バージンロード

2017.8.25

【完全版】バージンロードの意味や歩き方など全てが分かる!演出アイデア集

演出
farny
8109 views

バージンロードには意味があるのを知っていますか?実は素敵な意味があり、意味を知ると感動的な結婚式になるはずです。バージンロードの歩き方やエスコート役を誰に頼むべきか、アイルランナーのおすすめデザインなど事前に知っておきたいバージンロードの情報をまとめました。バージンロードの意味を知って素敵な結婚式を迎えましょう*

バージンロードとは?

教会の祭壇までの通路をバージンロードといいます。バージンロードは日本ブライダル業界が名づけたもの。そのため、バージンロードは和製英語なので海外では通じません。海外ではウェディングロードまたはアイルと呼びます。

昔欧米では教会の下には悪魔がいると信じられており、その悪魔から花嫁を守るために通路に布を敷いたり清めていたそう。この悪魔よけがバージンロードの始まりだといわれています。

バージンロードの意味

バージンロードは花嫁の一生を表しているといわれています。教会のドアを開いてから花嫁の人生が始まるのです。バージンロードを歩く一歩一歩は一年ごとを表しており、最初の一歩は花嫁が誕生した日を意味しています。父親と歩くバージンロードは過去を、父親から新郎にバトンタッチをする瞬間は今を、新郎と歩むバージンロードは未来を表しています。

バージンロードは誰と歩く?

バージンロードを歩くときに花嫁をエスコートするのは父親が一般的です。これは父親から結婚の承認をもらった証として、父親がエスコートするという意味合いが残っているからだそう。

もちろん、エスコートをする役目は父親でなくてもかまいません。花嫁と親しい親族や友人、お世話になった方などにエスコートをお願いするのも◎。誰と一緒にバージンロードを歩きたいかをよく考えてみてくださいね。今回は父親だけではなく他の人にエスコートしてもらった花嫁の事例をご紹介します。

1、バージンロードは両親と一緒に

バージンロード

バージンロードは両親と3人で歩きました!一人っ子の私にとって、小さい頃から両親が兄弟代わりだったので、近所の方からも「友達みたい!」って言われてました♪それほど仲がよく、何でも言える関係なので今でも3人でよく連絡を取り合います。今まで両親と色んなことを楽しみながら乗り越えて、ここまで大きくなりました。だからこそ、バージンロードは3人で歩きたかったんです!夢が叶って本当に良かったです。

バージンロード

▼ 詳しくはコチラ ▼

~その①~ゲスト参加型の人前式|ゲストにも思い出深い時間を演出♪

両親とバージンロードを歩き、その後彼への受け渡しの感動シーンです。当日はちょっぴり寂しい気持ちが出てきて、涙が出そうなのをこらえるので必死でした。その時は、余裕がなくて感じなかったけど、後にカメラマンから届いたこの写真を見て、後ろで支えてくれてるふたりの手からは、両親の優しくて温かい思いを強く感じました。

バージンロードを両親3人で歩いて。ずっと花嫁を支えてくれた両親だからこそ、3人で歩きたいと思う花嫁さんもいらっしゃいます。新郎に花嫁を受け渡す際、両親が花嫁の背中を優しく支えてくれているとより感動しますよね。この人なら娘を任せられるという両親の想いが伝わってきます。

2、バージンロードを半分こで父親と母親がエスコート

バージンロード

私の入場は、バージンロードを父と母で半分こ。扉が開いてから真ん中までは父と歩きました。一度しか練習していなかったのに息がぴったり♡

バージンロード

▼ 詳しくはコチラ ▼

ヴィラ・アンジェリカ 近江八幡のガーデン風チャペルで叶えた私たちらしい人前式

バージンロードの真ん中で父と母がバトンタッチ。そこで母にベールダウンをしてもらいました。涙を流す私を見て「笑って!笑って」と言ってくれた母。私は必死で涙をぬぐいました。後でこの写真を見たら、こんなに優しい笑顔で私を見ていてくれていたんだなって、また感動しちゃった。
人前式にしたおかげで、両親とバージンロードを歩くという夢が叶えられました☆

