、
前撮りに予算をつけられなかったからです。

わたしはどうしてもロケーションフォトが撮りたくて、
説得できるようにと探し、
出会ったのがやすさん( @yasu_bridal )さんでした。

個人でブライダルフォトをやってらっしゃるので、
こちらの事前準備はスタジオに比べて必要でしたが
費用はかなり抑えられました。
本当にありがたいです。

前撮りお願い書

丸一日好きなところに同行してくださると言うことで、
簡単に自分の好きな雰囲気や撮って欲しい構図をまとめた
「前撮りお願い書」を事前にLINEで送りました。
(これは一部です。)

 三箇所でロケーション撮影

やすさんと相談して当日は三ヶ所回ることになりました。
一つ目は国際会議場です。
透明感があり、無機質な、
ザ!ブライダルっぽくない感じを叶えてもらえました。

 ひまわり畑

二つ目はひまわり畑です。
ここはザ!ブライダルな、
仲良しな感じが伝わるような写真を撮ってもらいました。

 時間帯により雰囲気の変わる海

三つ目は海です。
日があるうちはさわやか、夕暮れはラグジュアリーな
雰囲気で撮ってもらいました、

海岸や岩場など、一口に海といっても
雰囲気が違う写真をたくさん撮ってもらい大満足でした!

お願い書でポーズのお願いだけでなく、
好きな雰囲気を伝えたからこそ、
それに合わせて撮っていただけたのかなーと思います。

 後悔ポイントについて

ほんっとうに満足な前撮りでしたが、
後悔ポイントが3つあって、
一つ目はやすさんと一緒に写真を撮らなかったこと。
お世話になりましたし、これからも節目節目で
記念写真を撮ってもらおうと思っているので
思い出として残しておけばよかったな、と。
次にお会いするときには是非。

二つ目は持ち込みアイテムを忘れたこと。
傘+イルミネーションライトを絶対にしたくて、
個人輸入したブライダル用の傘を家に忘れると言う失態。
慌てて他のものを買いました。みなさん忘れ物にはご注意を。

三つ目はディテールをポイントにした
写真をお願いしていなかったこと。
男性ならカブスボタンやネクタイ、
女性はネイルやアクセサリーなど、
こだわって身につけるからこそそこを主役に
撮ってもらったらよかった、となりました。

最後に

費用面で前撮りを諦めている方、
どんなロケーションフォトしたいか迷っている方の
参考になれば嬉しいです❤︎
ここまで読んでくださりありがとうございました**

ウェディング診断
続きをアプリで読む
続きをアプリで読む