アンティークな受付サインを簡単DIY

2017.12.12

これが100均!?アンティーク×ナチュラルな受付サインを簡単DIY*

手作りDIY
ellie_wedding
1504 views

私たちはザ ストリングス 表参道で結婚式を挙げます♡結婚式のテーマは“ antique × natural ”で、メインフラワーはふたりにとって思い入れのある薔薇。大人っぽくかつリラックスできる空間にしたいなと思っています♡たくさんのアイテムをDIYしましたが、今回は受付サインを作ったときの様子をご紹介!参考になれば幸いです*

材料のフォトフレームとクラフト紙を用意します

クラフト紙とフレームで結婚式の受付サインを手作り

まずは材料を用意。使用したのは自宅にあったクラフト紙と100均のアンティーク風フォトフレームです。こちらのフォトフレームは、100均なのにこのアンティーク感がオシャレで花嫁に大人気。ほかの花嫁が使っているのを見て、私もソッコーで買いに行きました♡

dafont.comでフリーフォントをダウンロードします

結婚式アイテムに大活躍のフリーフォントサイト

花嫁御用達のフリーフォントサイト「DaFont」。dafontと検索すると見つかりますよ!このサイトからフリーフォントがダウンロードできます。好きなフォントを探してみてください。

プレビューに完成文字を入力しておくと便利♪

お気に入りのフリーフォントを見つけよう

私はscriptのcalligraphyから選びました!この時、previewにあらかじめ予定している文字を入力し、submitしておくとイメージしやすいです。

今回、私は受付サイン用だったので、Groom又はBrideと入力しました。ウェルカムボードなら「welcome」テーブルナンバーなら「123」「abc」などを入力しておくと便利です。

フォントをダウンロード&インストール

フォントをダウンロードしたらインストール

お気に入りのフォントを見つけたらダウンロードし、ファイルを開いてインストール。これでダウンロードしたフォントが自分のパソコンのアプリケーションで使えるようになります。

私はwordで作りました!

フォントのダウンロード後はインストール

今回の受付サインはWordで作りました。ページ設定をし、テキストボックスに文字入力!ちなみにExcelで作成する花嫁も多いので、使いやすいほうを選んでください。

フォントに影をつけてみました

ワード機能だけで十分アレンジ可能です

そのままでシンプルなのもよかったのですが、少し立体感を出そうと思い、影をつけてみました。浮かび上がったようなイメージになりました。

「新郎側受付」「新婦側受付」の文字も入れました

受付サインのアルファベットの下には日本語表記も

「Groom」「Bride」の英語だけだと、どちらが新郎・新婦かわからない方もいると思うので、小さくシンプルに新郎&新婦側受付を入れました♪できるだけ雰囲気を崩さないようにバランスは気をつけました。これで幅広い年代の人に向けた受付サインになりました*

完成したアンティークな受付サインがこちら!

結婚式アイテムで大活躍の受付サイン

低コストで、お洒落に!をモットーにイメージして作りました。クラフト紙はアンティークさを増してくれるのでおすすめです*テーマの“ antique × natural ”に沿うようなアンティークでシンプルな受付サインになりました。