バージンロードを半分こにして両親からのエスコート!式場によっては3人で入場することが出来ない場合があります。そのため、スタッフにきちんと確認しておくことが大切です。これなら両親とバージンロードを歩くことができますね♪

3、亡くなった父親の写真を持った母親と

バージンロード

▼ 詳しくはコチラ ▼

札幌大通り公園で結婚式|グルームズマンやブライズメイドも祝福

20歳の時に亡くなった父とバージンロードを歩く夢は、母が父の写真を抱えてくれて一緒に歩くことで叶いました。母と手をつないで、父のことを思いながら3人で一緒に歩きました。

父親とバージンロードを歩きたかったけど、亡くなっているという花嫁は母親に父親の写真を持ってもらってバージンロードを歩くのはいかがでしょうか。これなら、父親とも母親とも一緒にバージンロードを歩くことができますよ。亡くなった父親も喜んでくれそうな演出ですね☆

4、天国の母親の写真をポケットに入れて

バージンロード

バージンロード

バージンロード

▼ 詳しくはコチラ ▼

ビアンカーラ・マリーナ・テラスで人前式!ブライズメイドと華やかな挙式♪

父と歩くバージンロードもとても感動的でした。

父のポケットには、天国の母の写真もしっかり入っていました。なので、2人ではなく3人でバージンロードを歩きました。

父親のポケットには母親の写真を入れて。ゲストには分かりづらいですが、花嫁と父親だけが母親も含めて一緒に3人で歩いているというのを知っているのが深い家族の絆を感じますね。

5、母親にエスコートをしてもらって

バージンロード

バージンロード

▼ 詳しくはコチラ ▼

アニヴェルセル豊洲の挙式ならみんな叶う♪感動のベールダウンやファーストミート☆

憧れていたベールダウンを行いました。照明がとてもきれいで印象深い写真です。そしてバージンロードも大好きなママと歩きました。今までの思い出、感謝が溢れた瞬間。友人からも「とてもよかった!」と好評でした。父親と歩くのが一般的だと思いますが、いろいろな事情をお持ちの方は母親と歩くという選択もありますよ。

バージンロード

▼ 詳しくはコチラ ▼

アルタビスタガーデンオリジナルの人前式*ローズセレモニーやチャペルムービー演出!

私はベールダウンの後、皆さんが見守ってくれる中、母に手を引かれながらバージンロードを歩きました。家庭によっていろいろな事情があると思いますが、私は今まで大切に育ててくれた母と一緒に歩けて良かったと思います。歩いている間はずっと子供の頃からの母との思い出が頭のなかに浮かんできて、心にこみ上げるものがありました。

こちらは父親ではなく母親とバージンロードを歩いています。父親とさまざまな事情があってバージンロードを歩けないという花嫁は母親と歩くのも◎。これまで花嫁を大切に育ててくれた母親とバージンロードを歩くのも感動的なものになりますよ。

6、弟と一緒にバージンロードを歩く

バージンロード

▼ 詳しくはコチラ ▼

モンジュイック で感動的な挙式|セレモニーは家族・ゲストと一緒に♡

入場は父の代わりに弟と一緒にしました!
結婚式の2日前に父が倒れてしまい、急遽弟と入場することになりました。祖母も後ろで見守ってくれています。
凄く緊張しましたが、父の事、母の事、祖母のこと、そして、これまで私と関わってくれたたくさんの人の事など、色んな事を考えながらバージンロードを歩きました♡

バージンロード

▼ 詳しくはコチラ ▼

祖母のために…♡国内挙式でのセレモニー&手作りアイテムをご紹介!

いよいよ夢にまで見たバージンロードを歩く時がきました。私は2012年に父親を亡くしたので…弟が天国の父の代わりとして一緒にバージンロードを歩いてくれました。

周りからは日に日に父親にそっくりになっていく…と、特に最近よく言われてる弟。当日は本当にお父さんと歩いている気持ちになっていました。弟と歩くバージンロードは、特別な時間が過ぎていったのを覚えています。

こちらの花嫁たちは弟と一緒にバージンロードを歩いています。一緒に過ごしてきた姉弟で歩くのも素敵です。男兄弟だと父親の面影を感じられますよね。父親と一緒に歩いているという気分が味わえるかもしれません☆

7、最初から新郎新婦で入場

バージンロード

バージンロード

バージンロード

▼ 詳しくはコチラ ▼

北野クラブソラで結婚式♡憧れ天空の教会ウェディングが幻想的♥

入場シーンです!憧れのバージンロードで緊張の瞬間!みんなの方を見ると笑ってしまいそうだったので、なるべく視界にいれないようにしました。真剣な表情のふたりです!

新郎とこれからの未来を歩んでいくという気持ちを込めて最初から新郎新婦で入場するのもありです!ふたりだけの挙式をする方は最初から新郎が花嫁をエスコートして入場するのがおすすめですよ♪

バージンロードを美しく歩くための基本姿勢のポイント

バージンロードを歩くのは多くの女性が憧れるもの!憧れのバージンロードを歩くのだから、美しい姿勢で歩きたいですよね。バージンロードを美しく歩くための基本姿勢をご紹介していきます。

エスコートをされるときの注意点

エスコートする人が男性の場合はがっちりと腕を組むのではなく、右手をエスコート役の男性に腕にそっと添えるように腕を組むと綺麗です。エスコートする人が女性の場合は女性が手を差し出してその手の上に花嫁が手を乗せて歩くと◎。

ベールを下ろしているときの注意点

バージンロードを歩く前にベールを下ろした状態で入場する場合、フェイスベール(顔にかかるベール)が顔に張りついてしまうことがあります。そのとき、まつげがベールに引っかかったり口紅がついてしまったりと残念なことに。フェイスベールと顔の間に空間を作って顔に張りつかないよう対策をしておくことが大切です。

ブーケを持つ位置

緊張すると、ブーケを持つ位置が胸の辺りまで上げてしまう花嫁が多いようです。ブーケを持つ位置はおへその前くらいに持つと綺麗に見えますよ。リースブーケの場合は肘にかけて持つより手で握って持つのがおすすめです。

バージンロードを美しく歩くためのコツ

美しく歩く基本は右足を一歩踏み出して左足を揃える、右足を一歩踏み出して左足を揃えるのを繰り返します。歩幅は足のサイズ分くらいで少しずつ進んでいきましょう。エスコート役の人に歩くスピードを合わせると綺麗に見えますよ。普段着慣れないウェディングドレスなので、裾を踏んでしまったりバランスが取りづらかったりするので事前にバージンロードを歩く練習をしておくことが大切です。

ウェディングドレスの裾を蹴るようなイメージで

ウェディングドレスの裾を踏んでこけてしまうということがないように足の近くにある裾を蹴るようにして歩くといいでしょう。あまり強く蹴ってしまうと、蹴った音が鳴ってしまったり歩く姿ががさつな感じになってしまうので注意してくださいね。

ゆっくり歩く

緊張してしまうと、早歩きになってしまうもの。心を落ち着かせてゆっくり歩くことを意識してみてくださいね。心の中で一歩一歩を数えながら歩くのもいいかもしれません。

胸を張って前を見据えるように

ドレスの裾を踏んでしまわないか、エスコート役の人のタイミングが合っているかどうかが気になって下を向いてしまう花嫁もいらっしゃいます。視線が下になってしまうと背中が丸くなってしまうので、姿勢が美しくありません。胸を張って前を歩くと優雅で堂々として美しくバージンロードを歩けますよ。

バージンロードの色

結婚式場によっては青いバージンロード、お花を敷き詰めたバージンロードなどさまざまな種類のバージンロードがあります。カトリック宗派ではバージンロードの色は赤または緑、プロテスタント宗派ではバージンロードの色は白と正式に決まっています。

バージンロードの色にも意味が込められているのです。赤は「精霊からの祝福」「命を捧げるほどの深い愛」、緑は「希望に満ち溢れる」、白は「純真無垢」「命と輝き」「勝利と喜び」という意味があります。青いバージンロードには「果てしなく続く空」「海のように続く永遠の愛」という意味が込められています。

バージンロードの色に合わせてウェディングドレスを選ぶと、ドレスがバージンロードに映えて美しく魅せてくれますよ。

アイルランナーのおすすめデザイン

バージンロードに敷く布のことをアイルランナーと呼びます。バージンロードをふたりらしいものにしたいと考えている方はアイルランナーを敷いてみてはいかがでしょうか。

アイルランナーはゲストが来る前に敷いておくことが多いですが、新郎新婦が入場する前にブライズメイドやアッシャー、小さなお子様ゲストが敷くという演出を取り入れる花嫁もいらっしゃいます。これからアイルランナーのおすすめデザインをご紹介していきますね。

1、リュバンで人気のアイルランナー

バージンロード

▼ 詳しくはコチラ ▼

リュバンでの結婚式*アンティークのセレモニースペースにアイルランナーと白布をプラス☆

結婚式場「Ruban」は、フォトスタジオがプロデュースした式場です。会場の雰囲気を自分たちらしくコーディネートすることができます☆私たちの挙式では、バージンロードにはアイルランナーを敷いて、天井からはたくさんの布を垂らすことで温かみのある雰囲気になり、すごく好きでした!

バージンロード

▼ 詳しくはコチラ ▼

「Ruban」オリジナルのアイルランナーやブライズメイド*ナチュラルなコーディネートにも大満足!

デザイナーさんが丁寧に手描きでデザインしたという「Ruban」オリジナルのアイルランナーです。ステージのずっと向こうの壁まで続いています。フォトジェニックですごくオシャレ。ゲストのみんなもたくさん写真に収めてくれていたようでした♪

香川にある結婚式場のRuban(リュバン)ではデザイナーが手描きでデザインしたオシャレなアイルランナーが敷くことができるのです!ステージの向こう側まで続くアイルランナーはフォトジェニックですよね♪オシャレなアイルランナーとして大評判です☆

2、ガーデンに映えるアイボリーのアイルランナー

バージンロード

バージンロード

▼ 詳しくはコチラ ▼

軽井沢でガーデンウェディング*DIYのアイルライナーやサムシングボローのレース

DIYしたアイルランナー。広いガーデンでのウェディングということで海外風のウェディングをイメージしました。グリーンの芝生にアイボリーのアイルランナーがとても映えてサイドに散らした花びらもイメージ通りにできました。ゲストの方にも凄く好評でした。式場で用意されているものもあるかもしれませんが、オリジナルだとより印象に残りますよ。

ウェディングロゴとふたりの名前と挙式日を入れたふたりのアイルランナー。アイボリーのアイルランナーが緑の芝生に映えて素敵です。サイドに散りばめた黄色と白の花びらもオシャレですよね♪

3、ふたりの写真はバージンロードの真ん中に

バージンロード

バージンロード

▼ 詳しくはコチラ ▼

ザ・エクセレントヒルズ 神戸 北野での結婚式♪こだわりの手作りアイテム&自分たちらしさを詰め込んだ披露宴☆

手作りのアイルランナーです。私たちだけのオリジナルバージンロード♪アイルランナーには、赤ちゃんのとき、子どものとき、ふたりが出会ったときの写真を載せました。これは主人とふたりで手作りしました。写真はセピア系で統一して、父と私がウェディングステップを踏まないライルランナーの中央部分に配置しました。一番大変なDIYでしたが、父がこれを見て泣いているのを見て、作ってよかったと心底思いました。

写真はセピア色にすることでシックに。バージンロードの真ん中に写真を載せることによって踏まないよう工夫が施されています。このアイルランナーを見ていると、これまでの思い出を振り返ることができますね☆

4、ふたりの成長が分かるアイルランナー

バージンロード

▼ 詳しくはコチラ ▼

してよかった演出!ふたりの成長を記したアイルランナーにゲストからも大好評♪

してよかった演出No.1がこれ!布製のバージンロードを敷くアイルランナーです。写真は転写シートで、文字は手書きで彼とコツコツ作成しました!生まれた時の写真から始まって少しずつ成長していく私たち。ふたりが出会って今日を迎えるところまでを時系列で表現しました。ゲストの方も本当に感動してくれたようで、「あれよかったよ!」とたくさんの方に言ってもらいました。さらに後日挙式の動画を見ていたら、チャペルに入った方々の「すごーい!」という声がたくさん入っていてうれしかったです。

ゲストから大評判だったアイルランナー。このアイルランナーはふたりで作ったものだそう。ふたりの写真入りのアイルランナーを作っていると、過去を思い出して話が弾みそうですね!ふたりの成長を知ることができるアイルランナーになっています♪

5、写真の大きさはさまざま!オシャレに載せたふたりの写真

バージンロード

バージンロード

▼ 詳しくはコチラ ▼

祖母のために…♡国内挙式でのセレモニー&手作りアイテムをご紹介!

新郎新婦入場前に、姪っ子たちにアイルランナーガールをお願いしました!6才になった子と、まだ3才の姪っ子だったので、無事ちゃんと出来るかが当日まで本当に心配で心配で…笑

でもそんな心配は全く必要なく、上手にやってくれました!私は外にいたので、その様子を見ることができなくてただソワソワしていたのを覚えています。みんなからも「かわいかったー♡」とたくさん言ってもらえました♪

こちらは姪っ子にアイルランナーガールをお願いしたそう。子どもがアイルランナーを敷く姿は可愛くてほほ笑ましいですよね。アイルランナーにはセピア色のふたりの写真を使っています。縦に真っ直ぐ並べるように載せるのではなく、斜めに載せたり写真の大きさが異なっているのがオシャレポイントですね☆

バージンロードにおすすめの演出

バージンロードの入場シーンはゲストが注目するもの。バージンロードの入場に華を添える演出を取り入れたくなりますよね♡バージンロードにおすすめの演出をご紹介しますのでぜひ取り入れてみてくださいね。

ベールダウン

ベールダウンはバージンロードを歩く前に母親がフェイスベールを下ろして花嫁を見送るセレモニーです。ウェディングベールで悪魔に見つからないように花嫁を隠していたそうです。

ベールダウンは母親がするのが定番。その理由は母親から花嫁への最後の身支度という意味があるからなのです。今まで一緒に過ごしてきた過去を思い出して泣いてしまう花嫁や母親もいらっしゃいます。とっても感動的な演出になりますよ。

フラッグガール・フラッグボーイ

フラッグガール・フラッグボーイは新郎新婦を先導してウェディングフラッグを持って新郎新婦の入場を知らせる子どものことです。子どもがウェディングフラッグを持って入場する姿は可愛らしくて人気急上昇中の演出ですよ*

花嫁たちのウェディングフラッグのデザインを集めました。手作りのウェディングフラッグでフラッグガール・フラッグボーイをしたいと考えている方はこちらもチェック!▼


人気のウェディングフラッグ!先輩花嫁の実例と作り方を15選をご紹介

フラワーガール・フラワーボーイ

フラワーガール・フラワーボーイは新婦を先導して花びらを撒く役目がある子どものこと。花の妖精のように花びらを撒く姿はとってもキュートなので、ぜひ取り入れたくなる演出のひとつ!

もっとフラワーガール・フラワーボーイについて詳しく知りたい方はこちらもチェック!衣裳選びや花嫁たちの演出アイデアなどをご紹介しています。▼


フラワーガールの衣裳選び*キュートで華やかな先輩花嫁のアイデア8選

リングボーイ・リングガール

リングボーイ・リングガールは結婚指輪をのせたリングピローを運ぶ役目をする人のことです。新郎新婦のためにリングを持ってきてくれる姿はほほ笑ましく素敵な演出になること間違いなしです。

もっとリングボーイ・リングガールについて詳しく知りたい方はこちらもチェック!衣裳選びや年齢別で演出方法などをご紹介していますよ。▼


リングボーイ・リングガールを頼むなら?年齢別で演出方法をご紹介!

べールガール・ベールボーイ

ベールガール・ベールボーイは長いウェディングベールの裾を持って引きずらないようにする子どものことです。また、ドレスのトレーンの裾を持って引きずらないようにする子どものことをトレーンベアラーといいます。お気に入りのウェディングドレスをよりゲストが注目してもらえる演出になりますよ。

バージンロードを一歩一歩大切に歩みましょう*

バージンロードについての情報をお届けしました。バージンロードをオリジナルのものにしたり、演出を取り入れたりするのも素敵ですよね♪バージンロードの意味を知らないのと知っているのでは今までお世話になった方への感謝の気持ちが違ってきます。エスコート役の人にもバージンロードの意味を教えてあげてくださいね。